軽自動車のスズキのイメージを変えたスイフト

スズキを変えた立役者! スイフトは革命児だった。

スズキといえばダイハツと同様に軽自動車のイメージが強いはず。

ところが、昨今のスズキはそれを払拭するが如く普通車でも爆発的ヒットを飛ばし続けているのです。

そのキッカケとなったのは2代目スイフトで、その完成度たるや輸入車並み。

しかも安い! という革命的なクルマであったのです。

そこで、スズキが飛躍するキッカケとなった2代目スイフトを振り返ります。

軽自動車に毛が生えた程度のモノばかりだった90年代

スイフトの偉大さを紹介する前に、1990年代のスズキの普通車ラインアップを振り返って見ましょう。

今世界的に爆発的ヒット中のクロスオーバーSUVの先駆け的存在のエスクードなどは存在したものの、

それ以外は軽自動車の延長といった具合のモノばかりでした。

例えば、ワゴンRをベースに1Lエンジンを載せ、5人乗りに仕立てたワゴンR ワイドやKeiをベースにこれまた同じような手法で普通車に変身させた初代スイフトがその筆頭だったのです。

先にも述べた通り一部車種を除けば、そのほとんどが軽自動車の延長でしだ。

お世辞にもイイクルマだ! と言えるモノはほぼなかったと言っても過言ではないほど…。

当時ディーラーで新車販売をしていた人に聞くと「とにかく売るのが大変だった」と嘆くほどだったのです。

世界レベルに昇華! 生き残りをかけた勝負のクルマだった

そんなイメージであったスズキの普通車だったのですが、その常識を一蹴することとなります。

それこそが2代目スイフトで、コンパクトカーというカテゴリは変わらないものの、欧州市場を意識した世界戦略車として開発されたのです。

これまでの軽自動車の延長というモノではなく、プラットフォームやエンジンを新設計とするなど、かなり本気の内容となりました。

スズキといえば軽量化というイメージを持つ人が多いでしょう。

実は2代目スイフトによりそのイメージをさらに強めたモデルでもあるのです。

もちろん2代目スイフトの登場前から、スズキは軽量化には並々ならぬこだわりを持っていました。

しかし2代目スイフトは軽量化と共に、徹底して走りの良さをアピール。

それは一気に欧州車レベルにまで引き上げられた…と言っても過言ではないほどで、過去のスズキ普通車のイメージを払しょくすることに成功したのです。

その甲斐あって、スイフトは日本のみならず欧州、さらにはインドといった世界各国で絶大なる支持を集めることとなりました。

ソリオもスイフトのコンセンサスを引き継ぐ

ちなみに2代目スイフトの叡智は他のモデルにもキッチリ影響を与えているのは嬉しいポイント。

その筆頭は2代目ソリオで、背の高いモデルにも関わらず、素直なハンドリングと軽快な走りといったスイフトのイメージそのままに登場したからです。

もちろん現行ラインアップも全て、他のメーカーのライバル車と比較しても圧倒的な走りの良さと軽さが魅力で、今後登場するモデルたちにも注目したいところです。

ネットの声

「スイフトは2代目のスタイルが一番良い。でも、ワゴンRとかもそうだけど、成功に捕らわれず、どんどん新しいスタイルを提案していくメーカーの姿勢は評価する。」

「この世代のスイフトも、一番軽いモデルは1トン切っていた。(XGのMTモデル)
スイスポの注目度が高いけど、素のスイフトもとても良い。そして何より、安い。」

「二代目スイフトはデザインのイメチェンでスズキ登録車のイメージを変えたけど実際は初代HT51Sから走りの良さは変わってたと感じてます。開発したてのエンジンM13Aを搭載で「泣く子も黙る79万円」で出してその価格と性能でパトカー採用。950kgと軽量の割には剛性もしっかりあってスイフトスポーツなんて派生車も出てJWRCで活躍しスズキの世界戦略車としての基礎を作った隠れた名車。」

低価格に抑えているところに好感が持てます。高価格化の波に乗らないバイクもスズキらしいですね。

おすすめの記事