TBSが小林麻耶へのいじめを否定

TBS「事実ではない」小林麻耶のいじめ発言を否定

TBSは12日、同局系「グッとラック!」(月~金曜午前8時)の木曜コメンテーターを務めるフリーアナウンサーの小林麻耶(41)の同番組降板を発表しました。

日程が合わないことを理由にしたが…

同局は

「小林麻耶さんは初期の頃からグッとラックにご出演頂き、番組に貢献して下さいました。この度、小林さんと番組との間で日程的に合わないことがあり、小林さんは番組から離れることとなった次第です」

と説明。

小林アナはこの日、早朝にYouTubeチャンネルでライブ配信を実施。

「昨日午前中に、突然番組の降板を言い渡されて、今日、番組に出演できなくなりました」と主張。

そして番組スタッフからいじめを受けていたなどと発言していたのです。

同局はこの「いじめを受けていた」という発言について「事実ではありません」と否定しています。

志らくとの確執も否定

さらにMCの立川志らく(57)との間に意見の相違があったとの指摘もあるのですが「そうしたことが要因となった事実も一切ございません」と否定しました。

小林アナはこの日放送の同番組を欠席し、元フジテレビアナウンサーの中村仁美(41)が出演していました。

所属事務所も契約解除

小林の所属する生島企画室は同日正午、「弊社所属 小林麻耶に関するお知らせ」と題して契約終了を発表しました。

「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました。これまでご支援下さいました皆様、誠にありがとうございました」

とアップしたのです。

ネットの声

「11月11日とか、12日とか中途半端な時期に突然バッサリ切って、何もないわけないやん。誰がどう見ても不自然だ。どっちが悪いとかは置いておいても、使う側が制裁的にクビ切りしたことは事実だわな。」

「生島企画室、TBSの下請けみたいな存在なんでしょうね。テレビ局に無理を言っても、言うことを聞かせるような、「ジャニーズ」「吉本興業」とは違うのでしょう。
事務所がタレント一人切って終わり、それだけでしょうね。」

「バイデンのセクハラと彼の子供の薬物中毒についてコメントして二人から選ぶとしたらトランプと先週コメントしちゃったんだよね。セクハラとか薬物については日本のメディアはあまり報じていないからその辺がNGだったんじゃない、生放送だし。
個人的にはナイスコメントだったと思うけど。」

YouTubeチャンネルを見て、「正直引いた」という声が多いです。「気持ち悪い…」という声もありますね。

おすすめの記事