電源が入っていない状態でも消費する電力のことを指す「待機電力」。

積み重なるとそれなりの出費となるため、 無駄に消費していないか一度住まいの電化製品を見直してみましょう。

そこで今回はテレビやパソコン、エアコンなどの身近なものを中心に、実際にかかっている電気代や節約するための注意点について解説します。

1. 待機電力とは?

待機電力とは電源を切っている状態でも消費する電力のこと。

家電メーカーのカタログには待機消費電力、待機時消費電力などと記載があります。

身近な家電ではテレビやエアコンなどに、待機電力がかかっています。

これらは全て稼働していない時でもごくわずかな電力を消費しているのです。

1ヶ月の電気代のうち5%程度が待機電力だと言われています。

毎月約10,000円の電気代がかかっている家庭なら、約500円の待機電力を消費している計算になります。

もちろんコンセントを抜いていれば待機電力を消費することはありません。

2. 待機電力の電気代の計算方法

テレビやエアコン、パソコンは身近な電化製品であるためコンセントを差しっぱなしにしていることも多く、その分待機電力がかかっています。

なかでもテレビやエアコンは全体の10%程度と高い割合を占めているため、これらを中心に待機電力にかかる電気代を解説します。

具体的な計算方法は以下のとおり。

電気代の計算方法

【消費電力÷1000×時間×契約プランの1kWhあたりの電力量料金×30日=1ヶ月の電気代】

上記が、1ヶ月あたりの待機電力にかかる電気代の計算方法です。

1kWhあたりの電力契約料金を30円と仮定、1日12時間の待機電力がかかった場合を比較してみましょう。

小数第二位は切り捨てです。

テレビ(待機電力0.3Wと仮定)

0.3W÷1000×12h×30円×30日=3.2円

エアコン(待機電力2.4Wと仮定)

2.4W÷1000×12h×30円×30日=25.9円

パソコン(待機電力2.3Wと仮定)

2.3W÷1000×12h×30円×30日=24.8円

最近の電化製品は省エネに配慮した造りとなっているのですが、それでもこれら3つを合計すると1ヶ月の待機電力には約50円の料金がかかっていることが分かります。

3. 電気代を節約するために待機電力を減らすコツ

一つひとつはごくわずかな電力消費量でも、ちりも積もればそれなりに出費がかさんでしまうのが待機電力です。

無駄に電力を消費していないか見直しをして効率的に電気代を節約しましょう。

使用頻度が低い電化製品のコンセントを抜く

長い期間使用しない電化製品や抜いても支障のないコンセントを抜いておくと、待機電力を減らすことができます。

待機電力が多い電化製品を優先的に節電したり、電源スイッチ付きのタップでオン・オフをこまめに切り替えたりなど工夫してみましょう。

省エネ性能が高い電化製品を使用する

近年の電化製品は、待機電力がなるべくかからないように設計されています。

買い換える際には、少々値段が張っても待機電力が少ない商品を購入した方が、結果的に節約できる場合もあります。

長期外出する際はコンセントを抜く

待機電力とは言い換えれば、すぐにでも起動できるようにスタンバイしている状態です。

旅行や帰省などで長期にわたって使わない時は、コンセントを抜くのも節約のひとつ。

ブレーカーを落とす方法もありますが、冷蔵庫の稼働も停止してしまうため注意が必要です。

4. 待機電力を削減するための注意点

待機電力はむやみに削減するとかえって生活が不便になることもある。4つの注意点を覚えておきましょう。

時計が狂う

コンセントを抜くと同時に、炊飯器やホームベーカリーなど電化製品が示す時計の時刻が狂ってしまうことがあります。

タイマーをセットしても予定時刻にできていないといった事態に陥る可能性も…。

テレビ番組の録画予約ができない

テレビやレコーダーのコンセントを抜いてしまうと、録画予約をしていたとしても自動で電源が立ち上がることはなく、視聴したい番組が録画できなくなります。

インターネットや IP電話が使えない

インターネット回線のルーターなどは、通常24時間電源が入ったままの状態にしている家庭が多いはず。

コンセントを抜いて電源を切ってしまうと待機電力のカットに繋がりますが、使うたびにコンセントを差す手間が発生します。

さらにIP電話対応ルーターの場合、コンセントを抜いているとIP電話の使用もできなくなるので注意しましょう。

エアコンが故障する原因となる

エアコンのコンプレッサー(圧縮機)は空調を効かせるための要ですが、いつでも稼働できるようにスタンバイの状態を保つ必要があるとされています。

これに一役買っているのが待機電力なのです。

コンセントを挿してすぐに使用すると負荷がかかって故障の原因となるため、8時間程度経ってから運転するようにしましょう。

待機電力とは電源を切っている状態でも消費する電力のこと。

1ヶ月の電気代のうち5%程度を占めるとされていて、こまめにオン・オフを切り替えることで節電が期待できます。

ただしエアコンのように待機電力を必要とするケースや、 極端な節約はかえって生活が不便になることも注意点として知っておきましょう。

自分たちの生活の質を落とさない範囲で上手に節電するのが理想です。

おすすめの記事