フリーアナウンサーの田中みな実、実業家の堀江貴文氏らが10日、TBS系「サンデー・ジャポン」に出演。

「過度な自粛」を批判する発信を連発している堀江氏は、この日も「緊急事態宣言は必要なかった」と主張。

これに田中が、「じゃあどういう策を講じれば?」と向かっていったのです。

自粛は必要ないとホリエモン節

リモート出演した堀江氏は

「緊急事態宣言自体が正直なところ必要なかったと思う。欧州とか米国の事例をみて、このままだと死者が1万人超えるとか脅されたけど、実際そうなったかというとなってない」

と主張。

背景に自粛による経済疲弊への懸念があるのですが、堀江氏は

「分かってないことを安全側に振るといつまでたっても解除できない。緊急事態宣言は、自粛派の錦の御旗になった」

と指摘したのです。

納得のいかない田中みな実は

堀江氏の発言中に、田中が納得がいかない様子。

厳しい表情で堀江氏を見て、何度も発言しようとする仕草をみせた後…

「堀江さんはどういう策を講じればよかったと思われるんですか、政府は?」

と一気に突っ込んだのです。

2人のやりとりは

堀江氏は

「緊急事態宣言をやらなければ、みんな適度に自粛し、みんなマスクしてるし、3密さける行動をたぶんしてた」と主張。

これに田中は

「誰もが延長されると思っていただろうし、再開できるとは思っていなかったので、月末でいきなり解除して、6月から普通にとはならない。自粛がスタンダードに、しばらくなっていくと、みな心得ているんじゃないかと思います」
「何もしなかったらしなかったで、みんな文句言うわけじゃないですか、政府は何もしてくれないと」

と述べていました。

ネットの反応

「田中みな実さんが正しい。まだ全貌が明らかになっていないものに対しては石橋を叩きすぎればいい。油断した韓国を見ればよくわかる」

「全くもって正論。堀江は批判ばかりしていて自粛がアホだとか言っているけど、皆好き勝手文句いってるけど、政府の対応が遅い、遅いというけど法律でがんじがらめであるのは事実。海外のような強権だせないのも日本人の過度な人権尊重があるため。早くやれ早くやれ、言うけどやったらやったで人権無視だ!とか騒ぎだす。日本人は当事者意識が全くない。一人一人がちゃんと現在の法律をしっかり考えなければならない。」

「少なくとも緊急事態宣言は、企業等の勤務形態変更に大きく舵を切るための論拠となった。緊急事態宣言が出なかった場合、多くのの企業等の勤務形態変更は行われなかった可能性が高い。これはそのまま、緊急事態宣言が出なかった場合、感染症拡大防止策の決定的な失敗につながっただろう、という評価になるのではないか?」

堀江貴文を始めとして外野から批判する声が多いですね。

未知のウイルスに慎重に対処するのは、為政者としては当然の判断だと思います。

おすすめの記事