クルマの「タコメーター」いる? いらない? 装着される基準とユーザーの声は…。

タコメーターの針に注意して運転している人は、いまどのくらいいるのでしょうか。

MT車なら欲しい計器のひとつですが、どれくらい必要なものと認識されているのか、実際の装備状況も含めて見てみました。

タコメーターについて「必要ない」の声も

クルマの内装には、車両の状態をドライバーに伝えるためのメーター、そしてさまざまなインジケーターが備えられています。

メーターを見ると走行時の車速を伝えるスピードメーターのほか、ガソリン残量を表すフューエルゲージ(燃料系)などは必ずあるものです。

しかし、エンジン回転数を表すタコメーターは装備されているクルマとそうでないクルマがあり、とくに低価格帯のクルマだと見かけない印象です。

それでは、タコメーターは不要なものなのでしょうか

クルマのエンジンには最大トルク発生回転数、最高出力発生回転数、最高許容回転数(いわゆるレブリミット)があります。

そのため、タコメーターでエンジン回転数を確認することで、エンジンの能力を有効に活用させることができたり、

MT車の場合は適切なギアを選択して速く走らせることにも使われます。

また、特定の回転数で息つきや異音が発生するなどのエンジントラブル時の原因特定に役立つこともあります。

一方、クルマにあまり関心のないユーザーからは、

エンジン回転数を抑えることで「ガソリンを節約する目安のメーター」という程度の認識をされることもあるといいます。

装備されていない車種は

製造原価を徹底的に切り詰める軽自動車では、一部のスポーティーモデル以外にはMT仕様であってもタコメーターが装備されていないことも多いです。

例えば、現行モデルのスズキ「アルト」は、ベーシックなグレードではMT仕様でもタコメーターは装備されません。

また、軽トラックのスズキ「キャリイ」、ダイハツ「ハイゼット」、ホンダ「アクティ」も、現行モデルではタコメーターが装備されていていません。

装着状況についてスズキは、「『必要ない』という声も踏まえ、商品の特性とニーズに合わせて付けています」と回答しています。

また、ダイハツは「車両のイメージにもよるのですが、計器類をごちゃごちゃさせず、スピードメーターを大きくしたシンプルな構成にすることも多くあります」と回答。

一方、エンジンを駆動せずにEV走行ができるハイブリッド車も、タコメーターが装備されないことが多くあります。

ユーザーの意見は

タコメーターがないクルマについて、ユーザーはどう思っているのでしょうか。

普段からクルマに乗る一般ドライバーに話を聞きました。

「仕事で乗っている社用のライトバン(プロボックス)にタコメーターは装備していませんが、不自由なことはないです。プライベートで乗っているフィット(ガソリン仕様)には付いていますが、タコメーターが必要だと感じたことはないです」(20代・男性)

「家族で乗るクルマをヴォクシーに買い換えましたが、タコメーターは付いていません。以前乗っていたクルマには付いていましたが、エンジンをかけたときに針が動いたのを見た程度で、走行中に気にしたことはありませんでした」(30代・女性)

タコメーターの必要性を感じないという人が多いですが、なかには必要という声もありました。

「タコメーターは必要です。現在所有しているのはロードスターで、都心部を走っているだけなら不要かもしれませんが、箱根などにドライブにいくのが好きなので、そのときにエンジン回転数がわかるだけで気分が上がります」(50代・男性)

ネットの声

「車専門マスコミが「ドライバーの気持ちを盛り上げるアイテムとしてはまだ有効」なんて言い方するなんて考えられない。
タコメーターが必要と考えている人にとっては「気持ち」の問題ではないし、各種車関係マスコミがこぞって取り上げ推奨してるナンバー付き車輛でのサーキット走行会等ではオートマでもタコメーターは必要。
決して気持ちの問題ではない。」

「ないことといらないことは違うかな。
特に異常発生時とかは、異常であることを判別する指標として助かったことはある。
あとどのスピードでどの回転域でどうすればエコドライブになるかなど、個人的には結構見てる。
エンジンの回転数のレンジを広く使う人以外は基本的に「なくてもいい」という選択になるのかもね。
そういった部分まで気が向くか向かないか、運転の意識の高さという意味では違っているのかもしれないけど。
何も考えず 「いらないよ~」なんて言ってる車のそばには近寄りたくないね。。。」

「無頓着、無関心の人は壊れてから慌てる人。
アイドリング回転数がおかしかったり、何かしら前兆が分かる人やちゃんと気にしてる人ら、タコメーターが好きな人、必要な環境で使ってる人にとってはあったほうが良いんじゃないかな。
私は絶対に必要。」

かつてMTが全盛だった時代は、シフトアップのタイミングや、シフトダウンで回転数を上げすぎないようにするためタコメーターは重要なアイテムでした。

しかし、電子制御されたATやCVTが全盛の現在では、回転数によってエンジンが破損するようなことは無いので、タコメーターは必要ないといえるでしょう。

一方で、ドライバーの気持ちを盛り上げるアイテムとしてはまだ有効なのかもしれません。

特にバイク乗り(スクーター除く)にとっては必要ですよね。

おすすめの記事