日本相撲協会は26日、都内の両国国技館で理事会を開きました。付け人に対し2度にわたる暴行問題を起こした十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=に対して自主引退を促す決議をしたのです。
これは、事実上の引退勧告で、同意しない場合は臨時理事会で最も重い「解雇」を含めた懲戒処分を決定するとのことです。

相撲協会の温情

履歴に傷が付く懲戒処分を回避したことについて、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「(貴ノ富士は)まだ若い。理事会として温情」と説明しています。


引退ということなら退職金を受け取ることができ、さらには引退相撲も可能となるのです。

いっぽうで、理事会に呼ばれ、直接「引退勧告」を言い渡された貴ノ富士は「考えます」と返答を先延ばしにしたのです。

どういった事件だった?

相撲協会発表によると、暴行は8月31日に発生しました。

付け人があいさつをせず、関取である自分より先に風呂に入ったことに立腹。

自身が風呂から上がった際、新弟子の額を、右手の握り拳で1回殴打し、「先に風呂に入って、“お先ごっつぁんです”もないのか」などと叱ったということです。

付け人は額にはコブができ、数日間痛みが残ったということです。

いっぽう、貴ノ富士がスポーツ庁に提出した文書では「頭(額の横)をげんこつでこつんと叩いた。(相手に)ケガはない」と主張していて、双方の言い分に食い違う部分があります。

この事案以外にも新弟子4人に対し、日常的に差別的発言な暴言があったのです。

名古屋場所中、物覚えの悪い新弟子を「ニワトリ」、「ヒヨコ」、「地鶏」と命名。

「おい、ニワトリ」と声をかけると「はい」と返事をする新弟子に対して、「はいじゃない。コケと言え」と強要したというのです。

「あまりにも悪質」と芝田山部長も語気を強めています。

貴ノ富士は、結論保留のため今後も部屋での謹慎は継続するとのことです。

そのような中で、貴ノ富士は27日、文科省で会見を予定します。

謹慎中の身で異議を申し立てれば協会と対立するのは必至です。

今後、裁判を含め泥沼化する恐れもあるということですから、貴ノ富士は徹底抗戦の構えとみていいでしょう。

これからどうなる?

貴ノ富士に自主引退を促す決議を下した相撲協会は、コンプライアンス委員会が調査した事案の概要を公表しました。


暴力に加え新弟子に対しての悪質な暴言、強要も発覚したのです。

貴ノ富士の代理人弁護士は同日「懲戒解雇を視野に入れた厳罰で社会的に不相当」とし、法廷闘争も辞さない声明を出しています

代理人弁護士の言い分は以下の通りです。

協会が事実上の引退勧告を出したことについて、「貴ノ富士関に対する懲戒処分について」と題した声明を発表しました。

「再発防止策の検討もないまま下されたもので、協会の社会的立場を軽視しており遺憾。懲戒解雇を視野に入れた厳罰であり、暴行の態様を踏まえると、社会的に不相当。今後は法的視点から不当性を訴えてまいります」

と対決姿勢を見せたのです。

24日に協会へ寛大な処分を求める要望書、25日には適切な措置を求める上申書をスポーツ庁に提出しています。

上申書によると、貴ノ富士の暴力は「頭をゲンコツでこつんとたたいた」とし、協会のコンプライアンス委員会が公表した調査内容「右手の手拳で額を1回殴打」とは表現が食い違っているのです。

現在も貴ノ富士は謹慎中ですが、27日には代理人弁護士同席の記者会見を予定しています。

師匠・千賀ノ浦親方は弟子に会見の中止を促しているということです。

ネットの声

「被害者と加害者の意見が食い違うのは当たり前。やられた側は痛いに決まってる。昔はそれでも良かったかもしれないが、今はそれはアウトだよ。さらに再犯だしね。」

「周囲で何人も暴力行為で角界から去ったのをみていながら、自身二度目の事件。自覚も反省もない。支援、応援する人はほとんどいない。暴力行為の程度が軽いゲンコツだろうが殴打だろうが、行為そのものと理解できないなら、三度目もやらかすよ。」

「貴乃富士は自分が悪い事をしたことは理解していると思う。引退の覚悟もあると思う。あくまでここからは推測だが、角界の中に他にも不特定多数の同じ暴力を振るっている人間がいるからだと思う。
その中で何故自分一人だけが引退させられるのかに納得いっていないと思う。
今相撲協会にいる親方衆も力士時代に、暴力を振るったり、振るわれたりしながら今のポジションにいる人達なんだから、彼らからの引退勧告にも説得力がないと思う。」

これからどうなっていくのでしょうか。要注目ですね。

おすすめの記事