石橋貴明、“20年ぶりNHK生出演”に怒りの声が上がったワケ!

とんねるずの石橋貴明が8月30日、NHKの「サンデースポーツ2020」に生出演しました。

石橋がNHKに生出演するのは、2000年の大みそかの「紅白歌合戦」以来、実に20年ぶりとあって大きな話題と」なっています。

YouTubeで復活のタカさん

石橋は6月にYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を開設。

レギュラー番組が続々と休止に追い込まれ、一時は芸能界引退説まで流れていたのですが、

起死回生のYouTuberデビューがみごと大成功し息を吹き返しつつあるのです。

そんな中でのまさかのNHK出演に、ファンからはテレビ局の“手のひら返し”に怒りの声が上がっています。

手のひら返しに批判

ネット上では

「そもそも貴さん外しをしたのはテレビ局のくせに、YouTubeで人気になったらオファーって都合良すぎ」
「もともと貴さんのスポーツ愛はみんなが知っていたこと。不人気コンテンツだからとスルーしていたのが今のテレビ界だよ。今さら何やってんだか」
「とんねるずのスポーツ絡みの番組も激減したからね。もうオワコンだと思ってたんだろう。最初から熱烈ファン向けにすればよかったんだけど、それだとスポンサーが首を縦に振らないんだと思う」

などといった意味の声が寄せられています。

タレントはYouTubeもうまい

「お笑いタレントの江頭2:50がYouTuberとして大人気になったように、今やYouTubeで息を吹き返すタレントが続出しています。地上波の制作側にとっては人気上昇してきたところをうまく起用すれば、企画で頭を悩ます必要もなくなります。今後は、同じようなパターンで登場するYouTuberタレントが続出しそうですね」(芸能記者)

もともとはプロのタレントなだけに、得意分野に能力を集中させれば、にわかYouTuberを一蹴することなどたやすいのも事実。

今後も、小手先でオイシイとこ取りする先行き不透明なテレビ業界から、YouTubeに活動の場を移すタレントやテレビマンが増えそう…。

ネットの声

別に怒りの声というのはありませんでした。普通に場に溶け込んでいたタカさんはやっぱりすごい!

おすすめの記事