11月6日、覚せい剤を所持していたとして田代まさし容疑者が宮城県警に逮捕されました。

これで5度目の逮捕…書類送検なども入れると8度目の警察沙汰となります。

なぜ愚行をやめることができないのか。

8月から内偵捜査

宮城県警は今年8月、田代容疑者が宿泊した塩釜市内の宿泊施設から「部屋を使用していたのではないか」との通報を受け、内偵捜査をしていました。

過去4回、薬物関係で逮捕され、2度の服役を経験している田代容疑者。

計7年間、刑務所で過ごしているのです。

2014年7月に出所後は、薬物依存症患者のリハビリ、更生施設「ダルク」のスタッフとして仕事をしていました。

田代容疑者を長く支援してきた、月刊誌「創」の篠田博之編集長はこう肩を落とします。

「前回の服役後、ダルクが受け入れてくれて、そこに毎日通って、スタッフとして頑張ると決意を語っていた。薬物依存症患者の更生で評価が高い、ダルク。先方も、ぜひ更生させたいと話しておられ、今度こそ大丈夫だと信じていたのですがね」

田代容疑者の知人によれば、出所後は毎日、ダルクに決まった時間に通い、電話番などの仕事に従事していたそうです。

ダルクでは、大きな責任を負うような仕事はありませんでした。

「毎日、決まった時間に姿を見せることが大事。それが継続できれば、もし薬物に手を出すなどあれば、何か変化、兆候がわかる。田代容疑者は、キチンとスタッフとして働いていたと聞いていました」(前出の篠田さん)

ダルクで更生に務めていた、田代容疑者は、出所した翌年、法務省主催の「社会を明るくする運動 立ち直りフォーラム」にダルクの近藤恒夫代表とともにスピーチしています


「自分の意思でやめることに意味がある。回復するための環境が必要」などと訴えていたのです。

最近では、薬物依存症についての講演に呼ばれることが多くなっていました。

「出所してどう過ごすのかが、大事。今でも、覚醒剤やりたいと思うこともある。しかし、ダルクのスタッフになり、そこには同じような境遇の仲間がいて、クスリはダメだと励ましあうことができるので、安心してやっていける」

などと語っていたのです。

2015年7月、東京都内で迷惑防止条例違反(盗撮)容疑に問われたこともあったのですが、

「ダルクが親身に動いてくれ、お咎めはなかったと聞いてる」

と前出の篠田氏は話します。

しかし、篠田氏には心配もあったというのです。

「ダルクにいては、なかなか収入の面で、生活は厳しい。そこで最近は自分で、タレントとして仕事をとるようになった。ダルクに来る日もめっきり減っていたそうです。周囲も大丈夫なのかと気にかけていたら、今回の逮捕だった」

法務省の関係者もショックを隠せない様子

「ダルクで頑張って更生しているものと、信じ切ってイベントにもきてもらった。見る限り、薬物依存の気配もなく、すごく前向きで、素晴らしいお話をしていただいた。何度も手を出してしまうのが、薬物依存症の怖さ。けど、講演までお願いした人が、捕まってしまうというのはさすがにショックが大きかった……」

薬物替え歌バージョンを披露していた

田代まさしが披露した”薬物替え歌”フルバージョン「握手したらパケ渡されて……」


今年5月末、静岡県浜松市内の飲食店のステージで薬物をモチーフにした替え歌を歌う田代まさしの映像があります。

「この日、田代さんは50分のステージを2回してくれて、大盛況で50人程のお客さんが集まりました。年齢は40代~60代でラッツ&スターファンのお客さんとは一緒にカラオケ曲を歌うといったサービスもしてくれました。お店の宣伝VTRにも出てくれた。大盛況だったから、『来月もお願いしよう』とちょうど話していたところだったんです」(店舗関係者)

白い帽子とジャケットにファーをまとってステージに立った田代、ピン芸人のヒロシを真似して、「まさしです」「くわまんに連絡をかけたら着信拒否でした」

と自虐ネタを披露したのです。

披露したのは、PUFFYの大ヒット曲「アジアの純真」の替え歌。

薬物をモチーフにした、こちらも自虐ネタでした。


田代まさしが歌った

「♪アヘン、コカイン、マリファナ、ヘロイン」
「アヘン、コカイン、マリファナ、ヘロイン たまにやって パーになって やらんふりして たまにはやらないか? ダメダメダメ ダメダメダメ! これ以上歌ったら捕まっちゃうから!」

地下鉄内で奇行も

今回の逮捕を受けて地下鉄内での奇行もクローズアップされています。

今年の3月某日午後、勤務している薬物依存症者向けリハビリ施設の最寄駅から、同年代風の女性と地下鉄に乗り込んできた田代まさし。

トレードマークの黒縁メガネに大きめのハットを被り、ダボっとしたカジュアルな出で立ちでシートの隅っこに座ったのです。

すでに芸能人オーラはなく、田代の存在に気がつく乗客は皆無だったということです。

「発車してしばらくすると、男性のほうが車内に響き渡る大声で、連れの女性と話しだしたんです。少し呂律が回らない感じの喋り方で、何を話しているのかは不明。『耳障りだなー』と思って男性のほうを見たら、田代まさしだったのでびっくりしました」(電車に乗り合わせた客)

車内がザワついてきたのに気づいたのかどうか、田代と連れの女性の会話はヒートアップし、田代は突然ビートたけしのギャグ「コマネチ」のポーズを披露したのです。

連れの女性は大爆笑。

車内の乗客たちも、懐かしの古いギャグに思わず苦笑していました。

その後、携帯電話を取り出し、連れの女性と何やら再び談笑を始めた田代まさしでした。

ネットの反応

「田代さん覚せい剤で何回捕まっても、不思議と彼を嫌いな人はいないのではないか。自虐ネタやネットでの盛り上がりは最高に楽しいのに。素晴らしいパーソナリティを持っているのに残念。薬物を乗り越え彼の本当の自虐ネタを生で聞ける日を楽しみにしている。」

「1人でいるふとした時の誘惑が本当にキツいらしいな。一度やったら基本的にはもう元には戻らない。恐いね。」

「昔は原宿とか京都にマーシーのタレントショップもあったのにね。それにしても替え歌うまいじゃんか」

ここまで来たら憎めないというか…ただただ行く末を見守りたいですね。

おすすめの記事