困ったときにお金を貸してくれる消費者金融会社…。

いまだに怖い…と思う人も少なくないでしょう。

まずは実績重視!これに尽きます。

銀行と消費者金融会社で借りる

まとまったお金が必要なときは、銀行か消費者金融会社からお金を借りるようにしなくてはいけません。
その場合、金利が低いのは銀行ですから、銀行でお金を借りるようにしたらいいでしょう。
消費者金融会社の場合は、いまだにサラ金のイメージが抜けきれずに、消費者金融会社からお金を借りることに対して、アレルギーを感じている人が多いのです。

また、借りる側だけではなく、消費者金融会社からお金を借りているということが知られてしまうと、お金に困っている、借金癖があるといったように見られてしまいます。
銀行ならまだしもですが、消費者金融会社からお金を借りているということが知られてしまうと、大きなマイナス要素となってしまうのです。
消費者金融会社がサラ金と呼ばれた時代は、バブル期前後を含めてまだまだそれ以前のことです。

その当時は、消費者金融会社というよりもサラ金あるいは高利貸しと呼ばれていた時代です。
借金に対して厳しい取り立ては、日常茶飯事であり、その厳しさから、借金の取り立てを受ける人は、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といったことにもなっていたのです。
今では考えられないかもしれませんが、新聞3面記事では、そういったサラ金関係の記事が連日のように報道されていたのです。

日本には昔から、借金は悪であり、借金をするのも自業自得という雰囲気が強いのです。
ですから、自己責任ということで、厳しい取り立てにも耐えなくてはいけない、それは自分のせいだからということになってしまうのです。
高利であってもきちんと返済していけば済むのですが、高利であるために返済に窮することもあり、期日までに返済できなければ厳しい取り立てが待っているのです。

厳しい取り立てが高じて「内蔵を売ってでも金を作れ」ということが、生々しく報道されたことがきっかけとなって、サラ金を取り締まる法律が次々と改正されていきました。
最初は、夜間の電話の禁止や訪問での取り立ての禁止などが決められたのですが、さらに高金利の温床となっていた、グレーゾーン金利の撤廃がなされたのです。
これは出資法と利息制限法にあった、それぞれの上限金利の差です。

この二つの法律の上限金利をより低い利息制限法の20%に揃えることで、グレーゾーン金利が撤廃されました。
それまで、高利で貸し付けを行っていたサラ金も、上限金利での貸し付けをしなくてはいけなくなったのです。
そして、それだけでは済まずに、それまでの高金利での返済利息を新しい上限金利で返済利息を引き直し、払いすぎてきた返済利息の差額を過払い請求できるようにしたのです。

これによって、多くの消費者金融会社がそれまでの取り立てる立場から、取り立てられる立場に変わりました。
過払い請求の重さから、経営破綻をする消費者金融会社が続出し、廃業に追い込まれる消費者金融会社も数多く出たのです。

往時は、消費者金融会社の数も3万社を超えていたのですが、現在は2千社に満たない数の消費者金融会社となりました
消費者金融会社の多くが淘汰された形となったのです。
いっぽうで現在残っている大手消費者金融会社を含む消費者金融会社は、以前とは違った生まれ変わった消費者金融会社となっているのです。
それでも、昔ながらのサラ金といまだに言われるのは、サラ金という言葉をなくすにはまだまだ時間がかかるということです。

銀行カードローンに話を戻します。
銀行カードローンは、金利が消費者金融会社のカードローンよりも低く、是非とも借りたいと誰もが考えるのですが、誰もが気軽に銀行カードローンを借りることはできません。
というのも、銀行カードローンの審査基準が高く、ある程度の属性のある人でないと、銀行カードローンからお金を借りることはできないのです。

銀行カードローンを借りるにしても、属性の高さが重要になってくるのですが、属性というのは、信用度やお金の借りやすさ、さらには返済能力などを測る指標のようなものです。
そこで重要になってくるのが、属性の高さなのですが、それにはさまざまな項目から成り立っているのです。
その中でも、属性の高さを決定づける有力な項目として、雇用形態があります。

雇用形態には、正規雇用と非正規雇用の二つがあるのですが、正規雇用はいわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイト、派遣社員、契約社員のことです。
ここだけを見ても、正規雇用のほうが属性が高いことがわかるのですが、単に収入が多い少ないといったことではなく、雇用形態で重要なのは雇用契約なのです。


具体的には、雇用契約の期間ということになります。
雇用契約が有効な間は、雇用が会社から保証されているのです。
正規雇用の人でしたら、入社時に雇用契約を会社と結び、それが定年退職する期間有効となります。

新卒から入社して定年が65歳だとすると40年以上会社が雇用を保証してくれていることになります。
いっぽうの非正規雇用の雇用契約ですが、これは有期契約となります。
期間は3ヵ月あるいは6ヵ月、1年という期間であり、正規雇用の40年以上とは大きな隔たりがあるといっていいでしょう。

更新時に会社が新たな雇用契約を結ばなければその時点で退職ということになります。
それを雇い止めと呼んでいるのです。
この点を銀行からみると、収入が安定していないとみなし、属性が低くなるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座開設者の預金という面が大きいです。
大切な預かり金をカードローンの原資として活用しているのですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。
そのため審査基準を厳しくしているのですが、それ以外にもリスク回避として、銀行は保証会社と提携しているのです。

これによって、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行以外に保証会社の審査も受けることになるのです。
当然ですが、銀行と保証会社両方の審査に通らなければ銀行カードローンの融資を受けることはできません。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となったときに、保証会社はカードローン利用者に代わって残りの債務全額を銀行に支払うのです。

