スマートウォッチといえば健康志向…だけど体温測定機能はないよね?

Apple Watchや人気スマートウォッチに体温測定機能がない理由は?

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、手洗いの徹底とともに日常的に行う人が増えたのが体温測定。

スマートウォッチの愛用者や、スマートウォッチに興味がある人の中には、

「体温が測れるスマートウォッチはないかな?」と探している人も少なくないでしょう。

しかし現状のスマートウォッチでは、体温測定機能があるものは極わずか。

Apple Watchをはじめとした大手メーカーのスマートウォッチには、搭載しているモデルが見当たりません。

そもそも手首は体温を測るのに適していない

なぜ体温が測れるスマートウォッチが少ないかというと、それはスマートウォッチを着用する「手首」という部位が、体温の測定に適していないからです。

人間の体は部位によって温度が違いますが、手足などの体の末梢部分は、季節や環境の影響を受けやすく温度が安定しません。

手首も温度が安定しないため、正確な体温測定には向いていない……というわけです。

そのため、体温測定機能を謳っているスマートウォッチも、その機能については

「測定値は健康管理の参考であり、医療向けの使用はできません」などの但し書きが付いています。

なお薬局等で販売される電子体温計は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」で「管理医療機器」に分類されるものです。

輸入や製造には認可も必要になります。

正確な体温を測りやすいのは耳、口の中、わき

一方で中枢(核心)と呼ばれる体の内部の温度は、脳や心臓などの大切な臓器の働きを保つために安定しています。

そして、体の表面に近い部分で、より体内の温度が反映されやすく、

体に負担をかけずに検温ができるのが「鼓膜温(耳)」、「舌下温(口中)」、「腋窩温(わき)」などの部位です。

現状の体温計もこの3つの部位で検温するものがほとんどです。

体温計メーカーとしておなじみのオムロンの製品も、測定タイプは「わき測定」「口中測定」「耳測定」の3種類です
(上記の動画は耳測定の体温計の使い方を説明したもの)。

こうしたメーカーの製品でも「手首測定」の製品がないことからも、手首に装着するスマートウォッチが体温測定に向いていないことが分かると思います。

「検温可能なイヤホン」は主流になる可能性アリ!

ここまで書いてきた内容からも、「正確な体温測定をできるスマートウォッチ」が実現の難しいことが理解できたことでしょう。

一方で、スマートウォッチ以外のウェアラブルデバイスで、検温可能な製品が出てきそうなのがイヤホン。

先に書いたように、「鼓膜温(耳)」は検温に適した場所だからです。

実際のところ、基礎体温を測れるイヤホンはすでに試作品的なものが国内外で登場済みです。

また、Appleが過去に取得した特許にも、イヤホンに生体データを取得するセンサを組み込む……との記述があり、

「新しいAirPodsには心拍や体温を測定できる機能が付くのでは?」との噂がたびたび流れてきました。

新型コロナウィルスが世界で猛威を振るう昨今、検温機能を備えたウェアラブルデバイスは世界中のメーカーが開発を急いでいるはず。

大手メーカーからも画期的なアイテムが登場することを期待して待ちましょう!

おすすめの記事