ステイホームの時間が増え、お料理の回数が増えている方も多いのではないでしょうか。

レシピ通りやっても美味しくならなかったり、焦げてしまったり…。

失敗したこともあるかもしれません。

そこで、料理の失敗あるあるを4つご紹介!

うっかり忘れてた!グリルのお魚焦がしがち

中身が見えないからこそ、忘れがちな焼き魚。

気付いたときには、煙がモクモク発生していることも!

グリル内のお魚は真っ黒。 加えて、洗剤につけたり、焦げを削いだりと、その後の後片付けも大変です。

キッチンタイマー等を利用して、時間に気づく工夫をしておきたいですね。

(2)フライパンから溢れ出る食材

料理ができるという自信が湧いてきたからこそ、試してみたくなるフライパン振り。

人気レストランのシェフのように、手際良くやってみたい!と挑戦したことがある方も多いかもしれません。

しかし、慣れていないとフライパンから食材がバラバラと散らばる惨状に。

動画を見て、腕とフライパンの動かし方をチェックすることをおすすめします!

(3)なぜか蓋が取れる調味料

「塩少々」とレシピに書いてあったため、容器を振ると、ドバーッと塩が。

「ちゃんと閉めたつもりなのに!」と感じても後の祭り。

なぜか肝心なところで取れてしまう調味料の蓋。

そのあとの味のリカバリーが大変なところです。

(4)節約のためのはずが!なぜか高くなる食費

料理を始めると、「あれも作ってみたい!」、「今度はこれに挑戦しよう!」と、意欲が湧いてきます。

「自炊だから経済的でしょ」と、食材を買い込んでいくうちに、家計が圧迫されたなんてことも。

特に一人暮らしの場合は、惣菜を買う方が安く済むパターンもあります。

お財布と相談しながら、家計管理もキチッとしておきたいですね。

おすすめの記事