その後、立て替えたお金は、保証会社がカードローン利用者(債務者)に請求することになります。
その時点ですでに債務整理中ということになっているので、そこから保証会社と債務者の間で任意整理の交渉が始まるのです。

銀行カードローンにデメリットがあるとしたら、即日融資ができない点でしょう。
一頃はメガバンクを中心に、即日融資やスピード融資を大々的に宣伝していました。
しかし、今ではそういった広告を見ることはなくなったのです。

それはどうしてかというと、審査の中に警察庁のデータベースへのアクセスが盛り込まれたからです。
警察庁のデータベースにアクセスして、その照会情報を得るのが早くても翌日以降ということになります。
そうなると、物理的に銀行カードローンの即日融資というにはなくなりましたから、すぐにでもお金が欲しいときは、消費者金融会社のカードローンに頼るしかないのです。

消費者金融会社でお金を借りる

銀行カードローンでお金を借りることができなかったら、消費者金融会社からお金を借りるしかありません。
消費者金融会社のカードローンの審査基準は、銀行カードローンよりも緩く、属性の低い人でも十分に消費者金融会社のカードローンの融資を受けることができます。

消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろんですが、電話での申し込みができるのも、消費者金融会社のカードローンの大きな特徴です。
さらに、WEB完結という申し込み方法があります。

これは、郵送物が一切届かない申し込み方法として人気があります。
これによって、カードローンの申し込みが家人に知られる可能性は無くなったと考えていいでしょう。
そして、大手消費者金融会社はメガバンクと提携しているところもあり、そういったところはメガバンク行内に設置されている自動契約機を使ってカードローンの申し込みをすることができます。

大手消費者金融会社のカードローンの最大の特徴となっているのが、全国各地に設置されている、無人契約機の存在です。
24時間365日稼働している優れもので、いつでもカードローンの申し込みをすることができます。
即日融資にも対応しているので、当日の22時までに申し込み手続きを終えて、審査に通ればすぐにローンカードが発行されます。

それをもってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。
最近では、カードレスのカードローンも現れており、スマホで入出金する形となります。
さらに、利便性を高めた大手消費者金融会社のカードローンの使い勝手は、銀行カードローンを凌駕しているといっていいでしょう。

中小消費者金融会社か街金で借りる

大手消費者金融会社のカードローンの審査基準は、消費者金融会社全体の中で最も厳しいのです。
ですから、延滞歴のあるような人でしたら、大手消費者金融会社のカードローンの審査には通らないでしょう。
そのような場合は、中小消費者金融会社や街金が受け皿となります。

もっとも、延滞歴があるということは、立派な金融事故情報ですから、中小消費者金融会社でも審査に通らないところもあると思います。
しかし、一部の中小消費者金融会社や街金は、信用情報機関を通さない独自審査を行っています。
これは、現在の属性のみで審査を行う方法で、審査内容もシンプルです。

電話による在籍確認と収入証明書の提出ができれば、審査OKとなるのです。
ですから、中にはブラックでも、借りることができたという人も少なくありません。
中小消費者金融会社も、街金も困ったときに頼りになる存在ですから、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちたときなどは、中小消費者金融会社や街金からお金を借りるようにしましょう。

個人間融資掲示板などを利用する

属性が低く、消費者金融会社からお金を借りることができない場合もあるでしょう。
また消費者金融会社の場合は総量規制があるので、それにかかっていたら、それ以上のお金を消費者金融会社から借りることができないケースがあるのです。
10万円程度のお金でしたら、月々の入出金の中で総量規制にかからない、端数のお金を借りることができるでしょう。

街金の場合でしたら、10万円程度の融資が相場ですから、そのくらいのお金でしたら、総量規制にかかっても借りることができるかもしれません。
しかし、消費者金融会社からお金を借りたくないという人も少なくないのです。
そういった人はどうしたらいいのかというと、ネットの個人間融資掲示板などを利用するのです。

個人間融資掲示板では、掲示板にたくさん「お金貸します」という投稿があります。
その中から実績のある人を選んでコンタクトをとり、交渉が成立すればすぐにでも、お金を融資してくれるでしょう。
個人間での貸し借りですから、リスクはありますが、お金を貸すほうは、実績がプロフィールなどでわかるのである程度信頼がおけます。
実際にお金を扱っている人は信用が第一ですから、トラブルのリスクは思いの他低いと思っていいでしょう。

個人間での貸し借りの注意点

個人間融資掲示板で気をつけたいことは、業者の介在です。
個人といいながら、業者との貸し借りになってしまうのです。
業者のほうが安心して借りることができるのでは?と思いがちですが、まともな業者ばかりではなく、中にはヤミ金なども介在していることがあるのです。


一見してヤミ金とはわかりませんから、借りたあとで分かった場合は対応が難しくなります。
ですから、できるだけ個人として実績のある人からお金を借りるようにして、業者をにおわすような人からお金を借りないようにしましょう。

ネットの声

「消費者金融に対して、取り立ての面で不安がありましたが、アコムはテレビCMも頻繁に放送していたため、安心して利用することができました。また、アコムでは無人契約機にて即カード発行できました。」

「昔からテレビでよく見ていたので、お金を借りたいと考えたときに真っ先に利用を考えました。また、大企業のグループならトラブルは起きないだろうと考えたんです。実際にお金を借りても違和感はなかったので、大手を選んで正解だったと感じています。」

「初めて消費者金融を利用することになったので、テレビCMでやっている有名な消費者金融が安心できると考えて申し込みました。ネットで申し込んで30分後には担当者から電話がきて、仮審査の通過報告をしてくれました。これだけ早く審査の結果がわかるので、即日でお金を借りたい人には便利だなと感じました。」

やっぱり大手の安心感は格別のようですね。

おすすめの記事