吊り下げ式簡易宅配ボックス「OKIPPA(オキッパ)」を提供しているYper(イーパー)が1月20日~2月16日に宅配による荷物の受け取り状況の調査しました。

その調査結果によると、再配達が7割以上削減したのです。

調査対象は大阪府八尾市のOKIPPAを無償配布した724世帯です。

再配達が減少する結果に

再配達となった割合は期間全体で平均12.57%。

全国平均の16%を大きく下回り、7割以上の再配達を削減したということです。

週を追うごとにOKIPPAの活用率が上がり、再配達率が低下するという結果になりました。

実証実験を知ったきっかけについて聞いたところ、約6割の参加者が「市政だより」で知ったと回答。

本実験は八尾市の協力の下で実施し、八尾市から実証実験やOKIPPAの使用法について周知が行われました。

自治体からの周知が再配達減少につながる結果となったのです。

一方で再配達となったのは…

OKIPPAで受け取れず再配達となった主な理由は下記の通りです。

  • OKIPPAに入らないサイズの荷物だった
  • 内容物が生ものなどだった
  • すでにOKIPPAに荷物が入っていた
  • 代引、着払い、本人確認必要荷物など、本人確認が必要な荷物だった
  • 家電品なので配達員が念のため手渡しを希望した
  • OKIPPAへの預け入れ希望を伝えていなかった

Amazon「置き配指定サービス」を30都道府県に拡大

アマゾンは注文時の配送オプションである「置き配指定サービス」を30都道府県(一部地域を除く)にて配送方法の初期設定として提供開始しました。

配送方法について顧客の指定がない場合、在宅でも留守でも玄関に商品を届けるというものです。

dav

置き配を希望しない場合は注文画面での操作により、対面での受け取りが選択できます。

再配達を減らすことで顧客の煩わしさを解消するほか、配送ドライバーの負担軽減やCO2などの排出削減による環境負荷の軽減にも役立つと期待しているということです。

置き配は発送通知メールに「発送業者:Amazon」と表示されている場合に利用可能。

置き配場所は「玄関」を初期設定とし、そのほか「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」のいずれかが選択できます。
(配送担当者が指定配達場所に入れない、場所を特定・使用できない、配達場所が安全でない場合など、置き配指定サービスを利用できない場合もあります)

置き配指定サービス標準とした配送の実証実験は2019年11月に岐阜県多治見市で1ヵ月間実施。

顧客から高い評価を受けたことから2020年1月から東京都(江東区、文京区、練馬区)、大阪府(都島区、西淀川区、生野区)、愛知県(名古屋市)、北海道(札幌市)で同様の実証実験を実施しています。

さまざまなライフスタイルの顧客に合わせた置き配指定サービス標準化の有効性を検証。

今後の問題点としては、セキュリティや誤配の問題をどうするかといったところでしょうか。

ネットの声

「隣の荷物がうちの玄関に置いてあった。Amazonのサービスは今後トラブルでてくると思うけどな?サービスと名をつけるほどのことか?楽してるだけやと思うけど。ま、俺は利用しない。」

「利用してます。再配達は本当に申し訳なかったので、気が楽になりました。」

「夜間の配達数をもっと減らしてあげないと駄目だと思う」

宅配業者が試行錯誤をしています。利用する側も積極的に協力したいものですね。

おすすめの記事