意外とその真相を知らない…タクシーのフェンダーミラー

タクシーがいまだ「フェンダーミラー」なのはなぜ?

普通車ではとっくの昔に見かけなくなりましたが……。

皆さんの家にあるクルマのほとんどは、フロントドアの付け根にミラーが付いている「ドアミラー」仕様だと思います。

変わらないタクシーのフェンダーミラー

自家用車ではドアミラー車が主流になって久しいですが、ある用途のクルマではフェンダーにミラーが付いている「フェンダーミラー」が使われ続けています。

それが「懐かしいね/昔はこうだった/親が乗っていたクルマがそうだった」などとと思うか、「ん、そういえばなぜこんな変な場所にあるの?」と思うかで年齢がバレてしまうかもしれません。

それはさておき…。

そのクルマの代表格は「タクシー」です。さまざまな車種を選択できる個人タクシーの車両は自家用車と同じドアミラー仕様のセダンが多い(しかも、たまに驚くほど豪華仕様だったりする)のですが、一般法人タクシーの車両はやはりフェンダーミラー車が多く使われています。

長い間生産され続けたタクシー用車種「クラウンコンフォート」はもちろんそう。

古い車両で長く使われているからでしょ?

いえいえ、そうとも言い切れません。

2017年に登場した最新型の共通タクシー車両「JPN TAXI」もフェンダーミラー仕様です。

一体なぜ、一般自家用車では廃れてしまったフェンダーミラーがタクシーでは支持され続けているのでしょうか。

フェンダーミラーは「後方確認がしやすい」 プロのための装備

タクシーがフェンダーミラーを採用する主な理由は以下の3つ。

  • 「視線移動が少なくて済む」
  • 「乗客への配慮のため」
  • 「狭い路地を走りやすいため」

ドアミラーよりも前方、ボンネットの先端にあるフェンダーミラーは、相対的にドライバーの視線移動距離を少なくできます。

例えば右ハンドル車で左のドアミラーを見るには、大抵の人は頭まで回さないとミラーに映る詳細を確認できません。

しかしフェンダーミラーならば目線の移動のみで済みます。

これは後方確認をより行いやすく、長時間運転するドライバーの負担も軽減します。

ひいては安全な運行につながります。助手席まで乗客を乗せたフル乗車時でも、乗客の座り方などによって安全確認に支障が出ることもありません。

フェンダーミラーによるプロ意識

さらに細かいところでは、知人のタクシードライバーによると「バックミラー越しに後席の乗客と目が合う」ことが減るのもメリットと聞きました。

乗客とのコミュニケーションを避けたいのではなくむしろ逆、後席の乗客がドライバーの目線を気にせずリラックスして乗ってもらえることが大きいのだそうです。

地域の道を知り尽くして迅速に乗客を送り届ける使命があるタクシーにとって、「どこでも走れる」ことは重要。

フェンダーミラー仕様ならば、わずかながら車幅を抑えられるので狭い路地を通るにも有利です。

プロフェッショナルとして「何より安全運行、正確な運転」そして「効率化」ため。

デザイン性のために一般自家用車からは消えたフェンダーミラーは、デザインではない別のことを重視するタクシーやパトカーなどでは根強く残っているのです。

ネットの声

「タクシー乗務員です。たまにドアミラーの車両で乗務することもありますが、フェンダーミラーに慣れてしまっていたら、非っ常に見にくいです。フェンダーミラーは距離感もつかみやすいですし、なるほど、タクシーは営業車両として理にかなっていると納得しています。」

「タクシー運転手さんに聞いた話。助手席にお客様を乗せた時、膝の上に鞄などを持たれた場合や、なんらか理由で前屈みされた時に左ドアミラーは見えなくなる場合があるのでフェンダーミラーなんですよ。お客様に邪魔とか言えませんからね。あとは狭い道やすれ違いに車幅もわかりやすい。慣れたらこっちの方が運転しやすいとの事。と正解かはわかりませんが聞いた事があります。」

「20年前にタクシー運転手やってましたがフェンダーミラーの方が疲れにくいです。
やはり後方確認の目線の動きが少なく済みます。
朝出て休憩含みながら翌朝まで働きます。個人でたまにドライブで長時間乗るのと訳が違いいます。自分の好きに運転できません。自分の知っている道だけを走る訳ではないのです。お客様の指示に従い行く場所も初めての土地に行くことなんてざらです。疲労は溜まります。少しでも安全で負担の少ない車は助かります。」



おすすめの記事