タバコまだ吸いますか?10月から値上げでも吸い続ける理由

タバコ10月からまた値上げ 愛煙家に聞く「それでも吸い続ける理由」

10月1日から値上げ

タバコの価格が増税に伴い、2021年10月1日から値上がりします。

一方、市場調査サイト「ランク王」が9月23日に発表したアンケートによると、回答した喫煙者の約8割が10月以降もタバコを吸い続けるそう。

アンケートの対象は1000人。

36.1%が喫煙者で、そのうち51.2%が10月以降も「今まで通り吸い続ける」、32.7%が「吸う頻度を減らす」と答えています。

値上げが相次ぐ中でもタバコをやめない愛煙家が一定数いるということです。

「1000円超えたら」「病気になれば」

紙巻タバコや加熱式タバコを含め、JT(日本たばこ産業)は計223銘柄、「フィリップモリスジャパン」は計118銘柄、「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン」は計127銘柄と、各社は10月1日から値上げします。

JTの「セブンスター」の場合、現在の560円(税込・以下同)から改定後は600円となります。

J-CASTトレンドは、喫煙者6人に取材。

20代男性Aさんは、2013年からタバコを吸い始めました。

当時は410円の「キャスター・マイルド」を吸っていたそうです。

現在は「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・5」(540円)を吸っています。

10月からは580円ですが、引き続きこの銘柄を購入するそう。

パチンコ店や居酒屋といった喫煙スペースのある施設へ行くと、無性に吸いたくなると明かします。

喫煙者の友人とのコミュニーケーションにも便利なため、タバコを続けているそうです。

タバコの値段が「1000円を超えたらやめます」と男性。

あるいはパチンコ店・居酒屋・喫茶店が完全に禁煙化されるか、健康に影響を及ぼすか、いずれかが現実になれば禁煙すると話していました。

※※※※※

40代男性Bさんは1996年ごろに「マールボロ」を吸い始めました。

当時は250円だったそう。

現在は「マ-ルボロ・アイス・ブラスト・メガ・5・ボックス」(570円)をたしなんでいます。

10月からは600円ですが、喫煙は続けるそうです。

「(喫煙習慣は)やめようと思えばやめられる」とキッパリ。

考えごとや、リラックスしたい時に吸っているということです。

もしタバコを原因として病気になれば、「確実にやめる」とのことでした。

やめたいけどやめられない

50代男性Cさんは1984年からタバコを吸っています。

当時は「セブンスター」で、「200円くらいだった」。

現在は加熱式タバコ「glo(グロー)」を使い、

「ケント・ネオスティック・トゥルー・ベリー・ブースト」(480円、10月から500円)という銘柄を吸っています。「価格が700~800円になったら自然とやめると思います」

※※※※※

60代男性Dさんの場合、1983年に「セブンスター」がスタート。

当時は200円だったそうです。

現在は加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」で「ヒーツ フロスト グリーン」(500円・10月から530円)を吸っています。

日ごろから禁煙したいと考えており、今回の値上げを機にタバコを断とうと考えています。

ただ、「多分結局はやめられません」と少々弱気。

※※※※※

もうひとりの60代男性Eさん。

1973年にタバコを吸い始めました。

銘柄は「セブンスター」。

当時の価格は「確か100円」。

現在はDさんと同じく、「アイコス」を使って「ヒーツ フロスト グリーン」を愛飲しています。

加齢でアルコールに弱くなり、酒を飲まなくなったそうですが、タバコは「唯一の嗜好品として吸っています」。

今後何があっても「やめることはありません」と語っていました。

※※※※※

21年6月に禁煙を始めた20代女性Fさんにも話を聞きました。

2015年から「ピースライト」(当時は460円)で喫煙を開始、21年6月までは「ピース・スーパーライト・ボックス」(現行560円)を吸っていました。

将来子どもを持つことを検討しており、子の健康への影響を考えて禁煙したそうです。

ただ、今でもストレスを感じた時に数本吸ってしまうことがあるということです。



おすすめの記事