20年以上前の曲。
今聞いても曲の完成度が高い。

イントロからアウト(終わり方)までシンプルなのに耳に残る。
曲の長さも物足りなくもしつこくもない。
なんとも不思議な曲。
メロディが心地よく体の中に残る。
簡単そうに見えて実際に歌うとすごく難しい。
歌詞も簡単で小学生でも知ってるような言葉の羅列がほとんどなのに読むと深いからかっこいい。

新しい季節は なぜかせつない日々で
河原の道を自転車で 走る君を追いかけた
思い出のレコードと 大げさなエピソードを
疲れた肩にぶらさげて しかめつら まぶしそうに

同じセリフ 同じ時 思わず口にするような
ありふれたこの魔法で つくり上げたよ

誰も触れない 二人だけの国 君の手を離さぬように
大きな力で 空に浮かべたら ルララ 宇宙の風に乗る

片隅に捨てられて 呼吸を辞めない猫も
どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬寄せるよ

いつもの交差点で 見上げた丸い窓は
うす汚れてる ぎりぎりの三日月も僕を見てた

待ち伏せた夢のほとり 驚いた君の瞳

そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ

誰も触れない 二人だけの国 終わらない歌ばらまいて
大きな力で 空に浮かべたらルララ 宇宙の風に乗る

大きな力で 空に浮かべたらルララ 宇宙の風に乗る

年をとっても変わらない…

南アフリカの「ビコマナ」のロビンソンが素晴らしい!

BENIのロビンソン 英語バージョン 動画はにゃんこだけど…

おすすめの記事