多重債務に陥らないためにはどうしたらいい?

すでに多重債務の場合は?

いろいろな対策を考えてみました。

すぐにお金がほしい!どうしたらいい?

すぐにお金が必要なときはどうしたらいいでしょうか。
必要なお金が3万円くらいでしたら、自力でお金を稼ぐ方法があります。
それは日払いのバイトです。

給料日まで日にちがある場合でしたら、日払いのバイトで日銭を稼ぐしかありません。
男性で日払いのバイトとなると、ガテン系のバイトくらいしかないでしょう。
肉体労働で現場は建設現場が基本ですから、体力勝負になるのは間違いありません。


体力に自信のない人は気をつけたほうがいいでしょう。
というよりも、体力に自信のない人は、ガテン系のバイト自体をあきらめたほうがいいかもしれません。
いずれにしても、ガテン系の日払いのバイトは、体力自慢の人向けということになります。

ただし、日頃からガテン系のバイトをしているわけではないでしょうし、建設現場は危険がいっぱいです。
ですから、労働者はガテン系に限るわけではないのですが、労災保険に入っているのです。
というよりも、雇い主は労働者に対して労災保険をかけるのが義務づけられているのです。

しかし、日払いのバイトに対しては、労災保険をかけていないことも少なくないようです。
ですから、日払いのバイトが決まったときは、雇い主に労災保険をかけているかどうかを確認したほうがいいでしょう。
確認が取れなければ、日払いのバイトをしないほうがいいでしょう。

それくらい建設現場の仕事に慣れていなければ、ケガの危険性が高いので気をつけたほうがいいでしょう。
労災保険に入っていなければ、ケガをしたときの治療費は自腹ということにもなりかねません。
お金を稼ぎたいのに逆に赤字になってしまうこともあるので、労災保険の加入の確認は必須ですし、確認がとれなければ働くこと自体を止めたほうがいいでしょう。

また、日払いのガテン系のバイトをするときは、ヘルメットと作業着と安全靴は必須です。
これは自分で用意するのが基本です。
また、ヘルメットや安全靴、作業着はガテン系のバイトに関係なく自前で用意しておいたほうがいいでしょう。

災害の多い国ですから、何かあったときにとても重宝しますし、その服装はそのままボランティア活動でも使えます。
日払いのバイトでしたら、1回のバイトで1万円は稼ぐことができるでしょう。

3回がんばって働くと目標の3万円に到達することができます。
なによりも、体力的にはきついですが、誰にも迷惑をかけずに自分の力でお金を稼ぐのですから、もっとも理想的なお金の調達方法と言えるでしょう。

すぐにでもお金が必要なときに頼りになるのは友人知人です。
友人知人なら勝手知ったる古くからの友人ですから、困ったときはお互い様で3万円程度のお金でしたら、すぐに財布の中から用立てしてくれることでしょう。
ここで大事なのは、財布の中にある現金を借りるということです。

できるだけATMでわざわざ引き出してもらうような借り方は、しないほうがいいでしょう。
それをしてもらうくらいでしたら、自分で消費者金融会社や銀行からお金を借りたほうがいいです。
あくまでも、気軽に財布の中にあるお金を借りるというのが、友人同士でのお金の貸し借りの基本です。

友人でしたら、お金に困っていたらいくらでも用立てしてくれそうですが、友人とのお金の貸し借りは、財布の中の世界でお金を貸し借りしたほうがいいでしょう。
お金を借りるときは、借用書を用意しましょう。
普通でしたら、貸す側が借用書を用意するのですが、友人の場合は気が引けてしまうものです。

ですから、借りる側が借用書を用意します。
友人は水くさいとかいいそうですが、借用書はあったほうがいいので、内心は感謝していることでしょう。
借用書には、給料日が来たら全額を一括で返済するといった文言を書いておきましょう。

間違っても、分割返済ということにしてはいけません。
友人はポケットマネーですぐに貸してくれたのですから、返済もできるだけ早くというよりも最優先で一括で返済するのがマナーです。

他にも調達方法はあります。
3万円程度のお金でしたら、家にある不要品を買い取り業者に買取りしてもらうことで、調達することができるのです。
不要品ですから、買取り値が少ないのはしょうがないでしょう。

それでも、不要品の処分は買取り業者がしてくれるので、買値がつくか処分できるかで、どちらに転んでも一石二鳥と言えるでしょう。
それでも、1万円か2万円の買取り値くらいしかないかもしれません。
そのようなときは、家にある書籍やコミックを買取りしてもらうといいでしょう。

人気コミックの全巻セットがあれば、かなりの高額買取りとなります。
書籍もベストセラーよりも、レア本のほうが高値がつきやすいので、できるだけ多く買取りしてもらうようにすると目標金額の3万円に楽々到達することでしょう。
書籍やコミックの買取りは、価値の分かる古本屋のほうがいいです。

他にはクレジットカードのキャッシングが手っ取り早いです。
クレジットカードを持っている自体が審査に通っているということですから、すぐにでもキャッシングすることができるのです。
ただし、キャッシングした翌日から金利手数料が発生するので、締め日までの期間が長ければ、それなりの金利手数料となるので注意したほうがいいでしょう。

それでも、3万円の金利手数料でしたら数百円程度です。
クレジットカードのキャッシングが一番手頃かもしれませんね。

銀行や消費者金融会社からお金を借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行や消費者金融会社からお金を借りるのが得策です。
この両者を比べてみると、金利が低いのは、やはり銀行カードローンであり、こちらで借りたほうが返済利息も少なくて済みます。
それでも、誰でも気楽に銀行カードローンを借りることはできないのです。

