スマホをレーダー探知機代わりに!?アプリってそんなに便利なの??

スマホがレーダー探知機代わりに!? 「オービス&取り締まり」アプリは本当に使えるのか?

「移動オービス」の設置拡大など速度取り締まりの現状は大きく変化していますが、同時にドライバー側も自己防衛も含めレーダー探知機を装着するなどの対策を行っています。

そのためドラレコほどではありませんが、これらの製品も確実に販売を伸ばしているのです。

その一方でレーダー探知機の価格面で二の足を踏んでいるユーザーも多いようです。

そのようなユーザーにはスマホの活用をおすすめしたいところ。

ここのところ増えている、取り締まり情報を取得できるスマホアプリをご紹介します。

レーダー等を「探知」するわけではない

まず今回紹介するアプリは、オービスを始めとするレーダー等を「探知」するわけではないことを最初に確認しておきます。

本家である「レーダー探知機」は取り締まり機から発射される電波等を受信してその存在をドライバーに伝えるものですが、アプリの考え方は「GPSを使い、収録されたデータベースから取り締まり情報を表示、警告する」ものなのです。

当然「受信感度」などは関係なく、アプリ側に設定された「どのタイミング(距離等)でコーション(注意)を促すのか」「GPSの受信精度(スマホ側に依存する部分も多い)」そして何よりも「データベース(情報)の精度」が重要です。

今回、無料スマホナビアプリとして高い人気を誇る「Yahoo!カーナビ」が新たに「スピード注意情報プラス」という機能を実装しました。

同アプリとしては初となる課金制(月額250円)のサービスですが、課金する以上その精度や機能への期待は高いのです。

単独使用かバックグラウンド使用が可能かも重要

前述したように紹介するアプリは地図画面上(多くの場合はGoogleマップ上)にカスタマイズされた取り締まり情報等を載せることで情報をドライバーに伝えます。

これらの中にはYahoo!カーナビ同様にナビ機能を持つものもありますが、カーナビ機能自体はいたって普通、言い換えればVICSなどを活用した渋滞回避などはほぼ行われません。

そこでポイントとなるのがカーナビアプリを表示しながらこれらのアプリを「バックグラウンド」で使うという方法です。

見えている画面はカーナビアプリですが、取り締まりポイントに近づくと音声または画面上にポップアップ表示等で知らせてくれるのです。

いくつかのカーナビアプリにプラスして取り締まりアプリをバックグラウンドで使っていると、ナビアプリにもオービス情報等は表示されても多くは固定式のもので、移動式やネズミ捕りや検問情報は専用アプリの方が精度面でも頼りになります。

ただ同時に2つのアプリを動かすわけなので、

1)バッテリーの消耗が早い
2)本体の発熱量が増す

そしてアプリによっては

3)案内がゴチャゴチャしてわかりづらい

などのデメリットも発生します。

これらに関しては自分がメインに使っているナビアプリとの組み合わせを実際に体感してもらうのが一番です。

もちろん経路案内に関しては車両に装着されているカーナビに任せるというのであれば、単独使用で問題はないでしょう。

実際どれほどの効果があるのか?

重要なのはレーダー探知機と比べてどうなのか?という点ですが、そこはやはり本家にはかないません。

昨今のレーダー探知機はmicroSDカードや搭載するWi-Fiを使い、スマホ(PC)経由で最新の取り締まり情報を取得できるものも多くなっています。

ただこの情報の元となるデータベースもスマホアプリの会社のものという場合もあるので、そこまでの実力差があるとは思えないのも事実。

ネックとなるのはやはり「移動式オービス」でしょう。

レーダー探知機も完璧というわけではありませんが、それでも場所を変えて神出鬼没に設置されるこれらの取り締まり機器にリアルタイムに対応できるメリットは大きいといっていいでしょう。

