ホッキョクグマ、2100年までにほぼ絶滅 研究者ら予測。

気候変動によりホッキョクグマが2100年までにほぼ絶滅すると予想した論文が20日、

英科学誌ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)に発表されました。

地球温暖化を止めること

科学者は「彼らを救うには、地球温暖化を止めて生息地を守るしかない」と警鐘を鳴らしています。

研究によると、すでに幾つかの地域では、温暖化で氷が解け、氷上で餌となるアザラシを狩る時間が短縮しているとしています。

飢えによる体重減少が、厳しい冬を乗り越える力を奪うという悪循環に陥っているというのです。

北極圏では2倍の速さで温暖化が進んでいる

現在、野生のホッキョクグマは約2万5000頭。

北極圏では、地球全体の2倍の速さで温暖化が進んでいます。

このままでは13の個体群のうち、12の個体群が今後80年以内に姿を消すというのです。

研究者からの警鐘

研究を主導したスティーブン・アムストラップ氏はAFP通信に対し、

「ホッキョクグマの断食期間はますます長くなっている」と指摘。

「だが、われわれは気温の上昇から海氷を守る柵を作ることはできない」と述べ、

ホッキョクグマ保護のためには、温暖化を止めることが唯一の方法だと訴えたのです。

ネットの声

「研究を主導したスティーブン・アムストラップ氏はAFP通信に対し「ホッキョクグマの断食期間はますます長くなっている」と指摘。「だが、われわれは気温の上昇から海氷を守る柵を作ることはできない」と述べ、ホッキョクグマ保護のためには、温暖化を止めることが唯一の方法だと訴えた。」

「コロナという目の前にある人類共通の敵に対してお互い協力できないのに温暖化というもっと漠然としたものにたいして協力できるわけないとしか。人口増加を抑制して現状の半分くらいにしないと無理。根拠ないけど多分30億くらいなら温暖化抑えられそう。人間多くなりすぎたと思う。」

「先進国と中国やインドをはじめとする後進国の間で温暖化対策の取り決めは成り立っていない。そこへ米国の脱退もありその枠組みは事実上崩壊している。
この状態が今すぐ解決するとはとても思えない。ホッキョクグマを絶滅から守るためには自然回帰ではなく人工的な補助手段を考えた方が現実的だと思う。」

動画などで見るホッキョクグマの狩りのシーンは失敗の連続で…本当に生きながらえていけるのか心配なほどでした。

アフリカと違って餌となる動物の絶対数も少ないのでホッキョクグマはそれだけでも不利ですね。

おすすめの記事