他社借り入れがあった場合はどうしても不利になる?

債務の数にもよりますし、借り方といったテクニックも必要になるんです。

銀行と消費者金融会社から借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしましょう。
お金を借りるとしたら、金利の低い銀行のほうが返済利息が少なくて済むので、返済が楽なので便利です。
消費者金融会社は、いまだにサラ金のイメージがつきまとって、アレルギーを感じる人も少なくありません。

バブル期前後のサラ金が全盛のときは、借金の取り立てもそれは厳しく、夜に朝にひっきりなしに取り立ての電話や、実際に自宅訪問が頻繁に行われていたのです。
そういった厳しい取り立てから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といった悲惨な事件が起こっていたのです。
日本では、昔から借金は悪といったイメージがあり、借りた方が悪いということになることが多かったのです。

ですから、返済ができなくても自業自得ということで、貸す側よりも借りる側のほうの落ち度を指摘する風習があったのです。
それが、サラ金などの貸金業者をのさばらし、さらには強引な取り立てを許容していたといってもいいでしょう。
転機となったのが、「内蔵を売ってでも金を作れ」といった事件です。

これは、テレビなどで報道されてかなりの衝撃を持って迎えられたのです。
これを機に、サラ金をとりしまる風潮ができたといってもいいでしょう。
まずは、厳しい取り立ての禁止から始まりました。

夜遅くの訪問や、電話での取り立てが取り締まられるようになったのです。
これだけでも、大きな進歩だったのですが、さらに、グレーゾーン金利の撤廃が行われました。
これは、出資法と利息制限法という二つの法律で上限金利が違うことで、その金利差を利用して、より高金利で貸し出しを行っていたのです。

それを撤廃して、より低い金利設定となっていた、利息制限法の上限金利の20%に統一されたのです。
これでもサラ金にとっては打撃だったのですが、さらに追い打ちをかけるように、過去に坂のぼって返済利息の計算をしなおして、払いすぎた返済利息をサラ金に対して過払い請求できるようにしたのです。
それによって、これまでは取り立てる側だった消費者金融会社が、取り立てられる側になったのです。

多くの消費者金融会社が、過払い請求に耐えられずに経営破綻や廃業をしていきました。
それがどれほどすさまじいものだったかは、往時の消費者金融会社の数が3万社を超えていたのが、現在は2千社に満たない数になったことからでもわかります。

銀行カードローンに話を戻しますが、銀行カードローンは誰でも借りることができるくらい、気軽に借りることができるわけではありません。
銀行カードローンでお金を借りるには、審査が必要なのですが、それにはある程度の属性の高さが必要なのです。
属性というのは、信用度や返済能力、お金の借りやすさといった指標になるものです。

属性が高いとお金を借りやすく、属性が低いとお金が借りにくいのです。
この属性は、様々な項目から成り立っているのですが、それでも、属性の高さを大きく決定づけるのが雇用形態です。
雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の二つの種類があります。

正規雇用というのは、いわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイト、契約社員、派遣社員のことです。
これだけでも正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、それは収入の高いとか低いといった問題ではありません。

雇用形態で問題となるのは、雇用が会社から保証されているかどうかということです。
具体的には、雇用契約の期間が重要になってくるのです。
働くとなると、雇い主と労働者の間で雇用契約が結ばれます。

雇用契約が結ばれている間は、懲戒処分がないかぎりは、会社が雇用を保証するのです。
正規雇用の人は、入社から定年まで長いと40年以上の雇用契約を結ぶことになります。
いっぽうの非正規雇用の人の雇用契約は有期契約なので、期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年という短期間になるのです。

その都度雇用契約を更新するのですが、会社が更新しないとそのまま退職ということになります。
これを雇い止めと呼んでいるのです。
銀行から見ると、収入が安定していないということになります。

いつ、更新がされなくて仕事がなくなるかわからないからです。
そういったことで、正規雇用の人は属性が高くなりますし、非正規雇用の人は属性が低くなるのです。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいです。

大切な預かり金を原資としているのですから、審査を厳しくして貸し倒れに遭うことがないようにしなくてはいけません。
また、さらなるリスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。
これによって銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社の審査も受けるようになるのです。


当然ですが、保証会社の審査に通らないと、銀行カードローンを借りることはできません。
保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、保証会社は債務の残り全額をカードローン利用者に変わって銀行に支払います。
後に改めて、保証会社は支払った債務全額をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。

すでに債務整理に入っていますから、そこから保証会社は債権回収会社として、債務者と任意整理の交渉に入ることになります。
銀行としては、ノーリスクに見えるのですが、返済不能となった以降の返済利息による収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクというわけにはいかないのです。

消費者金融会社から借りる

銀行カードローンのデメリットは、即日融資に対応していないことです。
一頃は対応していて、メガバンクのカードローンなどは、大々的に宣伝をしていた時期がありました。
今はそういった広告を見ることはなくなったのですが、それは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられているからです。

