お金を借りたいと思ったらまずは銀行に融資の申し込みをすることでしょう。
それにはまずは世間体があります。
人は誰でもまずは世間体というものを気にするのです。

お金を借りたい

銀行でお金を借りた、消費者金融会社からお金を借りた…というのではかなりの差というか聞いた側では雲泥の差があると考えることでしょう。
銀行からお金を借りるのは一般的で普通の出来事に感じるのですが、消費者金融会社からお金を借りるとなると、お金に困っているということが如実にわかってしまいますし、銀行からお金を借りることができない人というレッテルまで貼られてしまうのです。
ですから、だれもが借金の第一歩は銀行から始まると考えていいでしょう。

銀行カードローンで人気なのは、セブン銀行カードローン、三井住友銀行カードローン、ソニー銀行カードローン、みずほ銀行カードローン、横浜銀行カードローン、イオン銀行カードローン、新生銀行カードローンなどがあります。
ネット銀行にメガバンクなど様々な銀行があるのですが、これらの銀行は比較的属性が低くても借りやすいとされているのです。
銀行のカードローンのメリットは世間体だけではなく、総量規制の対象外となっていることが大きいです。

総量規制というのは消費者金融会社からの借入れを制限する法律で、年収の3分の1までしか借りることができないというものです。
ですから、年収が300万円という人でしたら、消費者金融会社から総額で100万円までしか借りることができないのです。
一方で銀行カードローンでしたら、総量規制対象外ですから、年収の3分の1にとらわれずにお金を借りることができます。

もちろん審査に通らなければいけませんが、年収300万円の人でも200万円のカードローンを組むことができるのです。
これはかなり大きいと考えていいでしょう。

ですから、世間体の面と総量規制の問題のこの2点が銀行カードローンの大きなメリットです。
世間体がメリットというのもおかしいですが、誰もがそう思っているところですね。

銀行で借りることができない

誰もが銀行でお金を借りることができるわけではありません。
お金を借りるにも審査があり、属性の低い人は銀行カードローンの審査に通ることはできないでしょう。
この属性というのは、信用度のことです。

言うなれば金融機関の側から見て、この人にお金を貸しても返してくれるのかといった返済能力を審査するのです。
ですから、借入れをしたいと思っても審査に通らなければお金を借りることはできません。
このキャッシング審査に対する属性ですが、銀行の場合は審査が厳しいことで知られています。

ですから、正社員であればいいのですが、派遣社員や契約社員であれば、属性は低くなりますし、パートアルバイトでしたらさらに属性は低くなります。
一般的に正社員以外は安定した収入がある人とは銀行は見てくれません。
ですから、銀行カードローンの融資条件である。

安定した収入のある人に契約社員や派遣社員、さらにはパートアルバイトの人はその時点で審査のふるいにかけられてしまうということですね。
また、正社員の人でも安泰というわけではありません。
勤続年数が短ければ属性が低くなりますし、何よりも他社借入れが多ければその時点で審査に通ることはできないでしょう。

他社借入れ件数が多く、多重債務者となっているのであれば銀行カードローンの審査に通ることはできないのです。
このように銀行カードローン審査は厳しくなっています。
金利が低いので誰もが銀行カードローンを利用したいのですが、銀行は利用者からお金を預かっている関係上、貸し倒れにはかなりの神経を使っています。

その点でも銀行カードローンの審査は厳しくなっているということですね。
銀行で借りることができない場合は、世間体などを気にしている場合ではないので消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りることになります。

消費者金融会社で借りる

消費者金融会社で借りるほうが銀行よりも審査が緩くなっています。
ですが、消費者金融会社にもその会社の業容にかなりの幅があるのです。
プロミスやアコム、アイフル、レイクといった大手消費者金融会社は消費者金融会社の中でも別格の存在と考えていいでしょう。

その他の消費者金融会社は中小消費者金融会社、さらにはもっと小規模な街金と呼ばれる消費者金融会社になります。
数の上では、この中小消費者金融会社と街金が消費者金融会社のほとんどを占めていると考えていいのです。
消費者金融会社は、昔はサラ金と呼ばれていましたから、その当時のイメージがそのまま現在に引き継がれているといっていいでしょう。

ですから、消費者金融会社からお金を借りているとなると、それだけでその人のイメージダウンにもなってしまうのです。
それでも消費者金融会社にも様々なメリットがあります。
何よりも銀行カードローンよりも審査が緩いということです。

