わかっているようでわかってない…日本固有の神道の定義って??

日本固有の信仰である「神道」を明確に定義できない理由とは!?

日本固有の信仰

神道は、古代から続く日本固有の信仰です。

なんだ、ちゃんと説明できているじゃないか、と思われるかもしれませんが、実は右の文は「ちゃんとした説明」にはなっていないのです。

たとえば、「古代」とはいつのことをいっているのでしょうか。

弥生時代でしょうか、縄文時代でしょうか、それとも日本列島に人が住むようになって以来ということなのでしょうか。

また、「固有」とはどういうことでしょうか。

外来の要素をまったく含まないということなのでしょうか。

しかし、神道には外国から来たとされる神様も信仰されています。

神道は明確な定義ができない

そもそも一口に神道といっても、朝廷で行なわれてきたものと、各地の神社で行なわれてきたもの、庶民の間で信仰されてきたものでは、さまざま点で違いがあります。

また、時代によっても大きな変化がありました。

もちろん、時代によって変化したのは神道だけではありません。

どの宗教も何らかの変化を経ています。

しかし、仏教やキリスト教などは、神道ほど説明に苦労はしません。

仏教やキリスト教には開祖がいるからです。

ですから、仏教は「釈迦 が説いた教えに基づく宗教」、キリスト教は「神であるイエスが人々に伝えた教えに基づく宗教」といった説明ができます。

しかし、神道には開祖はなく、日本各地で自然発生的に成立したものが、大和朝廷の発展に伴って統合されていったのです。

その過程で外来の要素も取り込まれました。

ただ、はっきりしていることは、神道はいつの時代も日本人の心の拠り所となってきた、ということです。

『眠れなくなるほど面白い 図解 神道』渋谷申博 (著)

「神道には教義がないって、本当なの?」
「八百万の神々の中で一番偉いのは、誰?」
「鳥はいないのに、なぜ鳥居というの?」

神道の起源から日本の神様、開運神社のご利益まで楽しくわかる! 古代から伝えられてきた日本の心──神道。

その奥深い世界を57項目の素朴な疑問からズバリ解説します。

「祭りを行なうのは生命力を更新するため」など、知っているようで知らなかった初耳学が満載!

かわいいイラストや図解を交え、はじめての人でも神道の基礎知識がわかり、神社参拝が楽しくなるエンターテインメント雑学教養本です。

ネットの声

「日々の行いに対して、客観的な知識の裏付け?必要不可欠なことではないと思いますが、自分がやっていることに納得することができる。あるいはより的確と思われるように、軌道修正を行うことができる。私と似たようなタイプの方には、内容もそう厚くなく、かなり参考になると思います。」

「内容が大変興味深く、長年の疑問が解決されました。本のデザインも、Q&A方式と絵でわかりやすく説明されていました。」

 

おすすめの記事