政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のオンライン申請が5月1日から順次始まりました。

7日に受け付けを始めた自治体も多く、連休明けから本格スタートを切った格好です。

PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては難しいだろうと思う場面もあります。

具体的な手順は特設サイトで解説されているが、実際に申請してみて分かった気を付けたいポイントをまとめてみました。

申請に必要なものは?

給付金のオンライン申請にはマイナンバーカードが必要ですが、カードさえ申請を完結できるわけではありません。

実際のオンライン申請で用意するものは次の通り。

PCから申請する場合

  • マイナンバーカード
  • カード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」
  • 希望する振込先の銀行口座情報
  • 銀行口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面の写し)
  • 対応WebブラウザをインストールしたPC
  • PC用ICカードリーダーもしくは近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン
  • (カード読み取りにスマホを使う場合は)専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)

スマートフォンから申請する場合

  • マイナンバーカード
  • カード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」
  • 希望する振込先の銀行口座情報
  • 銀行口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面の写し)
  • 近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン
  • 専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)

PC・スマホの動作環境を確認

オンライン申請では、ICカードリーダーかスマホを使ってマイナンバーカードを読み取ります。

スマホを使う場合は、自分の持っている機種が対応しているかを一覧で確認しておきましょう。

iOSはiPhone 7以降、Androidスマホはおおむね2016年後半以降に発売された機種が対応しています。

特にAndroidスマホの場合は事前に設定でNFC機能を有効にすることを忘れないようにしましょう。

PCで申請する場合、対応するWebブラウザは以下の通りです。

  • 「Internet Explorer」
  • 「Microsoft Edge」
  • 「Google Chrome」
  • 「Safari」

例えばマイナポータル自体の対応Webブラウザには「Firefox」も含まれますが、特別定額給付金の申請には使えないので要注意。

Firefoxで申請を進めていると、途中で表示される「動作環境の確認」画面で非対応と表示されて進めなくなります。

申請で注意するべきポイント

紙の「マイナンバー通知カード」は使えない

マイナンバーカードは、今回のオンライン申請で使う公式Webサービス「マイナポータル」内の電子申請機能「ぴったりサービス」で必須となります。

紙のマイナンバー通知カードではなく、ICチップ搭載のプラスチックカードが必要となります。

発行には平常時でも約1カ月以上かかるので、現時点で手元にない場合はオンライン申請を諦めたほうがいいでしょう。

作成時に設定した暗証番号を覚えているか。そもそも設定しているか?

オンライン申請を失敗する大きな原因となりそうなのが、マイナンバーカード作成時に登録する「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」の存在。

マイナンバーカードは、作成時に幾つかの暗証番号を設定する必要があります。

特別定額給付金のオンライン申請には、そのうちの署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)が必須となるのですが、入力を5回以上間違えるとロックされてしまいます。

ロックされた場合は市区町村の窓口に出向いて初期化を依頼することになります。

日頃からパスワードはしっかり管理しておく必要があるでしょう。

オンライン申請が本格スタートした7日、Twitter上では「暗証番号の変更手続きで行列ができている」という声が相次いでいます。

この暗証番号にはさらにワナがあります。

署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)は、マイナンバーカード作成時に設定することが必須とされていないのです。

カードを用意してオンライン申請を心待ちにしていたにもかかわらず、この暗証番号を作成時に設定していないためにオンライン申請ができないのです。

申請時に申請者の氏名や生年月日、性別、住所などを入力する場面がありますが、ここで「券面事項入力補助用(数字4桁)」を入力してマイナンバーカードを読み取ると自動入力できます。

銀行口座の確認書類を用意 ……通帳がない場合は?

申請では希望する振込先銀行口座の確認書類の写しをアップロードする必要があります。

確認書類の写しとは、口座番号や片仮名氏名などが分かるキャッシュカードや通帳の写真、ネットバンキング画面のスクリーンショットのことです。

PCとスマホのいずれも、カメラやスキャナーを使えば問題ないでしょう。

最近は紙の通帳を廃止している金融機関も多いので、例えば三菱UFJはネットバンキングで通帳表紙イメージを表示できるサービスを用意しています。

スクリーンショットを撮影してアップロードすればいいのですが、操作に慣れていない人は戸惑うかもしれません。

オンライン申請は使いこなせれば便利

特別定額給付金の申請は、新型コロナウイルスの感染を防ぐため、郵送方式かオンライン方式での申請となりました。

今回の特別定額給付金におけるオンライン申請は、マイナンバーカードの存在感が示された初の事例となりそうです。

複雑な暗証番号や、PC・スマホの操作方法など、慣れない人にとってはとっつきにくい部分や注意すべきポイントもいくつかあります。

しかし、ネットを使った行政サービスとして評価できる面も多々あるのです。

今後もさらなる使い勝手の進歩を期待したいところです。

ネットの反応

「>紙の「マイナンバー通知カード」は使えない…ここだけわかれば十分wこれだけは持ってるって、人多いと思う。年末調整とかに必要だからね。しょうがない、郵送か・・」

「オンラインにしようと思ったが自分のスマホは対応していないので郵送申請で良いかな。 必ず貰えるんだから、急いては事を仕損じるって事で、慌てない事にしました。」

「オンライン申請しました。申請する側は大した手間ではないけれど、これ全部チェックする役所の方々は大変ですね。「給付が遅い!」と言いたい気持ちもわかるけど、業務に携わる方たちには感謝しかありません。ありがとうございます。体に気をつけて頑張ってください。」

e-TAXに慣れている人にとってはハードルは高くないかもしれません。

オンラインの場合は操作に癖があるので慣れていないと大変かも…郵送のほうが確実でしょうね。

おすすめの記事