台湾の人は日本が好き!ここがうらやましいんだって!

台湾といえば「親日」という印象を持つ人も少なくありません。

それでは、具体的に台湾の人々は日本のどのようなところに良さを感じているのでしょうか。

台湾メディア・NOWnewsは5月24日、「日本の一番うらやましいところはどこ?台湾人の本当の答えが明らかに:台湾より100倍すごい」と題する記事を掲載。

台湾のネット掲示板PTT WomenTalkに投稿された「日本のうらやましいところ」が話題になっているというのです。

街がキレイ

投稿したネットユーザーは、「私は牛乳が大好きなのだけど、日本の牛乳は本当にすごく安い。スーパーならコーラが1本100円、牛乳はだいたい200円ぐらい。それから、ハーゲンダッツのアイスもすごく安くて200円ちょっとで買える」とつづり、

「他に(日本が)うらやましいところはある?」と尋ねています。

この投稿には多くのユーザーから反響があったといい、最も多く寄せられたのが街の景観(の良さ)を挙げる声。

「車が少ない」「道路が清潔」「街とか、海の水がすごくきれい」「台湾よりも100倍キレイ」などの声が上がったそうです。

国民気質なども

他にも、

  • 「国民の素養」
  • 「国際的な地位」
  • 「公共交通機関が整備されていて、車がなくてもどこにでも観光に行ける」
  • 「アニメが好きなのだけど、グッズが手に入りやすい」「タワーレコードにはCDが何でもそろっていてすごくうらやましい」
  • 「中古品市場が発展しているところ」
  • 「書籍のバラエティーが豊かなところ。装丁も美しい。古本屋の本の多くが状態が良く、値段も安い」

といった声が寄せられたそうです。

ビジネスマンと国旗

日本に行きたいという人も

日本は台湾人の人気観光地で、2019年は前年比2.8%増の延べ489万600人が日本を訪れました(日本政府観光局発表)。

また、電通の「ジャパンブランド調査2019」では、「(1年以内に日本に行く)予定がある」「日程は決まっていないが、いつか行きたい」と答えた台湾人は91.0%に上っています。

ネットの反応

「台湾には日本人の忘れた良きものまでたくさん残っています。有名な観光地だけでなくこういうスポット巡りをすると台湾の良さをしみじみと感じますよ。これからも大切な友人で隣人で家族でいたいと感じます」

「どこぞの国のような『正しい歴史認識』ではなく、脚色の無い歴史が台湾の基礎に有るから日本に対しても悪かった事や良かった事がそのまま歪められずに後世に伝わって今の台湾の対日感情があるのだと思う。日本人だって全て善良な訳ではない、でも歪められずに歴史になった過去を大切にしてくれて居る事を聞くと心が暖かくなります。台湾の皆様、ありがとう!」

「これほど好いてくれるのはうれしいけど、日本てそこまでいい国なのかな」

他の国々を巡ると日本の良さを再認識します。

日本で当たり前のことが海外ではなんと少ないことか。

おすすめの記事