好きな道行きたい道

バイク乗りは自分の好きな道をいくつか持っている。海沿いの道よりも山岳道路に心が惹かれる。

好きな道

八幡平アスピーテラインや日本アルプスを行く乗鞍スカイラインなどは山岳道路としては代表的だ。東京から近いところでは、芦ノ湖スカイラインから伊豆スカイラインにかけての道もいい

風光明媚な景観と変化に富んだワインディングロードを楽しめる。いずれも道路沿い、あるいは近隣に温泉がある。

北海道に好きな道がたくさんあって絞りきれない。

行きたい道

バイク乗りに人気の高いツーリング道路を挙げてみる。

九州は阿蘇周辺のやまなみハイウェイとミルクロード。

やまなみハイウェイは見渡す限りの牧草地帯を行く。こういう道は飛ばさずに牛の表情が見えるくらいのスピードでクルージングしたい。

阿蘇山の外輪山を走るダイナミックな山岳道路のミルクロードやそこから枝分かれした道など、阿蘇周辺は走り甲斐がある。

やまなみハイウェイの起点である水分峠側(阿蘇側から行くと終点)の湯布院温泉には、ヴィンセント、ヴェロゼット、ノートンなど世界的にも貴重なヴィンテージバイクを展示するオートバイ博物館がある


やまなみハイウェイはかつては有料道路だったが、信州の志賀草津道路も無料化されて久しい。

志賀高原と草津温泉を結ぶこの道は、関東周辺随一のワインディングロードだ。

草津温泉から浅間白根火山ルート(万座ハイウェイ・鬼押出ハイウェイ)を経て、軽井沢に至る軽井沢側の星野温泉には二輪自動車博物館がある。

他にも三重県の鈴鹿スカイライン、秋田県の鳥海ブルーライン、岩手県の八幡平樹海ラインなども人気が高い。

これらはスペシャルAクラスの道だ。

身近なところに自分だけのお気に入りの道を見つけるのも楽しい。

仕事の都合でクルマで通った道を「バイクで走りたいなあ」と思うことがよくある。

あるいは新幹線の窓から、いつかバイクで行ってみようと思ったりもする。

バイクで行くと、クルマで通ったときとは全く違う感じを受けるのだ。

出発のために出発する

旅に出たいからバイクに乗るのか、バイクに乗りたいから旅に出るのか。

乱暴な言い方をするなら、ツーリングの目的は結局のところバイクに乗りたいという欲求を満足させることに尽きる。

後は付け足しにすぎないのだ。


しかし、付け足しの出来具合によって、ツーリングの密度の濃淡が決まる。

もちろん付け足しがなくても、密度の濃いツーリングは可能だ。逆説めくが、いろいろな付け足しを削ぎ落としたツーリングこそがバイク乗りが求める究極の旅でもあるのだ。

ただし、意識的に削ぎ落としたツーリングと、最初から何もないツーリングとでは雲泥の差があるのは言うまでもない。

バイク乗りに撮っての旅は、目的地が定まっているようでいて、実は一概にはそうとも言い切れない。いつ到着できるかどうかわからない未踏の地を、バイク乗りは心の中に持っているからだ。

ボードレールの「悪の華」から引用する。

だが本当の旅人とは、ただ出発のために出発する人々だけだ。

心は軽く、危急にも似て、その宿命の手から離れることはついになく、

何故とも知らずに、いつも言うのだ、行こう!と。

バイク乗りは、ただバイクに乗りたいがために出発する。

おすすめの記事