滞納していたら、本来はお金を借りることはできないはずですが…。

絶体絶命のピンチでも貸してくれるところがあるんです。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行や消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
どちらかといえば、金利の低い銀行からお金を借りるようにするといいでしょう。

しかし、銀行も審査基準が厳しくて、誰でもお金を気軽に借りるということはできません。
お金を借りるにしても、審査に通らなければいけないのですが、そのためには属性が高くなければいけないのです。

この属性というのは、誰にでも設定してあるもので、信用度や返済能力、さらにはお金の借りやすさの指標となるものです。
属性が高いと審査に通りやすく、すなわちお金を借りやすいということになりますが、属性が低いと審査に通りにくく、すなわちお金が借りにくいのです。
属性の高さは様々な項目で決まります。

その中でも、属性の高さを決定づける有力な項目があるのです。
それが雇用形態です。
雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の二つに大きく分けることができます。

正規雇用はいわゆる正社員のことで、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いことが分かるのですが、それは収入が高いとか低いといった問題だけではないのです。
雇用形態ですから、会社が雇用を保証しているかどうかが大切なのです。

具体的には、雇用契約を結んでいる期間が重要になります。
正規雇用の人は、入社時に会社と結ぶ雇用契約が懲戒処分などが無い限り、定年まで有効です。
ですから、長い人でしたら、40年以上の雇用契約となりその間、雇用が会社から保証されているのです。

日本では終身雇用が崩壊したといわれて久しいのですが、昔に比べてすぐに会社を辞めたり転職を繰り返す人が多くなったからです。
会社は、依然として終身雇用を行っていて、少子化による人手不足からその傾向はより強固になっています。
いっぽうの非正規雇用の人の雇用契約は、有期契約です。

その期間は、3ヵ月あるいは6ヵ月、または1年という短期間となっています。
雇用契約の期間は雇用が保証されているのは、正社員と同じなのですが、その期間に大きな差があるということです。
非正規雇用の場合、雇用契約の更新期間が近づいたら、その都度会社と新しく雇用契約を更新しなくてはいけません。

いつでも、会社のほうがその会社の状況や業績によって、更新しないという選択が取れます。
これが雇い止めと呼ばれているものです。
非正規雇用の人は、労働力の調整弁とも呼ばれていて、いつでも替えが効くということですね。

銀行の審査基準が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預金ということが大きいです。
大切な預かり金ですから、いつでも引き出しに応じなければいけません。
そのためにも貸し倒れに遭うわけにはいきませんから、審査基準を厳しくして融資を制限しているのです。

さらなるリスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。
それによって、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、申し込み者は銀行から審査を受けるのですが、保証会社の審査も受けなくてはいけません。
当然ですが保証会社の審査がNGだった場合は、審査落ちということになります。

保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が、銀行に対して返済不能となった場合、保証会社は残りの債務全額をカードローン利用者に代わって銀行に支払うのです。
その後で、改めて立て替えたお金を保証会社はカードローン利用者に請求します。

この時点ですでに債務整理に入っているので、保証会社は債権回収会社として、カードローン利用者(債務者)と任意整理の交渉を行うのです。
銀行は原資が戻ってきたのですから、ノーリスクと言えなくもないのですが、返済不能になった以降の返済利息という収益がなくなったのですから、銀行もまったくのノーリスクとは言えないのです。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンのデメリットとして、即日融資に対応していない点が挙げられます。
一頃は、メガバンクのカードローンを中心として、即日融資を大々的に宣伝していました。
それが確かに最近では、ぱったりとそういった即日融資の宣伝を見かけなくなったのです。


それは、銀行が審査段階で、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたことがあげられます。
不正融資を防止するための施策なのですが、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会します。
その照会情報を得るのが早くても翌日以降となるのです。

ですから、物理的に銀行カードローンの即日融資ができなくなったということです。
ですから、すぐにでもお金が必要なときは、銀行カードローンには頼ることができません。
そのときは、消費者金融会社のカードローンが頼りになるのです。

大手消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みにも対応しています。
そして、大手消費者金融会社は、メガバンクと提携しているところもあり、メガバンク行内に設置されている自動契約機を使って、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをすることができるのです。

そして、大手消費者金融会社の申し込み方法で最大の特徴が、全国に設置されている無人契約機なのです。
24時間365日稼働している優れもので、いつでも融資の申し込みができる心強い存在なのです。

即日融資にも対応していて、その日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されるので、それを持って最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
最近ではカードレスのサービスが始まっていて、スマホが必須条件となるのですが、ますます、大手消費者金融会社のカードローンの使い勝手が向上すると言ってもいいでしょう。

