仕事力が問われる…テレワークでバレること

2度目の緊急事態宣言が発令されたこともあり、テレワークで働く人も多いでしょう。

テレワークは、通勤しなくていい、時間を比較的自由に使えるなどのメリットがある分、“損”することもあるようです。

凡ミスが増える

テレワークをしていると、家族に付き合って子どもを見ながらの仕事になることも。

そのため、いつもは考えられないミスをすることもあり、「凡ミスが増えた」という人も多いようです。

出社組には理解できないかもしれませんが、気を付けたいものですね。

コロナ離婚につながる

テレワークになると必然的に自宅にいる時間が増えるので、夫婦一緒の時間が増えることも。

そうなると、お互いの見て見ぬふりをしていた側面を直視するようになり、コロナ離婚につながったなんてこともあるようです。

実力がバレて評価が下がった

テレワークは自己管理能力が問われますが、これが極端に低い人は「評価が下がった……」というケースもあるようです。

テレワークになった途端に業績が下がったという場合は、自己管理能力から鍛えたほうがいいかもしれませんね。

テレワークは感染予防のために必要ではありますが、“損”しないためには自らを律するなど、環境を整えておく必要がありそうですね。

ネットの声

「テレワークの「テ」の字もない私の会社には縁のない話しです。毎日毎日「営業行けー」しか言わない。従業員を気遣う発言を聞いた事ない。営業だから営業行くのは良いのですが先方によっては営業に行くと逆に嫌われる。」

「はっきりしたけど、人に素直に聞けない人は置いていかれる。プライドが高い人はダメだね」

「しっかり仕事をしてればそれで良しみたいな風潮。それ以上を望むことができないんだよね。」

アフターコロナでテレワークがどうなっていくのか見物です。

おすすめの記事