5大ジャンボ宝くじの中でサマージャンボが一番の狙い目

1等・前後賞合わせて7億円が当たる「サマージャンボ宝くじ」と、1等1000万円が80本用意されている「サマージャンボミニ」。

全国の宝くじ売り場と宝くじ公式サイトで発売中です(販売最終日は8月14日)。

このサマージャンボ宝くじは、どのような特徴があるのか…その歴史とともに豆知識をご紹介します。

ジャンボ宝くじの最年長

サマージャンボ宝くじは、1979年8月に誕生しました。

当時の価格は1枚200円、1等は2000万円で前後賞はありませんでした。

同じ年の11月に年末ジャンボ宝くじ、翌年にドリームジャンボ宝くじが発売されています。

その後、1984年に緑化宝くじ(現在のバレンタインジャンボ宝くじ)、2001年にオータムジャンボ宝くじ(現在のハロウィンジャンボ宝くじ)が仲間入りします。

その時点で、いわゆる「5大ジャンボ」と呼ばれるようになったのです。

車が賞品になったことも

サマージャンボ宝くじでは、特別賞として200万円や500万円相当の乗用車が賞品になったことがあります。

中でも1988年の特別賞は「デラックス・カー賞」として1000万円相当の乗用車が商品になるという豪華なものでした。

なお、乗用車と賞金のどちらか希望する方を選ぶことができたのです。

1等を狙う場合の効率が良い

1年間に発売される5種類のジャンボ宝くじ、その1等賞金と当せん確率を総合的に判断するとどうなるでしょうか。

年末ジャンボの1等は7億円ですが、その一方で当せん確率は他のジャンボ宝くじより低いのです。

それ以外の4つのジャンボ宝くじは当せん確率が同じで、そのうち1等賞金がもっとも高いのがサマージャンボ宝くじの5億円です。

つまり金額的にも1等を狙う場合の効率がもっとも良いのがサマージャンボ宝くじなのです。

ネットの声

「効率が良かろうが悪かろうが圧倒的に低い確率であることには変わりがない。ちょっとした運試しのつもりで少し買うぐらいにしたほうが良い。」

「さらに言うと、キャリーオーバーした時のロト6の方が一口200円で600万分の1で、6億が当たるので効率が良い。それでも確率低すぎて当たらないけどね。」

「売上金を適正に当選金に当てればいいのが、ほとんどが他に運用されて当選確率が劇的に低い。買わなきゃ当たらないなんて幻想を抱かせるフレーズで購入意欲をかきたたせるアコギな商売。買うだけ無駄。」

少しでも確率が上がるのなら…といっても宝くじを買う人はそこまで考えていないかも。

おすすめの記事