ソニーは、CES 2020会場で電気自動車「VISION-S」を発表しました。

ソニーのイメージセンサーやセンシング技術を搭載し、レベル2相当の自動運転に対応しています。

さらに、オーディオやエンタテインメントの技術も投入。狙いは、「クルマの進化に対するソニーの貢献」です。

走行実験も予定

4人乗りのスポーツカー。

車内外の人や物体を検知・認識し、運転支援を実現すします。

そのため、車載向けCMOSイメージセンサーやToFセンサーなどセンサーを合計33個搭載。

2020年中の公道での走行実験を予定しているとのことです。

また、ソニーが推進する立体音場技術「360 Reality Audio」を、各シートに内蔵されたスピーカーで提供。

VISION-Sの発表後に注目を集めているのがスポーティーなデザインや、市販モデルを思わせる完成度です。

光をモチーフにした「オーバルデザイン」がコンセプトということですよ。

VISION-Sの主な仕様

ボディサイズ:4,895×1,900×1,450mm(全長×全幅×全高)
ホイールベース:3,000mm
重量:2,350kg
出力:200kW×2(Front/Rear)4輪駆動
最高速:240km
0-100km/h加速:4.82秒
タイヤサイズ:フロント245/40R21、リア:275/35R21

自動車製造のマグナ・シュタイアの他、Bosch、Continental、NVIDIAなどが協力しています。

ISION-Sは「ウォークマン」

VISION-Sの発表を受け、「ソニーがクルマに参入?」と思った方もいるかもしれません。

しかし、同プロジェクトを主導したソニー AIロボティクスビジネス担当執行役員の川西泉氏は、開発の目的を、

「クルマの進化に対するソニーの貢献」

と説明しています。

ソニーが車メーカーになるという可能性は、「今の時点ではない」とのことです。

「クルマの進化に対する貢献」について、川西氏は

「1つはスマホによるモバイルのパラダイムシフトの後は、モビリティ(移動)で大きな変化があるはず。2つ目は、ソニーのエンタメの技術などを取り込んで、モビリティの中でソニーとしてのユーザー体験を追求してみたい、3つ目は買ったらそのままではなく、ITの技術で継続的に進化するサービスを提供できるのではないか、その中にはクラウドやAIを含めたサービスができるのではないか。この3つを踏まえて取り組む」

としています。

クルマの車内外での様々な技術やユーザー体験向上を、VISION-Sを使って検証・蓄積。

また、センサーなどのデバイスも自動車メーカーに近い目線で開発・検討できるようにします。

VISION-Sはそのための実験車両という位置づけということです。

「ソニーとして、クルマでどういうことができるか。進化への貢献の可能性と技術を追求していくもので、『安心安全を極めた上でリラックスして楽しめる空間を作る』がコンセプト。高速走行はできるが量産設計の前の地点。また、現時点では安全基準を満たしておらず、ナンバープレートは取得できない。ただし、今年中に日米欧で取得予定」

としています。

また、

「ユーザーがモビリティの中でどういう体験を求め、実現できるかを検証する。モビリティは、移動を伴う行為。ウォークマンがやったこと(音楽を外に持ち出して聞く)と同じような考え方」

としています。

なお、VISION-Sの制作台数は「ノーコメント」、開発期間は「20カ月ぐらい」、開発者は「非公開だが非常に少ない」

なお、スポーツタイプのデザインで開発した理由は、

「一番開発難易度が高いと考えた。SUVなど、ほかの種類に展開できるEVプラットフォームとして開発している」

ということです。

VISION-Sにあわせて、ソニーの車載イメージング・センシング技術のコンセプト「Safety Cocoon」を強化。

イメージセンサーだけでなく、ソリッドステート式LiDARなどに参入し、イメージセンサーなどの技術と組み合わせて車載向け事業を強化していきます。

具体的にはCMOSイメージセンサーの、高感度、高精細、広ダイナミックレンジ化と、LEDフリッカー抑制。

また、長距離かつ高精度な測距技術で、立体空間を3Dで正確に把握できる「ソリッドステート式LiDAR」にも取り組みます。

加えて、様々なセンシングデバイスの特長を融合させ、霧・逆光・夜間の雨といった画像認識の厳しい環境下でも早期の正確な物体認識を可能とする「センサーフュージョン」の強化。

車内の人や物体の距離情報を検知・認識し、ジェスチャー操作などを可能とするTime of Flight(ToF)センシングソリューションも強化します。

VISION-S(室内)を体験

CESでは、短時間ながらVISION-Sの後部座席に乗車できました。

VISION-Sは実際に走行可能ということですが、CESでは限られた来場者に室内空間を体験させるにとどめています。

コクピットは、パノラミックスクリーンと呼ぶ横長の画面で、画面表示は中央と助手席側を入れ替えられます。

例えば助手席の人がナビを操作して、見やすいように中央に移動する、といった操作も可能。

映画やドラマなどの車内エンタテインメントも楽しめ、後部座席からの操作もできます。

加えて、クルマ自体の機能も、サスペンションの硬さやステアリングの重さなどをソフトウェアで調整可能。

エコ/コンフォート/スポーツなど、利用条件にあわせたモード選択が行なえます。

ドアミラーは無く、カメラで撮影した映像をパノラミックスクリーンの左右端の画面に表示。

シートのヒーターも、部分に応じて温め箇所を変えるなどの制御が可能です。

車内の殆どの操作をタッチパネルインターフェイスで行なえるほか、ダイヤルコントローラも備えています。

なお、「360 Reality Audio」については、今回のCES試作機では前方座席のみの対応で体験できませんでしたが、今後は全座席での対応を予定しているとのことです。

ネットの反応

「直接車を作ることはないだろうが、独自技術で世界に影響を与えるソニーの姿勢が出てきたことは喜ばしい。東芝もいい方向が出てきているようなので、他の日本のメーカーも復活を目指して頑張って欲しい。」

「車もevで進化すると運送とか移動とかよりもロボット的な存在になり、迎えに来てくれたり調べ物をしてくれたり、相談に乗ってくれたりと、全くイメージの違うものになる。ソニーはその先頭を走ってもらいたい。」

「流行りもあって10年近くiPodnanoを使っていましたが、最近40周年記念ウォークマンを買いました!同じモデルを試聴して音の違いにびっくりしました。受注生産でまだ届いていませんがとても楽しみです。何でもできるソニーに期待したいです。」

量産化はしないらしいですが、発売したら海外では普通に売れるでしょうね。

おすすめの記事