鈴木雅之、世界各国でのカバーに大感激「40年歌ってきて、今がいちばん幸せかも」

デビュー40周年を迎えた歌手・鈴木雅之(63)。

国際放送NHKワールドJAPANおよびNHK総合で放送される音楽番組『SONGS OF TOKYO』に出演しました。

世界でブレイク

「ラブソングの帝王」と言われた鈴木は現在、「新人アニソン歌手」として世界でブレイク。

きっかけは、2019年1月期に放送されたアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のオープニングテーマ「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」を担当したこと。

すぐさま「アニソン界の大型新人」として大きな反響を呼び、アニソンフェス『Animelo Summer Live 2019』に出演するなどして熱狂を巻き起こしたのです。

2期も担当

その勢いに乗り、今年4月には前出アニメの第2期OPテーマ「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」をリリース。

ミュージックビデオは1800万再生を突破し、世界中のアニソンファンたちが「歌ってみた動画」を投稿し、反響を呼んでいるのです。

番組では、アメリカ、メキシコ、ブラジル、ノルウェー、ハンガリー、ポーランドなどで鈴木に「なりきって」歌っている世界各国のユーチューバーに取材。

鈴木のボーカルの魅力について熱く語る彼らに鈴木は大感激し、

「40年歌ってきて、今がいちばん幸せかもしれない」と喜びをかみしめています。

往年の名曲も

スタジオでは「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」のほか、

代表曲「め組のひと」も鈴木愛理、伊原六花とともに披露。

番組はNHKワールドJAPANでは20日深夜0時10分~、NHK総合では26日深夜0時5分~放送されました。

ネットの声

「3期も期待しています。」

「63歳で鈴木愛理と共演、羨ましさしかない。」

「リーダーは番長なのに、サリーちゃんの最終回みて泣いたんだぞ(笑)」

40年のキャリアというのに驚き…素顔を見せないので若く見えますね。

おすすめの記事