普段、速度は守っているが、事前に情報が分かればさらに安全運転に努める、といった人にはスマホアプリはこの上ない便利さを与えてくれるはずです。

また同じアプリでも有償と無償のものが存在する場合、まずは無償から始めてみることをオススメします。

広告表示とかがウザいと感じたり、機能制限をかけているケースもあるので、その部分は自己判断で選びましょう。

ちなみに、ナビアプリとは別に3つの取り締まりアプリを切り替えながら使うとすると、結局最後は有償タイプに切り替えるのが便利に感じるでしょう。

月額100円前後のものだが、缶コーヒー1本分だと思えば安い出費です。

高速道路などを走っているとオービス手前で減速して、通過した後に全開!で走り去る輩(やから)を散見します。

交通の流れも乱れるし、そもそもモラルとしてどうなのか?という部分も含め「アプリがあるから大丈夫」といった慢心はくれぐれも自重してほしいところです。

オススメアプリ3選

Yahoo!カーナビ「スピード注意情報プラス」

iOSのみ(12.0以降)。月額250円。

Yahoo!カーナビ「スピード注意情報プラス」。スピード注意情報プラスは月額課金サービスだが、有料のほうが信用できそうな気がするのが不思議

元々無料のYahoo!カーナビには固定式オービスの情報は入っています。

新サービスはこれに「移動式オービス」「ネズミ捕り」「検問」の情報を提供しようというもの。

地図上でのアイコン表示や接近すると音声で注意を促してくれるなど一通りの機能は搭載します。

また移動式オービス等の情報に関してはユーザーからの投稿をベースに実地確認し間違った情報は削除するなど鮮度にもこだわっています。

現状はiOSのみですが、いずれAndroid携帯にも対応するでしょう。

申込日から1週間は0円ということなので、まず実際に試してみて、気に入ればそのまま「サブスクリプション」で使い続ければ良いです。

オービスガイド

Android4.1以降、iOS10.0以降。

ahoo!カーナビ「スピード注意情報プラス」。

スピード注意情報プラスは月額課金サービスだが、有料のほうが信用できそうな気がするのが不思議だ

オービスガイド。移動式オービスやネズミ捕り、検問情報も取得できる。ユーザーの声を反映し、アップデートを続けているアプリ。

広告付き無料版、通常版(買い切り版:370円。これにプラスしてプレミアムコース;月額120円。OSにより仕様が異なる)

全国1000箇所以上のポイントを実地調査し実在するオービスのみを登録するなど膨大なデータベースを持つ専用アプリ。

WEBブラウザ上でも同様の情報を確認することができます。

移動式オービスへの対応はもちろん、ネズミ捕りや検問情報も搭載します。

このアプリのポイントはユーザーの投稿レベルの高さ。

これにより比較的早く情報がアプリ上に反映される点。

さらにこのアプリを使っているドライバー同士がリアルタイムでメッセージ情報を共有し画面上で確認できるすれ違い機能も搭載しています(オフにすることも可能)。

固定式オービスの場合はカメラの向きや写真表示のほか、距離に応じて三段階の警告などにも対応、前述したバックグラウンド使用やバッテリーの消費を抑えるエコモード画面も搭載。常にユーザーの声に対し、アップデートをくり返しているアプリです。

iOS版、Android版共にまずは無料版から入ってみるのが良いですが、正直機能はかなり少ないので最低でも370円の買い切り版がオススメ。

それ以上のカスタマイズ機能等を求めるのであれば月額120円のプレミアムコースを選択すればよいでしょう。

交通違反撲滅委員会EXECUTIVE

Android4.1以降(360円:買い切り)
iOS9.0以降(370円:買い切り)

交通違反撲滅委員会EXECUTIVE。取り締まり情報を報告することでユーザーランクが上がる昇格システムを搭載し、ゲーム感覚で楽しみながら使える。

周辺に存在する取り締まり情報(過去も含む)をわかりやすいアイコンで表示するアプリ。

データ自体の更新機能やユーザーの投稿機能もあり、有料道路では交通規制情報も教えてくれます。

また地図画面の他にも自車位置を中心としたレーダー表示も可能で十分な機能を持ちます。

また簡易型のナビ機能も搭載します。

使って感じたのは、とにかく音声による情報が多く、初期値の5km周辺の情報だけでもずっと音声が流れるほどで、少々面倒に感じる部分もありますが、それだけ情報が多く、またカスタマイズすることで取り締まりの種類等も切り替えることができます。

ユーザーは「委員」と呼ばれ、取り締まり情報を報告することでランクが上がる昇格システムも面白いところ。

最終目標は「統合幕僚委員長」です。

ネットの声

「無いよりあった方が良いな♪保険と言う意味でだけど。基本は安全運転だけど、自分だけ遅いのも危ない。制限速度設定低いからもう少し見直して欲しい。ただ、スクールゾーンとか明らかに狭く見通し悪い所は仕方ないかな。車ばかり取り締まらないで自転車や歩行者も新法規作って取締りして欲しい。こちらが法規通りでも交通事故は起きる。」

「スピード違反で捕まったのはかれこれ25年くらい前に1回しかないかな??それ以来捕まったことはない。が、制限速度を厳守してるか、と、言われればそんな事は正直ないわけで、たまたま運が良かったというのかな?レーダー探知機、あればあったほうがいいかもしれないけど、自分は付けてないっすね。」

「有料アプリ気になりますね。今まではGPS付きのレー探を付けているので、問題なかったです。そこで移動式オービスの誕生してからは、レーザー対応に付け替えました。でもYouTubeなど観ていると、移動式オービスに反応しない事もあるみたいです。有料アプリをダウンロードしようかな。」

おすすめの記事