お金を借りることを考えたらやはり銀行から借りるのが一番でしょう。
銀行の他に消費者金融会社などのカードローンがありますが、世間体を考えると、銀行カードローンを利用しているというのと、消費者金融会社のカードローンを利用しているというのとでは、聞こえ方がずいぶんと変わるのは間違いありません。
これは言わずもがなですが、銀行カードローンを利用したほうがいいのは間違いないのです。

お金を借りるにはやっぱり銀行がいい

それでは、誰でも銀行カードローンが利用できるのかというとそうではありません。
というよりも半々といったほうがいいかもしれません。
銀行カードローンを利用できる人は、正社員が最低条件になるのは間違いありません。

ということはパートアルバイトの人は銀行カードローンは利用できないということになります。
また、派遣社員や契約社員は微妙なところですが、基本となるのは固定収入があるかどうかということになります。
これは安定した収入のある人という、銀行カードローンを借りる際の条件に合致しているかどうかということですね。

いずれにしても銀行などの金融会社のカードローンの審査は厳しくなるので、勤務形態が正社員が融資の条件となるのは間違いありません。
ですから、ブラック状態にある人は間違いなく銀行カードローンを利用することはできませんし、消費者金融会社でも中小消費者金融会社に頼るか、闇金くらいしか貸してくれるところはないでしょう。
金融ブラックとなった場合に気をつけたのは、闇金やソフト闇金といった非合法な貸金業者からお金を借りないことです。

銀行でお金を借りるのがベストなのですが、ブラック状態になっている人でしたら、借りることはできません。
実際にブラック状態になっているという人は、まず返済不能となって、未払いが発生することから始まります。
これは滞納あるいは延滞ということですね。

銀行カードローンの場合は相手が銀行ですが、未払いであるとか支払遅延という連絡は保証会社からくることが多いです。
消費者金融会社の場合は直接連絡があるのですが、いずれにしても昔のようなひどい取り立てがあることはありません。

支払いが苦しい場合

借金は雪だるま式に増えていくことが多いです。
これは大げさではなく本当のことです。
しっかりとした返済計画を立てていればいいのですが、最初はお金が面白いように簡単に借りることができるので、ある意味錯覚してしまうことがあるのです。

それは、いつでもお金を借りることができるということですね。
最初は属性もいいので銀行からもお金を簡単に借りることができるでしょう。
そして、勤続年数も上がってくると給料もあがります。

そうすると生活レベルも上がるので浪費癖のつく人はどんどんお金が必要になるのです。
そして分不相応にお金を使うようになると、そこから借金が増えていってしまうのです。
そうなると銀行からお金を新しく借りることができなくなります。

ここで、自制してお金を借りるのではなく返済に集中する人と、さらに借りやすい消費者金融業者からお金を借りるという二つのパターンに行動がわかれます。
返済に集中する人は、生活レベルを落としてでも借金の返済に注力することでしょう。
しかし、生活レベルを保ったままさらに浪費を続ける人は、そこからさらに借金を繰り返してしまうのです。

そうなると、わかりきったことですが、借金の返済がくるしくなってきます。
そうなると滞納であるとか延滞といった事態に陥るのです。
最初は、口座にお金を入れておくことを忘れたうっかりミスであったかもしれません。

あるいは十分に返済する金額を用意できなかったのかもしれません。
事情はどうあれ、約定日に返済できなかったのは間違いありませんから、それは重大な契約違反ということになります。
それでも、すぐに返済をする場合でしたら、それほど大きな問題にはならないでしょう。

あるいは返済できそうもないということで、あらかじめ銀行や消費者金融会社に連絡を入れておくと猶予してくれる場合もありますし、事前連絡というのはかなり心証が良くなります。
銀行や消費者金融会社は、利用者の返済能力と返済する意思があるのかどうかをかなり重要視します。
そういった面からも、返済できそうもない、お金の準備が遅れるといったときは早めに電話連絡を入れることで、事態の悪化を防ぐことができるのです。

支払いができずにそのままにしているとどうなる?