不正融資を防止する施策ということです。
そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会します。
その照会情報を得るのが早くても、翌日以降ということになるのです。

そのため物理的にも、銀行カードローンの即日融資は不可能ということです。
すぐにお金が必要というとき、に銀行カードローンは即日融資ができませんから、そのときは消費者金融会社のカードローンに頼るしかないのです。

消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができる点も見逃せません。
電話で申し込み予約をするというのではなく、電話での申し込みである程度のところ審査までできてしまうのです。

これは、優秀なスタッフを電話対応に充てることのできる、大手消費者金融会社ならではといえるでしょう。
WEBでの申し込みについてですが、最近ではWEB完結という申し込み方法が追加されました。
これは郵送物が一切自宅に届かない、まさにWEBで完結する申し込み方法なのです。

家人にバレたくないということについては、これ以上の方法はないと考えていいでしょう。
また、大手消費者金融会社は、メガバンクと提携しているところもあります。
メガバンク行内に設置されている自動契約機での申し込みが、可能となっているのです。

これは何気に便利です。
そして、大手消費者金融会社の最も大きな特徴が、全国に設置されている無人契約機です。
24時間365日稼働している優れものです。

いつでも申し込みができるので便利なのですが、即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込み手続きを終えて審査にも通れば、すぐにローンカードが発行されます。
それを持ってコンビニATMに行けばキャッシングできるのです。

最近ではカードレスサービスも始まっていて、スマホさえあれば、大手消費者金融会社のカードローンを利用できるということです。
ますます、カードローンは便利になっていきますね。

中小消費者金融会社と街金

大手消費者金融会社は消費者金融会社の中でも少数派ですが、カードローンを扱っているのが大きな強みです。
その大手消費者金融会社のカードローンは消費者金融会社の中では審査基準が厳しくなっています。
属性の低いパートアルバイトの人にでも融資が可能なのですが、信用情報に傷を持っている人は、カードローンの審査に通らないことが多いのです。

たとえば、延滞歴のある人です。
延滞してもうっかりミスですぐに返済すればいいのですが、気づくまでに時間がかかったりすると、延滞歴あり(金融事故情報有り)ということで、信用情報機関に記録されてしまうのです。
そういった金融事故情報は信用情報危険に加盟している金融機関や貸金業者で共有されているので、すぐに照会することができるのです。

延滞歴があると大手消費者金融会社のカードローンの審査に通らないことが多いので、そうなると、中小消費者金融会社や街金に頼ることになります。
中小消費者金融会社は業容が様々で、カードローンを扱って大手並のところもあるかと思えば、街金並みのところもあります。
いずれにしても、大手消費者金融会社よりも審査基準が緩いので、大手の審査に落ちたときの受け皿的な存在と言えるでしょう。

それは街金も同様です。

街金は街の貸金業者です。

ホームページも開設していないところが多いので、見つけにくいのですが、最後に頼りになるのは街金という人も多いでしょう。

他社借り入れがあっても借りれる?

他社借り入れがあるとなると、すぐに多重債務と思う人もいるかもしれませんが、多重債務者となるとどこもお金を貸してくれないでしょう。
多重債務の一歩手前と言える、複数の債務のある人でしたら、借り入れが可能です。


そのボーダーラインはどこにあるかというと、消費者金融会社でしたら、3社までの借り入れなら複数の借り入れとなり、4社以上となると多重債務者ということになります。
普通に考えても4社からの借り入れがあると、それで返済できているのか不思議に思えるくらいですし、それは消費者金融会社も百も承知で、新たに融資をしても回収できないとなれば、当然ですが、多重債務者にお金を貸すことはありません。

消費者金融会社でも借りれる?

多重債務者であれば、お金を借りることは難しいのですが、信用情報機関を通さない独自審査を行っている中小消費者金融会社や街金でしたら、融資をしてくれる場合もあります。
現在の属性のみで審査をするので、電話による在籍確認や収入証明書の提出ができれば、審査に通ることもあります。
多重債務者だから借り入れできない、というよりも多重債務者でも借り入れできる場合もあるのです。

もっとも、その場合も融資額は少額融資になる場合がほとんどです。
多重債務者や他社から借り入れがある人に多くの融資をする消費者金融会社はありません。

ネットの声

「申し込みが混雑していたのか、申し込みからカード受け取りまで、対応に数時間時間がかかりました。」

「オペレーターさんの対応や喋り方の印象はとてもよかったと思います。プロフェッショナルな感じがしました。」

「コンビニで返済した後にコンビニで翌日の朝食を購入して帰ることもできるので、忘れずにライフスタイルに組み込めています。気軽に利用できて限度額内で何度も借入できて、ちょっと困ったときとか本当に消費者金融会社に助けられています。」

いい感じで、ライフスタイルに取り込めれば返済忘れもなさそうです。

おすすめの記事