「週刊文春」3月5日発売号が報じた、落語家の立川志らく(56)の 妻・酒井莉加(38)と複数の弟子との不倫関係 。

発売当日、志らくは司会を務める「グッとラック!」(TBS系)の冒頭で、「かけがえのない妻を世間の目から守る、命がけで守る」とコメントしました。

一方で弟子たちへの言葉は一切なかったのです。

志らく妻のラブレター

「週刊文春」の取材で新たに、酒井との不倫により志らくから破門された元弟子A(以下A)に対して、酒井が「復縁」を求め、何度も手紙を送っていたことがわかりました。

酒井がAに送った複数の手紙を入手したのです。

Aは酒井との不倫関係が発覚した2016年10月、志らくから破門されました。

しかし、直後の2016年のハロウィーンには、酒井は、〈早く会えますよーに? 〉というメッセージつきで、アウトドアブランドのジャンパーをAにプレゼントしたのです。

さらに、同年12月に送った手紙ではこう綴っています。

〈■■(Aの本名)は私がこっちで暮した方が幸せだと言う考えかもしれないけど、私は■■と一緒にいたいです。私も苦しいです。ケイタイ解約するなんて思ってもなかった。年末までにキチンと話そう。東京ムリならそっちに行くので、電話下さい。たん生日は一緒にいたいです〉

Aの知人の証言

「Aは実家に戻った後も、酒井さんから連絡があり、二人で会うこともあった。しかし、Aは酒井さんからの実家への電話や手紙があまりにもしつこいため、逃げるように友人の家を転々としていました。精神を病んで、突然大声で叫ぶこともあった。今は、どこにいるか消息不明です」

おかみさんによる弟子への「不貞関係」継続の強要はあったのか。

酒井に事実確認を求めたのですが、返事はありませんでした。

志らくの所属事務所は、師匠として弟子への責任について、「一門のルールに鑑み、対応していると認識しておりますが、貴誌がお調べいただいたことは、本人にも伝え、今後の教訓とさせたいと思います」と回答したのです。

3月12日(木)発売の「週刊文春」では、志らくが容認していた酒井の不倫、酒井の新たな不倫相手、その彼が明かしていた志らくとのやり取り、嫉妬から酒井の女性の弟子へ行った厳しい仕打ちなどを詳報しています。

たけしは志らくを「面白くないね」と

勢いに乗って帯番組の司会に就いた志らく。

そんなテレビ界を席巻する落語家に毒舌の先輩・ビートたけしが先月、自身の番組後の会見で鋭い指摘をしています。

志らくの番組について聞かれたたけしは開口一番「面白くないね」とバッサリ。

続けて「落語家が着物着て出ているうちはダメ」と批判したのです。

説得力のある言葉でした。

確かに、桂文枝も笑福亭鶴瓶も落語以外のタレントとしての仕事は洋服。

着物は神聖な落語家の衣装のように、高座や落語関連の仕事に限っています。

即座に志らくもツイッターで、妻から「着物をきてるから昔の良き時代の価値観で喋っている事に説得力がある」と言われたことを明かし「着物で押し通します。もっと上のステージに行けたら洋服も考えます」と反応していました。

ネットの声

「志らく妻は志らくに全く未練はないと言う気がする。おそらくまた不倫するだろうから志らくは別れた方がいいと思う。」

「この嫁さん矢口やベッキー以上に異常な気がする。やってる事ストーカーじみてるし。自分の旦那の一門の弟子に手を出す感覚も凄いし(他の一門ならいいって訳ではないけど)。それにしても普通なら旦那は世間から同情的な意見が圧倒するケースなのにいかんせん志らくの好感度が低いせいか、志らくまでバッシングされるという希有な状況になってて不思議。」

「志らくは「離婚はありえません。」とか、「夫婦の絆が~」って言ってるけど離婚しないこどとが嫁への復讐なのかなって思った。嫁はどうみても弟子のことを愛してるから。弟子にとって一番つらいのは破門。嫁にとっては婚姻継続。」

かなり前のことですし、済んだ話のような気がしますが奥さんの性癖は変わりそうもないですね。

それにしてもラブレターの字が汚いし稚拙…

おすすめの記事