深刻な人手不足に対応するため小売業や飲食業で、レジのセルフ化が進むなか、スーパーマーケットは少し様相が異なるようです。

店員が商品バーコードを読み込みますが、支払いは利用客が精算機で行う「セミセルフレジ」が浸透しているのです。

すべてを利用客で完結させる完全セルフレジもスーパー向けにあるのですが、なぜ、店員が必要なセミセルフレジの方が広がるのでしょうか。

半数以上が導入

福井市のショッピングセンターに入るスーパー「アル・プラザベル」は昨年11月、セミセルフレジを導入しました。

11カ所あるレジカウンターのうち8ヵ所を切り替え、精算機12台を設置しています。

混み合う平日夕方でレジ担当は8人必要でした。

セミセルフレジ導入で7人に抑えられたといい、久津見崇食品店長は「レジ担当の1人を他に回せることは仕事の効率化に大きい」と話します。

一方、約10店でセミセルフレジを入れた別の地方スーパー関係者は「従業員の負担が軽減され、レジ担当者を採用しやすくなった」と明かします。

レジを担当する従業員にとって大きな気がかりは、お釣りを渡す際などに過不足が生じる精算ミス。

セミセルフレジの導入で従業員が現金を直接扱わなくなるため、担当者の心理的負担が減るというわけです。

ただ、省人化や現金を扱わないメリットは完全セルフレジも同じはずです。

それなのに、スーパーではセミセルフレジが圧倒的に普及しているのです。

スーパー業界3団体がまとめた昨年の「スーパーマーケット年次統計調査報告書」によると、セミセルフレジ導入店は推計で57・9%を占め、前年から9ポイント伸びました。

一方、完全セルフレジは11.4%で前年から0.2ポイント減少しているというのです。

ICタグではだめなのか

完全セルフレジが伸び悩む要因には、利用客の利便性が関係しているようです。

完全セルフレジでバーコードを読み取る作業は利用客、特に高齢者にとっては煩雑で、慣れるまで時間がかかるのです。

スーパーの場合、タイムセールの商品にバーコードが重ねて貼られていて注意が必要なこともあって、完全セルフレジを避ける利用客が多いのです。

ハード面の課題も

バーコードではなく、値札に付けたICタグから情報を自動的に読み取るレジならば簡単で、アパレル店では導入が進んでいます。

しかし、スーパーでは導入が難しいのです。

ICタグは、読み取る際に水や金属の干渉を受けやすく、多様な素材の商品があると不向きという技術面に課題があります。

また、数十円の低価格商品にICタグを付けて採算が合うのかという費用面も壁になっています。

QRコード対応も

レジをめぐっては、昨年10月の消費税増税を機にキャッシュレス決済が政策として促進されるなか、メーカーが対応を進めています。

大手の東芝テック(東京)の製品は、精算機でクレジットカードや電子マネーの利用が可能。

平成22年からセミセルフレジを手がける寺岡精工(東京)では、QRコード決済にも対応するマルチ決済端末を精算機と連動できるようにしました。

スーパーでは当面、利用客の多様なニーズに応えられるレジが並びそうですね。

ネットの反応

「混んでる時に子供に操作させる親、大量に買う人、操作に不慣れな人などなどいろんな理由でセルフレジの回転が落ちるが
セミセルフなら慣れた店員さんがするので回転効率が良いからでは?」

「空いてる「完全セルフレジ」に並んでも結構時間がかかるんだよね。ただでさえ読み取りエラーやポイントカードの挿入、エコバッグの取り付け、アルコールの年齢確認等に手間がかかるし…後ろに並んでる人がいたら「プレッシャー」だもんね!」

「5個以下ならセルフ使うけど、それ以上ならセミセルフを選ぶかなー。バーコード探すのが意外と時間かかったりして、慣れてる店員さんにやっともらった方が少し並んだとしてもはるかに早い。」

セルフレジのほうが回転が遅いときがあるんですよ。使い分ける以外にセミセルフレジという選択肢もありですね。

おすすめの記事