台湾有事に自衛隊が参戦…勝てる?負ける?

台湾有事に自衛隊が参戦したら?「中国軍に負けない」と軍事評論家

中国は近年、台湾の防空識別圏に戦闘機や爆撃機などを侵入させて挑発を続けています。

米国では議会で米軍司令官が「6年以内に中国は台湾に侵攻する恐れがある」と証言。

武力衝突の可能性が取り沙汰されてきたのです。

まずは邦人救出

もし、近い将来に台湾が戦場になれば、日本政府が真っ先にやるべきは邦人救出です。

元航空自衛隊三佐で軍事評論家の潮匡人氏は、

「台湾には現在約2万人の邦人がいるが、これはコロナ禍で減った数字で、収束して元の水準に戻れば4万人にもなる。それこそ中国から弾道ミサイルが撃ち込まれている中で、これだけの人数をどう救出するのか。
具体的には、オスプレイを活用して在留邦人をピックアップし、輸送機C2、もしくは政府専用機に乗せて帰国させる。場合によっては、陸自の特殊作戦群(特殊部隊)の投入もあり得るかもしれない」

自衛隊が防衛出動した場合、何ができるのか。自衛隊が大きな力を発揮するのが、“海の中”です。

「自衛隊が台湾有事で活躍できるのは潜水艦の運用です。P1やP3Cといった哨戒機で、中国の潜水艦の位置を探知する。その位置情報を米軍に伝え、米艦艇が対潜ミサイルなどで沈める。自衛隊機が対潜魚雷などで沈めることもできる」(前出・潮氏)

世界最高性能の通常型潜水艦

この点については、軍事ジャーナリストの井上和彦氏も口をそろえます。

「海自の『そうりゅう』型やその後継の『たいげい』型は世界最高性能を誇る通常型潜水艦で、性能の高さだけでなく、世界最強の米海軍と共同訓練を行なっているので、練度も高い。
洋上を機動する中国海軍の空母をはじめとする水上艦艇に対しては、高性能の魚雷やハープーン対艦ミサイルで攻撃できる。もちろん中国潜水艦に対しても優位に戦う能力がある。日本の潜水艦が展開するだけで、中国海軍の行動を牽制することができるだろう」

敵の潜水艦を駆逐する戦闘でも、自衛隊に分があるそう。

対潜水艦では索敵能力が極めて重要で、先に相手を発見したほうが勝つとされています。

「海自の対潜能力(ASW)は世界一とも言われている。海上自衛隊はその誕生から、対潜水艦作戦に重点を置いてその能力向上に努めてきた。保有する護衛艦には最新鋭の対潜装備の他、高性能の哨戒ヘリコプターも搭載している。さらにP1およびP3C哨戒機も多数保有しており、これらを駆使して水中の敵潜水艦を探知して捕促し、対潜魚雷、対潜ロケット、対潜弾投射機で攻撃する。
台湾有事では、表では米中がドンパチやっている中で、文字通り水面下で、潜水艦による“神経戦”が繰り広げられることになろう。日中開戦となれば中国がもっとも恐れるのは海上自衛隊の対潜能力と潜水艦戦力と言っていいのではないか」(前出・井上氏)

準備と覚悟

前出・潮氏は、軍事衝突の行方は日本の準備と覚悟にかかっているといいます。

「現状の法制度では、台湾有事に自衛隊が本来持つ能力を発揮するのは難しい。ただ、自衛隊の軍隊としての能力は中国軍を上回っていると見て間違いない。中国の装備は徐々に向上しているが、まだ自衛隊のほうがレベルが高く、隊員の練度も中国より高い。正面からぶつかれば自衛隊は中国軍に負けない。
制度を整え米軍と一緒に作戦を行なえるのだとすれば、複数の安保シンクタンクの台湾有事のシミュレーションで中国が勝つとなっていたシナリオも、覆すことはできる」

有事になってからでは遅いということです。

ネットの声

「国会には一刻も早く法整備を進め、国際的に認められる国家となるようにして貰いたい。我々が納めている税金が、今最も国に必要なものの一つに使われるようにして貰いたい。国民には、戦後教育で歪められた日本人としての自覚を、自信とともに取り戻して貰いたい。」

「残念だけど敵地攻撃能力が無い日本は相当不利だ。同時に100発、中距離ミサイルを全国の原発向けて撃たれたら日本は終わりである。そうさせない手段が日本単独では無い。「やるとやり返される」 これが一番必要な抑止力である。」

「自衛隊の装備の質、隊員の練度、そして士気は人民解放軍を上回っているのは確かだろう。問題は、その質の高い自衛隊の運用方法考え方が、憲法第九条により大きく制約を受け、完全な宝の持ち腐れになっていることではないか!?これ程までに切迫した尖閣一つ取っても、領土領海の防衛の任に当たれない海保に警戒警備という重荷を負わせるだけで、海自は一切関与出来ないさせない過去のそして今の政府には失望だけが残る。」



おすすめの記事