料理をする時間がない時や疲れて作る気力もない時、スーパーの『出来合い食品』に助けられる人は多いでしょう。

ところが、一部のスーパーでは、原産地隠しや、変色したり一部が腐敗しているなど衛生的に問題のある食材を再利用。

総菜や弁当として販売しているケースもあるようです。

再利用がまかり通る?

鶏肉の場合は、鮮度が落ちてきたらドリップと呼ばれる肉汁を捨て、今度は味付けをして売り、それでも売れなかったら唐揚げにする「3段活用」をしたりする例もあります。

こうしたスーパーの食材の「使い回し」は枚挙に暇がありません。

大手スーパーで働くAさんは「自分ならポテトサラダは絶対にスーパーで買わない」と断言します。

「店頭に並べたポテトサラダの色が変わってきたら、一度回収してかき混ぜて、再度売り場に戻します。それでも傷んできたら、お弁当のつけ合わせにする。単体なら色の変化が目立つけれど、つけ合わせにすればメインのおかずに目がいくので、気づかれにくいのです」(Aさん)


使い回されている野菜類はポテトサラダだけではないようです。

「キャベツは大変優秀な使い回し食品。傷んできたら、まず外側の葉っぱを取ってきれいにして、値引きして販売。だんだん小さくなり、それでも売れ残ったら、焼きそばの具や野菜炒めに使います」(Aさん)

刺身やカットフルーツなどの「盛り合わせ系」も使い回しの温床です。

スーパーでよく見かける理由は、3種類以上盛り合わせれば産地などを記載する必要がないという法律上のルールがあるのです。

それに加え、「盛り合わせ」にすると売れ行きがぐんとよくなるからです。

別の大手スーパー店員・Bさんが言います。

「まぐろやサーモンなど1点盛りの刺身が売れ残りそうになったら、ほかに売れ残っている刺身と盛り合わせます。夕方以降に買いに来る独身のOLやサラリーマンは、少しずつ食べられる盛り合わせを欲しがるんです」


食品表示アドバイザーの垣田達哉さんも「余った食品は詰め合わせれば売れる」と話します。

「午前中にさくで売られていた刺身は、午後にカットされて、刺身盛り合わせになります。さらに小さく切ってちらし寿司に入れることも。いろいろ入っているので、お客さんが喜ぶ人気商品になります」

カットフルーツも同じ原理だそう。

「売れ残ったフルーツの腐った部分を取り除いて、詰め合わせます。これもいろいろ種類があればあるほど、お客さんは喜びます。工場で作られたカットフルーツと違い、よく見ると入っている果物はバラバラ。鮮度はよくありません」(垣田さん)

総菜のパックに触って温かければOK

たとえ消費期限が守られているとしても、何度もパックから出し入れされていることを考えただけでも使い回し総菜はできるだけ食べたくないもの。

どう見分ければいいのでしょうか。

垣田さんは「総菜のパックを触ると温かく、出来立てが店頭に並んでいるスーパーは安心できる」とアドバイスします。

「触って温かいくらい出来立てのお総菜があるということは、売れ行きがよく、回転率もいいということ。使い回しをしていないか、多少していても新鮮な可能性が高い。また、衛生管理の観点から言うと、冷蔵品のマカロニサラダやポテトサラダを常温で並べている店は、避けた方がいい。食中毒を起こす危険があります」(垣田さん)

加えて、売り場のラインナップが毎回違っているスーパーは使い回しを多用している可能性が高いのです。

「いつも同じ弁当や総菜を売っている店は、食材を使い回さず、個別に仕入れていることが多い。例えば、えび天弁当が毎日売られているスーパーならば比較的安心だということ」(垣田さん)

特にいまの時期、人の手を多く介する使い回し総菜は、できるだけ避けたいもの。

普段からの観察、チェックを欠かさず、賢い商品選びをしたいものです。

ネットの声

「スーパーに限らず個人店も使い回しが凄いよ。厨房見ていたら、町の中華屋なんか落ちた物をもう1度揚げて出していた!スーパー各社、店舗によると思うが、むしろスーパーの方が衛生面に厳しいんじゃないかな!」

「かなり前のアルバイト時代の話ですが、スーパーで刺身盛り合わせの鮮度を確かめる手段は「パートさんの鼻」だったのを思い出しました。」

「大手スーパーでそんな手間暇かける?値引きして売った方が早い。廃棄と食中毒のリスク考えれば、スーパーもお客も嬉しいわ。」

あまりにも使い回しが激しいと食中毒などのリスクが増大しますね。

おすすめの記事