素朴な疑問…ブレーキペダルを踏んでも減速しなかった…そんなことあるの??

事故で「ペダルを踏んでも減速しなかった」という「突然のブレーキの故障」は起こり得るのか?

新車試乗などで、ブレーキについて語られることは少ないでしょう。

しかし、エンジンの加速性能や、操縦性にまつわるシャシー性能以上に、ブレーキにもっと注目が集まっていいかもしれません。

そして、高性能車ほど、優れたブレーキが装備され、その操作感覚は、まさに人とクルマが一体となったような快さを覚えさせるものなのです。

ブレーキにはバックアップ機能が設けられている

当然ながら、安全に減速し止まる点においても、ブレーキは安全の基本です。

そのブレーキが壊れたら大変だし、壊れるまででなくとも、性能低下を起こしたら事故につながりかねません。

万一、ブレーキが利かなくなってはならないので、ブレーキにはバックアップ機能が設けられています。

ブレーキは、ペダル操作を通じてマスターシリンダーから油圧が送られ、各車輪のブレーキを作動させ、

パッドがローターやドラムと接触し、その摩擦によって熱が発生して、その熱を大気中に放出することで減速・停止が実現しています。

ペダル操作を確実にブレーキへ伝達する配管が破れるなどしたら、たちまちブレーキが利かなくなるのです。

そこでブレーキ配管は二重の機構となっています。

前輪と後輪の2系統に分けた配管や、X配管といって前後を交差状に配管し、左右どちらかの前後のブレーキで減速できるようにしているのです。

しかし停止までの距離は、2倍前後伸びることになります。

あるいは、通常は軽いペダル操作でブレーキが利いているのは倍力装置という機能を介しているからなのですが、

万一この倍力装置が壊れた際にも、ペダルを思いきり力任せに踏めば減速します。

突然壊れることは考えにくいが定期点検は重要

ABSが壊れると滑りやすい路面などでの安定性が損なわれる危険もあります

ブレーキを作動させる圧力を伝えるのは、ブレーキ液。

これも次第に水分を含んで、油圧を正しく伝えにくくなるのです。

そこで、定期的な交換が必要になります。

また、パッドやローター、あるいはドラムも、摩擦させて使うため摩耗します。

ことにパッドは減りやすいので、これも車検などを目安に減り具合を確認し、新品に交換することが肝心。

またかなり距離を走り込んだクルマの場合は、ディスクやドラムも摩耗していくので、その交換を必要とする場合もあるのです。

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が壊れた場合は、通常と変わりなく減速できるのですが、

滑りやすい路面状況などでの安定性は損なわれる恐れがあります。

定期点検でブレーキは必ずチェックされる

何か部品が突然壊れるということは通常の運転ではまずないでしょう。

一方で、日々使っているクルマでは、ブレーキ液の劣化やパッドの摩耗などは徐々に進行することなので、気づきにくいものがあります。

そこで、定期点検や車検の意味がでてくるのです。

年間走行距離の違いで、一律にはいえないが、点検の際に必ず調べなければならない項目にブレーキがあります。

もう一つ、ブレーキ性能に関わるのがタイヤ。

ブレーキをいかに整備しても、あるいはブランド品の高性能ブレーキを装備しても、タイヤが摩耗していたり、

グリップの高くないタイヤを装着していたりすると、本来のブレーキ性能を発揮しきれないことになるのです。

ブレーキ性能とタイヤ性能は常に一組で考え、兼ね合いをはかることが、価格と性能との調和、そして安全を守る要になるのです。

ネットの声

「ペダルの踏み間違い以外、考えられない。仮に車の欠陥なら速やかにリコール・改修すべきだし、同型のプリウスなんて日本中たくさん走っているから、似たような事故が多発しているはず。それに日本車はたかだか10年で重要部品が経年劣化で壊れるほどヤワではない。」

「メーカー(トヨタ)も、メインとバックアップの二系統が同時に故障することは考えられないと結論を出しています。
何で素直に踏み間違いと認めないかな?事故現場の数百m前でも当て事故未遂しているが、ドライブレコーダーの記録にも残っているし、ブレーキが効かないとの音声は無かったですし。普通はパニックになった時に何かしらの声をあげるでしょうに。」

「もしも本当なブレーキが効かなかったのなら、トヨタの中でもプリウスは人気車種だから、そんな事例が何件も報告されているはず。自己保身もここまでくると、もはやコメディの域に達しそう。」

あくまでも自分の過失を認めずクルマのせいにして墓場に持っていきたいのでしょう。

おすすめの記事