スズキの原付二種スクーターには、「ADDRESS(アドレス)」という強力なモデルが、排気量125ccと110ccの2本立てで存在します。

その上級モデルとして「SWISH(スウィッシュ)」があることを知っている人は少ないかも!?。

アドレスよりも快速

開発チーフエンジニアによると、先代「アドレスV125S」そして現行「アドレス125」と比較テストをしたときのことです。

発進で0.1秒、30km/h追い抜きで0.3秒タイムを短縮し、0→15m付近のダッシュは同等ながら、20m付近から両車を引き離し、中間加速でも上回ったと言います。

あの通勤快速「アドレス」新旧モデルより“快足”なのです。

ヘッドライトをLED化し、メーターもフル液晶デジタルとした上級モデルですが、車体はコンパクトで見るからにすばしっこそう。

足まわりは「アドレス125」がフロント12/リア10インチ、「アドレス110」が前後14インチとしているのに対し、「スウィッシュ」は「アドレスV125S」と同じ前後10インチ。

取り回しに優れ、身のこなしの軽さが際立ちます。

ただし、「アドレスV125S」は「高速域で不安定……」という声があったのも事実。

そこで「スウィッシュ」は、「アドレスV125S」で90/90-10だったフロントタイヤをリアタイヤと同じ100/90-10サイズとし、高い接地性を確保しました。

安定した走りを実現

リアにはアルミ製スイングアームと、不等間隔で巻かれたプログレッシブスプリングを持つツインショックを装備。

フロントフォークもアドレスより太く、インナーチューブ径33mmとし、安定した走りを実現しています。

乗ってすぐに感じるのは、大柄な「アドレス125」よりライディングポジションがコンパクト。

全体的に引き締まっている印象です。

体が大きくゆったりと乗りたいなら「アドレス125」、

「アドレスV125S」時代のような小さくまとまった感じを好むなら「スウィッシュ」というチョイスでいいかもしれません。

価格を見てみると

価格も大いに気になるところでしょう(以下、消費税10%込み)。

  • 「スウィッシュリミテッド」34万6500円
  • 「スウィッシュ」32万4500円
  • 「アドレス125フラットシート仕様」23万1000円
  • 「アドレス125」22万5500円
  • 「アドレス110」21万7800円

充実するスズキ原2スクーターのラインナップ。

低価格帯をアドレスが引き受け、上級版としてスウィッシュが存在していることが値段からもわかります。

ワンランク上の充実した装備内容も大きな魅力

装備内容もワンランク上といったところで、メーターは多機能で見やすいフル液晶ディスプレイにグレードアップ。

スズキスポーツ車から受け継ぐ縦2灯ヘッドライトはLED化されるだけでなく、LEDポジションランプも装備。

精悍なフロントマスクを演出しています。

リアコンビネーションランプもLED式で、エッジの効いたシャープなテールエンドとなりました。

買うなら最上級グレード

最上級仕様のリミテッドは、指先が冷えるのを防ぐナックルバイザーや5段階調節のできるグリップヒーター、お尻も暖かいシートヒーターを装備。

冬も快適です。

フロントのインナーラックやシート下のトランクも「アドレス125」より広く、フルフェイスヘルメット、プラスアルファの大容量を確保。

積載力の高さは大きなセールスポイントとなるでしょう。

さらにスマートフォン等を充電できるUSBソケットも装備しています。

スムーズに加速し、高回転まで力強いSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンは、WMTCモード値50.1km/Lという高い燃費性能を実現。

経済性に優れることは言うまでもありません。

排気量124ccの強制空冷4サイクル単気筒SOHC2バルブ、SEPエンジンを搭載

通勤など日常の足として最適な原付二種スクーターですが、ベーシックモデルではなく、

ひとつ上の質の高さも感じつつ移動を楽しみたい、

そんな向きのある大人に選んでいただきたい1台です。

ネットの声

「昔アドレスV125、今はスウィッシュ乗りです!このバイク売れていないですが、とても使い勝手が良いです。何より60キロまでの加速が良い。スクーターは出だしから60キロまでにもたつきがないのが最高。シート下は長ネギが入ります。長距離の場合はUSBからスマホを充電しながらナビにもできる。大型バイクの繋ぎとして買いましたが、もうこれ1台でいいやと思ってしまう。」

「自転車でも行ける距離の通勤に原チャ、休みの日は普2輪だけど、二段階右折や速度を考えると原2欲しいなぁと度々感じる。
スウィッシュは装備もいいし足元がフラットなのも魅力で前から見ているけど、これを買ってしまったら手軽すぎて休みの日もこれがメインになりそう。」

「駐輪場の関係で、現行アドレス125はでかい。スウィシュは小さいのでサイズがピッタリだけど値段が高い。
アドレスv125sを今現在の通勤の足にしている身としてはね。」

大きさを考えると、スウィッシュは旧アドレスの後継的なイメージです。

大ぶりになった新アドレスと比べて大きさで棲み分けしています。

スウィッシュのほうが高価なのが腑に落ちないのですが、上位グレードと考えると納得がいきますね。

おすすめの記事