スマホにマイナンバーカードの機能を搭載…2022年に実現を検討

2022年度(令和4年度)を目標に、マイナンバーカードの「公的個人認証機能」をスマートフォンに搭載します。

武田総務大臣が6日に言及しました。

利便性向上への取り組み

マイナンバーカードの利便性向上に向けた取り組みの一環。

総務省は、11月10日に「マイナンバーカードの機能のスマートフォン搭載等に関する検討会」(第1回)を開催しました。

スマホへ搭載

マイナンバーカードの機能(公的個人認証サービス)をスマートフォンへ搭載する方策や、

公的個人認証サービスと紐付けられた民間事業者が発行する電子証明書の利活用などについて検討します。

セキュリティを考慮

マイナンバーカードの公的個人認証サービスは、オンラインで申請や届出などの行政手続やインターネットサイトにログインする際に、確実な本人確認を行なうための手段。

マイナンバーカードのICカードには、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類の電子証明書が用意されています。

ネットの声

「来年度からマイナカードに健康保険証が入るらしいし、2026年度からは運転免許証も入れる計画ですけど、まるでハンコと通帳一緒にするみたな気がしてなりません。利便性は高まるのでしょうけど、なんでもかんでもスマホ一つにまとめるのはちょっと怖いです。」

「普及率の為に、なんでもかんでもスマホに掲載させれば解決できる問題じゃありませんよ。
コンビニやスーパー、日々使うアプリだから入れるけど、個人情報を集中させた物、落としたら個人情報がが漏れる事を心配すると使えません。」

「そもそもまだマイナンバーカード作ってないけど、作らなきゃいけない状態になったとしてもスマホはやだな。
使う頻度とセキュリティ考えたら、どう考えてもそっちの方が面倒。」

マイナンバーカードの普及を促すための策であるのは間違いないのですが、いろいろ問題は多そうです。

おすすめの記事