アドビ システムズは、新型コロナウイルスの影響により「初めてテレワークに取り組んだビジネスパーソン」を対象に、「テレワークのスキル」について調査した結果を発表しました。

都内に勤務し、過去1か月以内に初めてテレワーク勤務を経験した男女計800名から回答を得ています。

7割以上がなんらかのスキルを保有

「ITスキル」「自己管理スキル」「コミュニケーションスキル」を7割以上が保有しているそうです。

まず、「テレワークを効率的に実施するにあたり、どういったテレワーク関連のスキルを身に付けているか」を聞きました。

すると、オンライン上で同僚などとやりとりするための

「コミュニケーションスキル」が80.3%

ビデオ会議やファイル共有などの各種ツールを駆使するための「ITスキル」が76.1%

会社以外の場所で集中力などを維持するための「自己管理スキル」が71.0%

と、総じて高い割合となりました。

生産性は上がった?

さらに具体的に、利用したITスキルごとに「生産性が上がった」と感じたものを聞くと、

「電子契約サービス」
「電子署名」
「スキャンツール」

などを積極的に利用している人ほど、生産性の向上を実感しているということです。

ビデオ会議やビジネスチャット以上に、これらツールのスキルがテレワークで有用とも言えるでしょう。

テレワークに困ったとき

テレワーク時に困った際に相談できるひとが社内にいますか?

40代が分かれ目となるようです

「テレワーク時にITツールなどの使い方で困ったときに、気軽に相談できる人が社内にいるかどうか」を聞くと、

全体の21%は「いない」と回答しています。

これを年代別で見ると、年齢層があがるほど割合が上昇する傾向にあります。

特に40代以上は、

40代:25%
50代:25.5%

と全体平均を超えています。

あらためてITスキルの世代間格差が浮き彫りになったと言えるでしょう。

「テレワークで生産性が上がった」と回答した352名に、「生産性がもっとも上がると思うテレワークの頻度」を聞くと、

「週3~4回」42.9%
「週2回」29.8%
「週5~6回(勤務日は毎日)」20.2%

となりました。

全面テレワークとまではいきませんが、通常勤務よりテレワークのほうが支持されている結果となったと考えていいでしょう。

ネットの反応

「余り年齢は関係ないよ。俺より年下の若い衆でも、使えない奴いるしね。ただ、社会人なら「まず、〇〇さんに聞いてみな」位の繋がりは持っておくべき。聞く事を躊躇う様じゃ、そもそも仕事にならないよ。良く聞かれた側の立場としては、全員相手にするのが面倒なので、設定・操作の手順書作ってばら撒いたもんだけどね。」

「PCの操作苦手とか分からない。また、聞く人がいないとか言ってるけどネットで調べればある程度のことは分かるはず。それくらい情報が出回ってるのだから。この間必要なPCの周辺機器を買いに行った時にショップの店員にExcelとかワードの操作を聞いてた人いたけどそんなのは店員に聞くことじゃないだろ自分で調べること。趣味の範囲で操作してるなら尚更自力でやるべき。」

「情報は常に新しくなるしITも常に進化してるのでこの世代間の差は10年20年経ってもそんなに変わらない気がします。今現在年長の人を嘲笑っていても、常に学ぶ姿勢を保たないと自分もあっという間にそうなる。紙ベースのアナログ対応が無くならないのはその方が楽だったからです」

ある若者世代になると「触ったPCはスマホだけ」というのもあるみたいです。

世代間格差というのは確かにありそうです。

ちなみにテレ(tele)は『離れたところ』の意味ですよ。

おすすめの記事