非喫煙者は喫煙者の「タバコ吸っていい?」にいつも当惑してるよ…これホント!

「タバコ吸っていい?」に嘆く非喫煙者 本音は嫌でも「断ったらこっちが悪いみたい」

居酒屋や喫茶店で、喫煙者から「タバコを吸ってもいい?」と聞かれたことがある人はいるでしょうか。

喫煙者は非喫煙者が同席している時、こういって許可をとることがしばしばあるでしょう。

判断は相手に任せる…というわけだ。

しかしここで、嫌だと思った場合…みなさんは「NO」と言えるでしょうか。

断れない…

本当は「ダメ」と言いたいけれど、断れない――。

そんな人はどうやら多いようです。

2020年8月29日、女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」には、「タバコ吸っていい?の返事」というトピックがたっていました。

その内容は、以下の通り。

「私は吸わないのですが、吸う人にタバコ吸っていい?って聞かれるとイエスと答えるしかなくないですか?タバコ大嫌いなので本当は嫌です。皆さまはなんと答えますか?」

「その質問ずるいよね 断ったらこっちが悪いみたいな」

20年4月1日から改正健康増進法が施行され、屋内は原則禁煙に。多くの居酒屋などでは座席でタバコを吸うことは難しくなりました。

喫煙ブースの設置も進み分煙化が進んでいるという状況です。

ところが喫煙者と非喫煙者の間のトラブルは絶えなのですい。

20年4月にJタウンネットが配信した記事「隣人のベランダ喫煙増えた? テレワークめぐる『タバコ問題』に悩む人々の主張」内では、

タバコの臭いにストレスを感じる非喫煙者の声を取り上げています。

実際「全席喫煙」可能な飲食店は少なくありません。

JTの公式サイトには「既存店舗かつ客席面積100平方メートル以下かつ資本金5000万以下の店舗」などでは

「経過措置として、全席喫煙やエリア分煙等を継続することもできます」とあるのです。

飲みの席で、喫煙者が非喫煙者に許可を取る場面は容易に想像がつくでしょう。

断り方のアドバイスも

先のトピ主がたてたスレッドには「ごめん苦手なんだ」「気管が弱くて、、、って言う!」と断り方をアドバイスする声があがっています。

たしかに、同席した喫煙者が友人といった親しい間柄であれば言えるでしょう。

しかし、親戚や会社の上司だったらどうでしょうか。

「親戚のおっさんに聞かれたけど、断れない」

「その質問に断ってる人見たことないな。私も本音は嫌だけどいいよって言っちゃう」

「そう聞かれるといいよとしか言えなかったな。でも最近はほんとに吸う人が少なくなって、そういう場面がほんとになくなった」

「その質問ずるいよね 断ったらこっちが悪いみたいな」

喫煙者のみなさんは、「吸ってもいい?」と聞かれた非喫煙者の気持ちも考えてみるべきなのかもしれません。

おすすめの記事