新型コロナウイルスによる世界的パニック…在宅勤務になったり、変則的な出勤になったり、これまでとは違った生活に戸惑う人も少なくないでしょう。

こういうときこそうまく使いこなしたいのが手帳。

メモやスケジュール管理のアプリは大変便利ですが、パッと開いてすぐ確認できる一覧性や、自分仕様にカスタマイズして使える楽しさでは、手帳に軍配が上がります。

インスタで人気に

和気文具は関西にある文房具店。

インスタグラムで一躍、全国区となりました。

4年前に始めたインスタは、今やフォロワー数は14万人以上にのぼります。

この投稿をInstagramで見る

 

今回は見た目が面白い『ちぐはぐ日記』を書いてみました。文字を大きくしたり、小さくしたり、上下にガタガタさせたりと、文字を書いているときも楽しいんです~。 ・ 使った文房具や手順など詳細はウェブマガジンに掲載しています ↓プロフィール欄のURLからどうぞ @wakibungu ・ 大小どうしようか考えながらいつもよりゆっくり文字を書くので、文字を書きながら絵を描いているような感覚でした。 文房具たちを愛でながらゆっくり文房具タイムを楽しんでいただけたらなぁと思います。 ・ #手帳 #日記 #ノート #文房具 #文具 #文具控 #手帳会議 #おおきめシール #日本の色見本帖シール #ABT #diary #journal #notebook #stationery #和気文具 #大阪

文具 文房具 手帳 和気文具(@wakibungu)がシェアした投稿 -


その発信者が、和気文具でアートディレクターを務める今田里美さん。

インスタ人気から初の著書『開くたびにワクワクする 和気文具の手帳アイデア』も出した“手帳術の達人”なのです。

高校生の頃から日記を書く習慣があった今田さんが、手帳の活用法に目覚めたのは12年ほど前。

和気文具に入社した際に、社長から、フランスの老舗文具メーカー「クオバディス」の手帳をもらったのがきっかけだったそうです。

4000円以上もする高級手帳を前に、手帳の使い方をあれこれ試してみるようになりました。

今田さんの手帳は?

今回、今田さんに、使用済みの手帳を持参してもらいました。

見ると、サイズも形もバラバラ…。

ただ、最初のページに大きな文字で目標が書かれていたり、マスキングテープや付箋、マーカーを使うなど、工夫が凝らされていて見ているだけで楽しさいっぱい。

スケジュールアプリでなく、あえてアナログな手帳を使う理由はどういったものなのでしょうか。

今田さんによると、次の5つの魅力が大きいというのです。

手帳の5つの魅力

  • ① 自分の代わりに記憶していてくれる
  • ② ブツブツ言いながら書いても文句を言わずに全部聞いてくれる
  • ③ 思考の手助けをしてくれる
  • ④ 自由にレイアウトできる
  • ⑤ サッと書けて、パラパラっと見返す(検索する)ことができる

この5つのポイントを満たすとなると、手帳というより“何でも帳”みたいな感になりますね。

自分の思いどおりに使える究極の手帳術

実際、スケジュール表の書き込みは最低限で、ノートとして使えるフリースペースにたくさん書き込めるタイプが、自分には使い勝手がいいといいます。

「仕事しながら、“これ、覚えとこう”だったり、“次はこうしよう”や、“このアイデア使えそうや”とか、いろいろ思いつくことがありますよね。そういうメモを書き込めるよう、ノート部分が厚い手帳を選ぶようになりました」

今田さんがこの10年でじっくり使った手帳は15種類ほど。

その手帳遍歴を経てたどり着いたのは、「バレットジャーナル」と呼ばれる手帳術だといいます。

これは、真っ白なノートに、カレンダーやタスクなどを箇条書きにして、自分で手帳を作り上げていくという方法。

ニューヨークのデジタルプロダクトデザイナー、ライダー・キャロルの発案で昨年、『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』という著書も発売されるなど、話題になっています。



(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

おすすめの記事