それでも大手消費者金融会社などは銀行並とはいかないまでも、消費者金融会社の中では審査が厳しくなっています。
それでも、お金を借りるなら、大手消費者金融会社からお金を借りることを目指したほうがいいでしょう。
それは、消費者金融会社の中でも大手のほうが金利が低いからです。

金利が0.1%違っても借りる金額によっては月々の返済金額がかなり違ってきます。
ですから、お金を借りるには金利が0.1%でも低いところから借りるのが鉄則です。
それと大手消費者金融会社のカードローンには、無利息期間というのが設定されています。

30日以内に返済すれば、利息はかからないというサービスです。
初回限定となっているところが多いのですが、これは是非とも使っておきたいサービスですね。
また、大手消費者金融会社と一部の中小消費者金融会社のみがカードローン会社となっています。

つまりそれ以外の消費者金融会社ではカードローンは取り扱っていないということですね。
このあたりが消費者金融会社からお金を借りるときの重要な選択肢になりそうです。

カードローンと普通のローン

消費者金融会社のローンが全てカードローンというわけではりません。
また、借りる人によってはカードローンよりも普通のローンのほうが良い場合もあります。
というのもカードローンには利用限度額が設定されていて、それまではいくらでもお金を借りることができます。

もちろんその間に返済もしなくてはいけませんから、返済するたびに利用可能額に空きができるので、その範囲内で借りることができるのです。
しかし、返済をして借りてといったことを繰り返していれば、いつまでたってもローンの完済ができません。
実際に利用限度額までお金を借りることができると思い込んでしまって、常に利用限度額マックスまでお金を借りる人がいるのです。

そうなれば、利息もバカになりませんから、だんだんとお金に窮していくことになります。
そうなると、さらに新しいカードローンを借りてしまうということになるのです。
普通のローンでしたら、借りたら後は返済するだけですから、借りすぎということにはなりません。

中小消費者金融会社や街金では、カードローンを取り扱うことが難しいですから、普通のローンの場合が多いです。
それは、ローンカードを発行して、ATMを利用するシステムを作らなければいけないのですが、そういった大きなシステムを作る体力が中小消費者金融会社や街金にはないからです。

ですから、自ずと普通のローンの取扱になってしまうのですが、大手消費者金融会社や一部の中小消費者金融会社のカードローンからお金を借りることができなくなった人が、普通のローンを取り扱っている中小消費者金融会社や街金からお金を借りるようになるのです。

中小消費者金融会社山チキンは審査基準が緩いですから、少額融資であれば多くの場合はよほどの多重債務者でないかぎりは審査に通ることでしょう。
借入額は少額となることが多いのがデメリットといえますが、借りやすいところから、多くの街金を利用する人も出てきています。

少額融資なら街金

100万円も200万円も必要なく、10万円程度の少額融資でよいのでしたら、銀行カードローンを利用することなく、街金からお金を借りるほうがいいでしょう。
10万円程度ならクレジットカードでキャッシングをするといった人もいると思います。
しかし、その方法はおすすめできません。

というのも、クレジットカードのキャッシングの金利は高く、街金のローンの金利とも遜色がないからです。
実際には街金のほうが上限金利一杯までの金利設定にしているところが多いのですが、クレジットカードのキャッシングでは一括払いかリボ払いということになってしまうので、他のショッピングと合算になってしまうことも考えると、少額融資の場合は街金のほうが便利かもしれません。

もっとも、会社の近くや駅の近くなどお店に行きやすいところがいいでしょう。
基本的に街金の融資は対面サービスとなっているところが多いです。
また、現金での借入れではなく、申込者の口座に振り込むといった方法を取っています。

少額融資でも借入希望額を聞いてくれますから、融通もかなり利くと考えていいでしょう。
少額融資でも、大手と違って初回の無利息サービスは期待できないというよりもしていないと考えていいと思います。
審査通過率は高く対面の場合はその場で即決ということが多いでしょう。

街金の場合は信用情報機関に加盟していないことが多いので、審査のために申込者の与信情報を照会するという手間がかかりません。
そういったところでもスピード審査が可能となっているのです。
そのため、在籍確認さえ取れたらブラックの人でも借入れができるでしょう。

過去の状況ではなくそのときの信用情報を重視するのが街金のメリットと言えるかもしれません。
自分の属性が低くて審査に通るか不安であり、借入額も少額で良い場合でしたら、街金がベストの選択となるでしょう。

おすすめの記事