お笑いタレントのカンニング竹山(48)が11月1日放送のTBS「A-Studio」(金曜後11・00)に出演しました。

その中で、2006年12月に急性リンパ性白血病で他界した中島忠幸さん(享年35)との生活を振り返ったのです。

同級生コンビだった

最近、カンニング竹山を知った人は、元々コンビで活躍していたということを知らないかもしれません。

元々は、カンニングというお笑いコンビでした。

その相方が中島忠幸さんだったのです。


竹山は「カンニング」結成前、同級生と「ター坊ケン坊」というコンビで活動していました。

のちに相方となる中島さんとも小学校からの同級生だたのですが、その頃、中島さんは地元福岡の料亭で板前修業中だったのです。

竹山は19歳の頃、相方を置いて福岡から逃亡します。

東京へ向かったのです。

その後、東京で1年ほどバイト生活を送っていた竹山。

ある晩、西荻窪の定食屋に行くと、中島さんが偶然ビールを飲んでいたのです。

聞くと、中島さんも修行先で先輩を殴って飛び出してたまたまた東京に来ていたというのです。

その後、竹山は

「行くところもないから、東京でコイツ(中島さん)と半年ぐらい東京を満喫して…。『なかやん、お笑いしたいんだけど、やらん?』って言ったら『やろうかな』って…」

1992年に中島さんとコンビを結成します。

ネタは竹山が考え、板前修業の前にアイドルの親衛隊をやっていたという中島さんが営業面を担当したのです。

「中山が『じゃあ、オーディションだな』って言い出して、親衛隊の時の経験があるから、プロダクションとかにえらい知り合いいるんです。コイツがガンガン電話して、『お前はネタだけ考えろ、俺は裏やるから』って。それがカンニングの始まりです」

と懐かしんでいます。

中島さんに病魔が…

テレビ、イベントに引っ張りだことなり、売れっ子になった2004年12月

中島さんに病気が発覚し、入院することになりました。

当時について

「テレビの仕事をめちゃくちゃなスケジュールでやってて、1日2時間とかの睡眠。僕と中島とマネジャーと3人で働いてて…」

と回顧しています。

「あるロケの時にロケバスに乗って、3人で寝ていて、呼ばれても中島が起きなくて、『ちょっとしんどいわ!』って。『風邪やろ』ってことで病院に行ったら『風邪や!』って言われて。(その後も)休めないから無理して働いていて、でも、『やっぱりしんどいから、風邪じゃないんじゃないか』って大学病院に行ったら『白血病です』って…」

と経緯を説明したのです。

「ちょうど大阪のさんま師匠の番組に出る日で、東京駅にいる時にマネジャーから電話が来て…」

と相方の病気を知らされた瞬間を振り返り、

「とりあえず、1人で行って、(番組にも)1人で出て、そこから闘病ですね。2年ぐらい闘病しましたけどね。最後の方は治るって(病院を)出て来たりしたんです。『ここからだな』って(話していた)。今はかなりの確率で治りますけど」

と悔やんだのです。

多額の借金と「カンニング」の名前の由来

竹山は売れない若手時代、多額の借金を抱え、母親に借金の身代わりになってもらうなど、家族に迷惑をかけていました。

当時のことを振り返って

「母親は自分からの電話が掛かってきただけで倒れそうになっていて、妹からは『(竹山から)電話がかかってくるだけで母親がおかしくなるから電話しないでほしい』と言われました」

と語っています。


コンビ名を決めるとき中島が、

『「次は“カンニング”です」と呼ばれ、舞台で観客から歓声を浴びる夢を見た』

と話したことがきっかけで決まったそうです。

その約10年後に、人気が出た2人は、学祭や市民会館のイベントに呼ばれ、まさに中島の夢と同じ状況になったというのですから不思議な話ですね。

竹山はその時、舞台上で中島から「これだ。夢で見たの」と言われたこと明かしています

ネットの反応

「いじられてるときのキレ芸がうそみたいに、ラジオだと普通の人。素人との距離感接し方もとてもしっかりしてる。ただ怒ってる人ではなく、芸なんだろうなーと感心する。つまんないことも多いけどw相方亡くなった時はショックだったな。」

「治療中に中島が競馬をずっとやってて俺よりも稼いで競馬で新車を買ってたという話は面白かった。ドナーの方が風邪を引いてしまい治療が出来なくなって中島も体調を崩すという事が重なって亡くなったのは残念。」

「干されてもおかしくない事結構有った。スッゲー面白いと思った事もあんまない。でも残ってるってことはやっぱり真面目で
根は優しい人なんだと思う。舞台で歓声を浴びるっていうのは、芸能界で売れるという事。それが中島の夢だったなら、竹山は頑張るよね。自分の為というより、「カンニング」がいつまでも芸能界で活躍することがこの人のモチベーションなのかあ。」

コメント力は秀逸!ピン芸人でもしっかりとやってますよ。

おすすめの記事