「多機能トイレしか使えない人がいます」あなたは知っていますか?

利用者の9割が”待たされている”現実があります。

駅や商業施設などにある「多機能トイレ」。

この多機能トイレを、本来の目的以外で利用する人がいるために、このトイレしか利用できない人たちが、扉の前で「待たされている」現実があるのです。

国土交通省は「一般のトイレを利用できる人が、多機能トイレを長時間利用することは控えましょう」と呼びかけています。

羽田空港の多機能トイレ

そもそも、多機能トイレとは、車椅子を使う人、人工肛門や人工膀胱を使用する人、乳幼児連れの人などが利用するための設備など、様々な機能が備わっているトイレです。

車椅子を使う人は広いスペースや手すりが必要で、また介助のためのベッド、人工肛門などをケアする設備が必要な人々もいます。

乳幼児連れの人は、ベビーカーで入れる広さ、そしてオムツ替えのためのオムツ替えシートや着せ替え台などがいります。

「多機能トイレしか利用できない人たち」がいるにも関わらず、多機能トイレを必要としない人が、着替えや休憩などに利用し、本当に必要な人が待たされたり、利用できない場合もあるのです。

9割以上が「多機能トイレで待たされた」経験

国土交通省の調査によると、多機能トイレ利用で、車椅子利用者のうち52%が「待たされたことがよくある」とし、42%が「たまにある」と回答。合計すると待たされた経験がある人は9割を超えます。

また、オムツ替えシートが開いたままになっており、車椅子利用者が自分で閉じることができないと、利用できないこともあるといいます。

この投稿をInstagramで見る

 

外出での介助にて。 毎度のことですが車いす(優先)トイレのバリアフリーチェックをします🚾 ・ 📸1枚目 便座よりやや後方にトイレットペーパーが設置されてあるため、利用者さん手が届きません。真横か斜め前にしてほしいです。それと以前は置いてなかったゴミ箱があり、車いすから便座へ移乗するとき私(介助者)のスペースが狭くなってしまいました。 手すりの真上に手洗い場があるのは何故でしょう? そこに設置されると手すりがびしょ濡れで衛生面から触ることができません💦 欲を言えば背もたれも付けてほしいところ。その方が体幹が安定します。 ・ 📸2枚目 オムツ交換台がそのままの状態です。入口付近に設置されてある場合は中に入ることができません。持ち上げられる人もいますが、そうでない方は近くの人に持ち上げてもらうか、係員を呼ぶというワンアクションが必要になってきます📣 ・ 📸3枚目 オムツ交換が終わりましたら、このように元の状態にたたんでもらえると後から入る車いすユーザーの方にとって助かります。お互いスムーズな排泄を心がけましょう😊 ・ 📸4枚目 洗面台の鏡に注目。下方へ斜めになっています。これは車いすユーザーの方が自分を見れるように工夫されてあるものです。ただ、この送風機の位置だと手が届かないので誰の手を乾かしたいのか分かりません。この辺りもう少し事前に検証してから設計してほしいです🤲 ・ ●まとめ 来年の東京パラリンピックに向けて新しい施設ができて見に行っても完全なバリアフリー仕様はされておらず、やはり当事者抜きでデザインされているんだなぁという印象です。これではどこに何を作っても同じですね。 パラアスリートの応援は、実はこういったバリアフリー環境の配慮にもあるのではないかと思います。 頑張れニッポン! #トイレ #車椅子トイレ #優先トイレ #多機能トイレ #オムツ交換台 #toilet #便座 #手すり #鏡 #バリアフリー #設計 #デザイン #改善 #パラリンピック #応援 #配慮 #脳性麻痺 #介護福祉士 #現状

掘河洋平 Seckie(@yohei_horikawa)がシェアした投稿 -

多機能トイレの役割「知って」

国土交通省は2019年、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、多機能トイレについて広く知ってもらうための啓発キャンペーンも実施していました。

多機能トイレにある設備には、どういった機能があるのか、みていきましょう。

まず、車椅子利用者は便器に移動するために支えが必要なため、便器の周辺に手すりがついています。車椅子が回転できるように広いスペースも必要です。

乳幼児のオムツ替え用のシートもありますが、それとは違い大きなベッドがあることも。それは、大人用の介護ベッドです。

ハンドシャワーの流し台も

多機能トイレには、ハンドシャワーがついた流し台のようなものもあります。

それは、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)を使用する人「オストメイト」用の設備です。

ストーマとは、手術などで肛門や膀胱が使えなくなった人が、腹壁に人工的に作る排泄口です。

人工肛門には筋肉がなく、排泄物を自分のタイミングで出すことができないために、出てくる排泄物を溜める「パウチ」と呼ばれる専用の袋を付けます。

普通のトイレではパウチ内を処理しにくいため、オストメイト対応トイレがあるのです。

国土交通省は多機能トイレ利用について、このように呼びかけています。

「一般トイレを利用できる方が、多機能トイレを長時間利用することにより、真に設備や機能を必要とする方が利用できないことがあるなどお困りの声が寄せられています」

「多機能トイレの設備や機能を真に必要な方が必要な時に利用できるよう、思いやりの心を持ってトイレを利用しましょう」

ネットの声

「多機能トイレが必要な方の場合、健常者ほど時間に猶予がないうえに、用を足すまでにも困難が多いです。自分が万が一外出先で間に合わなかったら、と想像すれば、自分より必要な方のために、と考えるものではないでしょうか。万が一汚したりすれば替えを調達するにも着替えるのにも健常者よりもずっとハードルが高いのですから。」

「車椅子利用です。
外出先の多機能トイレで、すぐ入れたことはほとんどありません。やっと空いて、入ろうとしたら、清掃の人が掃除をしに来たタイミングと重なってしまい、露骨に嫌な顔をされたこともあります。頻尿だし、尿意を感じてから出るまでの時間が短いので、トイレはいつも心配で、水分摂取を控えたりしてしまいます。トイレに入ってからも、ズボンを下ろしたりするだけでも、時間がかかるので、待ち時間は本当に少なくしてほしいです。」

「多機能トイレしか使えない人がいるのはバリアフリーだなんだと周知されてきて、理解してもらえてると思う。だから多機能トイレが空いていても使わずに普通の女子トイレに並んでくれる人がいるわけで。もしかしたらストーマが剥がれかけて排泄物が漏れて急いでいたとか、自己導尿が必要な方がすぐにトイレに行ける状況になくて少し時間が過ぎてしまって急いで多機能トイレを使いたかったのかもしれない。車椅子の友人は、特別にして欲しいなんて1mmも思ってない。むしろハンデがあってもできるだけ自分でやるって頑張ってるよ。差別された経験も悔しい思いも乗り越えて、すごいなって心底思う。確かにハンディキャップを盾に嫌な態度の人もいるけど。ちょっとした気遣いや声かけ、お手伝いがハンデのある人もない人にも生活しやすい環境を作ってくれる。
《心のバリアフリー》みんなに知ってもらいたいです。」

着替えに利用する人もいます。

多機能トイレに問題意識を持っていた人も多く、今回はかなり議論されていますね。

おすすめの記事