約定日に支払いできない場合、つまり引き落としができない場合は数日後には銀行カードローンも消費者金融会社のカードローンも通知がきます。
これは電話ではなく最初は封書での連絡となります。
内容は際引き落とし日の通知あるいは、振込先の連絡です。

最初の指示でお金を工面しておけばたいていは事なきを得る場合が多いのですが、滞納をしたという事実は信用情報機関に記録されます。
また、引き落としができなくなった時点でローンカードの効力がなくなるので、新たにローンカードを使っての借入れができなくなります。
一口に滞納といってもすぐに返済をしても、記録として残ってしまうので、その記録が残っている間は、銀行でも消費者金融会社でも新たな融資の申し込みをしても審査落ちしてしまうケースが多くなってしまいます。

また、まったくの返済不能となると、銀行の保証会社、さらには消費者金融会社が簡易裁判所に調停を申し込むことになります。
バブルの頃もこういったシステムがありましたが、お金の回収までに時間がかかるので、特に消費者金融会社はサラ金と呼ばれていた時代で、取り立てがかなり厳しかったのです。
催促の電話はしょっちゅうかかってきますし、家にまで取り立て人がやってきます。

そういった行動が高じて夜逃げがあったり一家心中といった悲惨な事件も後を絶たなかったのです。
現在は法律が整備されてそのような厳しいとりたては、法律で厳重に規制されています。
ですから、利用者も厳しい取り立てを受けることはなくなったのですが債務が帳消しになるわけではありません。

むしろ、債権者側は滞納した場合それが複数回にもなった場合はすぐにでも簡易裁判所に調停依頼をします。
ですから、滞納数回で連絡もしなければすぐにでも債務整理ということになってしまうのです。
そこで、滞納するよりは無理にでも返済したほうがいいということになって、中には闇金業者からお金を借りてまで返済しようとする人もいるのです。

ですから、銀行や消費者金融会社などの金融機関ならまだいいのですが、闇金からお金を借りることは絶対にないようにしましょう。
法律の外にいる闇金ですから、厳しい取り立ても平気でしてきますし、上限金利なども守りません。
ですから、返済が厳しいからといっても闇金からお金を借りるのは、絶対にしてはいけないということを覚えておきたいところです。

滞納したけどお金を借りることはできる?

滞納をしたけどお金を借りることはできるのでしょうか。
まず大切なことは、滞納がどういった状態かということです。

うっかりして滞納した場合でしたら、返済能力はあるということですから、速やかに銀行あるいは消費者金融会社に連絡して返済のって続きをするようにしましょう。
再引き落としか銀行振込みで対応できるはずです。
また、うっかりミスではなく単純に返済するお金を用意することができなかった場合です。

カードローンの利用可能額に余裕があるようでしたら、その枠を利用して新たにキャッシングして返済に充てるという方法があります。
してはいけない対処方法なのですが、これも滞納するよりはましとわりきって考えなくてはいけません。
返済するお金をどうしても工面できないからといって闇金融などの金融業者からお金を借りるのはやめましょう。

滞納が続いていると、返済のために新たな借入れができないことでしょう。
どうしたら借りることができるのかというと、滞納が続いている場合は、銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通ることはないでしょう。

同じように消費者金融会社でも大手消費者金融会社も審査に通る可能性はゼロに近いです。
それでは中小消費者金融会社ではどうでしょうか。
これは貸してくれるところもあれば、貸してくれないところもあるという答えになります。

金融事故を起こしている場合は、貸してくれないところが多くなるのですが、中には貸してくれる中小消費者金融会社もあります。
そのとき救いの手をさしのべてくれる業者は嬉しいのですが、中にはソフト闇金業者もいるので気をつけましょう。
ソフトと名が付いていることから、優しい闇金業者を想像するかもしれませんが、金利などが他の闇金ほどべらぼうに高く設定しているわけではありません。

それでも闇金は闇金でアウトローな貸金業者ですから、そのような貸金業者からお金を借りることは慎んだ方がいいでしょう。

中小消費者金融業者と街金

消費者金融会社には大きくわけて3つの貸金業者に別れます。
一つはアコムやプロミスなどに代表される、大手消費者金融会社、さらに、大手ほどではない消費者金融会社である中小消費者金融会社、さらには小規模な消費者金融会社を街金と呼んでいます。
カードローンなどの延滞が続いていると、延滞遅延金も支払わなくてはいけません。

何もかもチャラにしたいのでしたら、自己破産の手続きを取ればいいのですが、これは後で修復しがたいダメージを背負うことになります。
ですから、債務整理の道を選んだほうが格段にいいでしょう。
もっとも、債務整理でも自己破産でもブラックはブラックです。

それぞれ、借金を帳消しにしてもらって、ゼロからの再スタートをするか、返済の意思はあるので、金利などを低くしてもらい、返済しやすいような仕組みを作って今度はしっかりと無理なく返済できるようにしてくれるのです。
そのようなこともあるのですが、滞納した場合で、まだまだブラック認定されていないときは、街金などからお金を借りて返済に充てる方法があります。
街金では滞納した属性が低くなった人でもお金を貸してくれることが多いです。

その分借りる方からしたら,この会社からは絶対に滞納しないと心に誓えるのですね。

おすすめの記事