タマホーム社長ご乱心!?「接種したら無期限の自宅待機」 

「接種したら無期限の自宅待機」タマホーム社長が社員に“ワクチン禁止令”

大手住宅メーカーのタマホーム(本社・東京都港区)で、玉木伸弥社長(42)が社内に事実上の“ワクチン禁止令”を出していることがわかりました。

複数の現役社員らが社内資料やメールを基に証言しています。

今年7月上旬、玉木社長は、幹部らが参加するオンライン会議でこう訴えました。

「世の中がなんと言おうとも、ワクチン接種に反対です!」

約1カ月前の6月初旬、ほぼ全社員がオンラインで視聴した「経営方針発表会」ではこんな一幕があったそう。

玉木社長が突然、「ワクチンを接種したら5年後に死にますからね」と口走ったというのです。

社員のA氏が明かします。

「ギョッとしました。その後『5Gがコロナ感染を引き寄せる』という意味のことも言いました。まったく理解できず、不穏な予感がしました」

6月中旬には、玉木氏は幹部に対し

「ワクチンを接種した場合は無期限の自宅待機」
「(自宅からの社用)PCへのログインは禁止」

などのルールを伝えたというのです。

ある支店に勤務する社員の親族・B氏が語ります。

「ワクチンを打てば出社を拒まれ、それでも働きたければ『モデルルーム周辺の草むしり』や『配置転換』と言われ、閑職への異動がほのめかされるそうです。表向きは『打つか打たないかは個人の判断』とも言っているようですが、実質は『打つな』に等しい。持病があって早めに打ちたい人もいるのに、理不尽です」

その後に配布された、7月6日付の社内資料にはこう記されています。

「感染拡大防止対策に関する社内ルールに違反した場合、自宅待機を命じる」
「自宅待機期間中は欠勤(無給)扱いとする」

社員のC氏が語る。

「この資料自体はワクチンに関する記述を避けて作られています。ただ、普段からワクチンを打てば自宅待機と言われているため、『自宅待機=無給』はワクチンを打った際にも適用されると多くの社員は理解しています」

労働基準法違反、パワハラ行為に当たる可能性

労働問題に詳しい旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が解説します。

「会社側の都合で社員に自宅待機を命じた場合、基本的に賃金は100%支払わなければいけません。本当に無給にした場合、労働基準法24条に違反する可能性があります。また、ワクチン接種をしたらペナルティーを与えるというのはパワハラの類型の一つである『個の侵害』にあたります。個人携帯の5Gオフを強制したとすれば、それも社員のプライバシーに立ち入って嫌がらせをするパワハラ行為と言えます」

タマホームの広報担当は、「私どもは7月15日に(ワクチン対応に関する誤った書き込みについて、と題した)リリースを出しており、今お答えできるのはそれがすべてです」と答えました。

そのような事実はないということだが…

そのリリースには、

「当社の新型コロナワクチン対応に関する誤った内容を記載した、匿名での書き込みがTwitterや掲示板上にてなされております。当該一連の書き込みでは、当社が社員に対し『新型コロナワクチンを接種しないよう強要している』『新型コロナワクチンを接種した場合、懲戒解雇にすると発言している』といった内容が書かれておりますが、そのような事実は一切ございません。新型コロナワクチンの接種につきましては、個人の判断に委ねております」

と書かれています。

しかし、接種した際に自宅待機となることや、社用PCにもログインできず業務が事実上できなくなることなどには一切言及していません。

コロナ感染が拡大する中、東証1部上場で年間売上高2000億円を誇り、3400人超の社員を抱える大手企業の“ワクチン禁止令”は、議論を呼びそうです。

ネットの声

「反ワクチン派ですか。打たない自由はご自身のみに適用してください。社員は社長のオモチャではない。命を軽んじているのは社長のほうだと感じます。」

「何を言ってもこの社長さんは自分の非を認めないでしょうね。ワクチン接種したい社員もいると思いますが、会社を辞める覚悟でもないと打てないでしょう。家を建てたければ別の会社にした方が安全なように思います。3千人くらいの社員がいて、全員ワクチンを打たないとすればコロナのリスクは高くなるでしょう。仕事柄、他人との接触なしで済ませられる会社ではないからです。こんなパワハラのワンマン社長ではこの会社も先は見えないでしょう。」

「ワクチン接種については個人の自由なハズ。会社のパワハラで「業種的にと強制的に接種させる」、「接種を禁止させる」等において罰則が無いのが問題。条例などで違反した場合は企業名公表する位やって欲しいです。」



おすすめの記事