芸歴48年の杉田かおるが復活…イヤな女で帰ってきた!?

17歳でヌード、1億円借金、不倫を経て……杉田かおる55歳が“イヤな女”で復活した理由

杉田かおる(55)が“イヤな女”で帰ってきた。今クールの連ドラ「七人の秘書」(テレ朝系)第2話にパワハラ上司役でゲスト出演。

「科捜研の女」(同)第4話では息子の婚約者を殺害する犯人を演じました。

母親の介護で休業状態

杉田かおるはこの4年ほど、母親の介護で女優業は休業状態にあったのです。

地上波連ドラ復帰作は今春の「警視庁・捜査一課長2020」(テレ朝系)。

以降、立て続けにテレ朝系ドラマに起用され、復活を印象づけました。

杉田かおるの芸歴は48年に及びます。

「1972年、7歳の時にドラマ『パパと呼ばないで』で人気を博し、同じ劇団の坂上忍と共に天才子役と評された。79年に『3年B組金八先生』の出産する中学生役でセンセーションを呼び、80年には『池中玄太80キロ』で西田敏行の義理の娘役。82年には映画『青春の門(自立篇)』で17歳にしてヌードに。まさに早熟という言葉が相応しい女優」(芸能デスク)

もうひとつの側面が“スキャンダル女王”。

借金報道だけでも3度。

最初は13歳時の個人事務所倒産に伴う300万円。

26歳で父親の連帯保証人になったことで1億円を背負い、財布の中には800円しかないところまで追い込まれたのです。

98年、33歳の時には収入のためヘアヌード写真集を出版。

2005年には鮎川財閥の御曹司と結婚するも7カ月で離婚しています。

ドラマも単発出演に

「その頃にはドラマも単発出演が多くなり、かつての輝きは失せていた。そこで活路を求めたのがバラエティ。毒舌で人気を博し、04年には『笑っていいとも!』のレギュラーに起用され、『24時間テレビ』でマラソンも走った。一方で大手出版社社員と不倫、ラブホテルに入る際の大声のやり取りまで報じられるなど相変わらずお騒がせ。『お城みたいだったから入った』という面白対応がまたワイドショーを賑わせた」(同前)

すっかり色物イメージがついた杉田かおるでしたが、13年に6歳下の会社員と再婚。

母親の介護、看取りを経て随分と落ち着いたようです。

杉田の新たなハマり役は?

「収録現場でも昔ほどは喋らず、年相応の振る舞い。いざカメラの前に立てばそこは昔取った杵柄。母親役が似合う年齢だが、薬師丸ひろ子(56)、黒木瞳(60)ら大女優がひしめく激戦地。その点“イヤな女”は大物はやりたがらない。何より杉田のキャラクターにマッチしており、今まであまりやらなかったのが不思議。今年4月期の『家政夫のミタゾノ』(テレ朝系)で演じたSNSで個人の秘密をバラす女もよかった。泉ピン子(73)のような“第一人者”になれる可能性もある」(民放ドラマ制作関係者)

ネットの声

「今に始まったことではない。ずいぶん前から、嫌な女性の役をやっていた。チー坊からこの世界に50年近くも女優を続けられることも凄い。どんな役でも出来なければ難しい。」

「昭和の時代には、大ヒットした子役の収入でおかしくなった"親・家族"と影響された本人が、きわどい人生を送った話はたくさんありましたね。」

「なんだかんだ言っても、容姿は衰えもっと美しい女優さんがいても、バラエディで毒舌はいても、女優としての杉田かおるの演技力は素晴らしく輝いている。美人女優に囲まれても、杉田の方が輝いてる。そこは評価したい。
昔、ハローワークの不正防止のビデオに出てたことがあり(おそらく低迷期)でも、やっぱり演技力は確かで絶対不正できない気持ちになった。低迷期のお仕事にも手を抜かずきちんと仕事してるところも偉い。」

50代というところが驚きです。まだまだこれからですね。

おすすめの記事