というのも、銀行カードローンの審査が厳しいからなのですが、この審査に通るにはある程度の属性の高さが必要になります。
属性というのは、信用度や返済能力、あるいはお金の借りやすさの指標のようなものです。
属性が高いと審査にとおりやすいですし、属性が低いと審査に通ることはできないでしょう。

この属性というのは、様々な項目から成り立っています。
その中でも雇用形態は属性の高さを決めるうえでも大きなウエイトを占めているのです。
雇用形態は正規雇用と非正規雇用に大きく分かれます。

正規雇用というのはいわゆる正社員のことで、いっぽうの非正規雇用はパートアルバイトや契約社員、派遣社員のことです。
これだけでも正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、雇用形態で何が大事かというと、雇用が会社から保証されているかということです。
具体的には期間が重要になってきます。

正規雇用の場合は、入社して会社と雇用契約を結ぶのですが、その雇用契約は定年になるまで有効です。
ですから、長い人になると40年以上の雇用契約となり、その期間は会社から雇用が保証されているのです。
終身雇用が崩壊して久しいと言われているのですが、終身雇用が崩壊したのは、雇用される側が簡単に会社を辞めるようになったことが大きいです。

会社はある意味一貫して終身雇用制を貫いているのですが、雇用される側のほうが簡単に会社を辞めているので終身雇用が崩壊したと言われているのです。
また、転職を繰り返す人は、結果的に正社員に戻れずに自分から属性を悪くしているといってもいいでしょう。
いっぽうの非正規雇用の人は雇用契約が有期契約になります。

期間は3ヵ月や6ヵ月あるいは1年という短期間となります。
更新時期に会社が雇用契約を更新しないとその場で退職ということになります。
そういった意味では、雇用契約の期間中は短くても長くても、雇用が会社から保証されているということになります。

ですから、雇用契約の期間が大切になるということですね。
そこを銀行からみると、非正規雇用の人は収入が安定していないと見られるのです。
ですから、属性が低く扱われるということですね。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者からの預金というのも大きいです。
ですから、大切な預金を貸し倒れに遭うわけにはいきませんから、自ずと審査も厳しくなるということですね。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンからお金を借りることができなかったら、消費者金融会社からお金を借りるしかありません。
大手消費者金融会社のカードローンでしたら、銀行カードローンよりも審査基準が緩いので、銀行からお金を借りることができなくても、大手消費者金融会社のカードローンでしたら、十分に審査に通ることができるでしょう。
パートアルバイトの人でもお金を借りることができます。

いっぽうで、審査NGになりやすいのが延滞歴のある人です。
延滞してもきちんと返済すれば、大丈夫という人がいます。
延滞遅延金を支払えばノーペナルティという考え方なのですが、それは違います。


延滞した時点でアウトと考えていいでしょう。
延滞自体が重大に契約不履行だからです。
もちろん払わないよりはいいですが、それでも、延滞歴として信用情報機関に登録されるのは間違いありません。

他社に借金があったら借りることができない?

他社に借金がある場合はどうでしょうか。
消費者金融会社でしたら、2件や3件程度の借金があっても多重債務とは呼びません
複数の債務があるということです。

多重債務となるのは4社以上の借り入れがある場合です。
このあたりがボーダーになることが多いです。
もっとも、消費者金融会社から3件も借金を抱えていたら、そう遠くない時期に返済不能になるでしょう。

4社以上の借り入れとなると多重債務となるので、新規での借り入れは難しいでしょう。
その中でも借りる方法があるとしたら、一部の中小消費者金融会社や街金など、独自審査を行っている消費者金融会社です。
信用情報機関に照会しない審査方法で、電話による在籍確認など働いていることが証明されたら、審査に通るというものです。

多重債務者の場合はお金の借りすぎで、総量規制にかかっている可能性もあるので、そうなるとお金は借りにくくなるでしょう。
いずれも、ブラックでも借りることができるという独自審査ですが、それでも、ブラックや多重債務者でも必ず借りることができるというわけではありません。

個人間融資掲示板を利用する

他社に借金があると借りれないのは事実です。
多重債務となると、借金を借金で返済していると思われるので、行き着く先は返済不能しかないと思われるからです。
消費者金融会社からお金を借りることができなければ、どうしたらいいのかというと、ネットの個人間融資掲示板を利用します。

個人間での貸し借りになるので、リスクが伴いますが、実績のある人から借りるようにすると、リスクを軽減することができます。
個人間融資でしたら、特に審査はなく、交渉OKとなればすぐにお金を振り込んでくれます。
金額は少額で10万円程度が相場となります。

ネットの声

「最初にオペレーターに「主人にバレたくない」と伝えていたので、親身になってくれたので消費者金融会社側の対応にはとても満足しています。主人にバレずに借入をして、いまだにバレていません。利用明細書的なものも送られてこないので助かっています。」

「通常であればATMの営業時間を気にしてしまいますが、大手消費者金融会社は深夜でもコンビニATMから返済できるから便利。これまで返済関連で困ったことはありません。」

「職業が派遣社員で「正社員」ではありません。消費者金融でお金を借りられるのかとても不安でした。でも、無事に審査に通り融資してもらうことができました。先にネットから申し込んで、店舗で契約しました。」

属性に不安があっても店舗なら審査通貨率が上がるようです。お試しあれ。

おすすめの記事