中小消費者金融会社と街金

大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちてしまうと、後は中小消費者金融会社と街金に頼るしかありません。
中小消費者金融会社となると、知名度は低いのですが、それぞれがさまざまな特色を出して貸金業を営んでいるのです。
中小消費者金融会社の中には業容が大きく、大手並にカードローンを取り扱っている中小消費者金融会社もあります。

そして、おまとめローンに特化した貸金業を営んでいる中小消費者金融会社もありますし、法人向け専門の貸金業者もあります。
審査基準も大手よりは低くなっているので、借りやすいのも特徴といっていいでしょう。
その分どうしても金利は高めになります。

また、中小消費者金融会社よりもさらに小規模な消費者金融会社が街金です。
馴染みのない貸金業者に思えるかもしれません。
地域に特化しているのでホームページも開設していない街金がほとんどで、その存在感の無さから、ヤミ金とまちがえる人もいるほどです。

審査基準は中小消費者金融会社よりも低く、街金で借りることができなかったら、後がないと思ってもしょうがないかもしれません。
審査基準が緩いのは緩いのですが、少額融資が基本なので10万円程度が相場となります。

ですから、たくさんのお金が必要な人には、向いていない貸金業者といえるでしょう。
消費者金融会社の中では、もっとも審査基準が緩くお金も借りやすいですから、最後に頼るべきは街金と考えてもいいでしょう。

滞納があるけど借りられる?

基本的に、滞納があるとお金を新規で借りることはできません
滞納しているということは、お金がなくて返済できないということです。
そういう人にお金を貸しても返済してもらえないと当然のように考えますし、もちろんお金を貸してくれるところはどこもないでしょう。

それでは、滞納していることがばれなければいいのでは?と思う人もいると思います。
確かにローンの申し込み書には、他社借り入れの欄はあって、滞納している金額という欄はありません。
ですから、嘘をつくわけではなく、黙っているということでお金を借りることはできないのかということです。

これは、信用情報機関に滞納している状況が記録され、それが公開されているので無理なのです。
融資の申し込みをするときに、信用情報機関に信用情報を照会します。
そのときに滞納していることがわかるので、無理ということですね。

それでも、滞納があっても借りることのできるケースがあるとしたら、独自審査を行っている、一部の中小消費者金融会社か街金です。
独自審査というのは、信用情報機関を通さない審査を行っている貸金業者です。
信用情報機関に照会しないので、滞納しているかどうかがわかりませんから、現在の属性で審査するしかありません。

審査方法は、電話による在籍確認と、収入が証明できる書類の提出です。
この2点がよければ、お金を借りることができるということです。
ですから、滞納云々というのは関係ないということになります。

もっとも、融資金額は少額融資となります。
相場は多くても10万円程度くらいでしょう。
もっとも、滞納しているというのは貸金業者ならわかるということです。

このあたりの仕組みはよくわからないのですが、そのための少額融資とも思われます。
いずれにしても、滞納していてもお金を借りたいというのでしたら、独自審査を行っている貸金業者がいいでしょう。

それでも、独自審査か信用情報機関を通す審査を行っているのかは、聞いても教えてくれないでしょう。
そのときは、ネットの口コミサイトなどで、ブラックでも借りることができたという情報などから、判断するしかありません。

どうしてもお金を借りたいとき

滞納しているとたいていは、貸金業者からお金を借りることはできません。
それでも、お金を借りたいとなるとどうしたらいいのでしょうか。
そのときは、ネットの個人間融資掲示板などを利用するといいでしょう。


個人間での貸し借りとなるので、信用情報機関などは関係ありません。
個人間での信頼関係だけとなります。

リスクが伴うと考える人も多いですが、それによって利益を出しているので、貸し出しをするほうも信用を大切にしています。
実績などを評価して融資の申し込みをするようにしましょう。

ネットの声

「ローンというものはもっと大変なものかとイメージしていましたが、対応も早くて便利で返済も楽で、アプリで借入や返済状況も簡単に管理できて返済計画もきちんと立てることができています。融資金額も下がらずに希望通りでした。」

「パート主婦です。主人に内緒で借入したくてアコムに申込みました。オペレーターさんの対応はとても良くサービスも期待していましたが残念ながら今回審査に落ちてしまいました。パートの収入が少なかったことが問題だったのでしょうか」

「うっかりしていた私も悪いのですが、延滞をしてしまった時の対応が悪かったのをよく覚えています。言葉づかいが悪いとかではなく、しつこい担当者にあたってしまったようで、不快になりました。どうしてもお金を借りなくちゃならなくなったという友人がいても、ちょっと勧めたくなくなります。延滞したこちらも悪いとは思いますが…」

延滞は弁解のしようがないのです。一歩間違えれば属性に傷がついてしまいかねません。

おすすめの記事