新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークが一気に広がりました。

そうなると、デジタル音痴も影響して、働いていないことがバレるおじさん社員が続出しているのです。

ノートPCの電源ケーブルを会社に放置したまま“在宅勤務”

オフィス机の上にある少し埃をかぶったパソコン(PC)の電源ケーブル。

この黒い物体をにらみながら、若手社員はつぶやいた。

「この人、絶対仕事してないでしょ」

電源ケーブルの持ち主は、大手石油元売り会社の中高年社員。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、会社は社員たちにテレワークを促しました。

これを受けて、このおじさん社員も在宅勤務にシフトしていたのです。

自宅で仕事をするには、会社支給のノートPCが欠かせません。

在宅勤務の社員たちは当然、ノートPCを持ち帰っています。

このおじさん社員もノートPCはかばんに入れたのですが、電源ケーブルをオフィスに忘れてしまったのです。

これでは家で仕事にならないはず…。

ところが、本人がそのことに気付かないまま1週間以上、電源ケーブルはオフィスの机に置きっ放しだったのです。

先に気付いた席の近い社員たちが、彼の机を冷ややかに見やる日々が続いています。

柔軟な働き方を促進するものとして、テレワークは働き方改革における目玉の一つに位置付けられました。

もともと、都内の大手企業では、東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて本格的な導入の準備をしているところも多かったのです。

五輪・パラリンピック開催期間中の交通混雑を緩和するためにも、国や東京都は導入を強く求めてきました。

コロナ危機の影響で五輪・パラリンピックは開催延期が決まりましたが、それを待たずにテレワークは一気に広がったのです。

新型コロナウイルスに感染した従業員がいると判明した電通をはじめ、感染リスクを回避する危機対応として大企業を先頭にテレワークへのシフトが一斉に進んだのは言うまでもありません。

従業員の出社を原則禁止した会社もあり、ビジネスパーソンたちは半ば強制的にテレワークを体験したのです。

このテレワーク、意外な副産物を生み出したのも事実。

レガシー大企業にとりわけ多い「働かないおじさん」をあぶり出したのです。

デジタル音痴も影響して、働いていないことがバレるおじさん社員が続出している。

テレワークは予期せずリストラ対象をあぶりだした形…と言えなくもないのですが、実はこれが会社の狙いというのでしたらもともと働かない人が会社に一定数いたことになります。

テレビ会議のすっぽかし

ある電力会社では、ご多分に漏れず、テレワークによるテレビ会議が増えているそうです。

これまで社内の会議室で開く会議に欠かさず出席していたある中高年社員は、在宅勤務になって以降、テレビ会議にすっかり姿を見せなくなりました。

PCの画面に表示される彼のステータスは一日中ずっと黄色…。

テレビ会議などを行うこのコミュニケーションツールで、黄色は「退席中」を意味するのです。

会議が始まっているのに黄色表示というのはとにかく目立つのですが、

「彼は他の社員に『退席中』のステータスが見られているってことを知らないんだろうね」

と同僚はあきれるばかり。

当人だけが、すっぽかしがバレたことに気付いていない状態なのです。

そもそも彼は、従来の会議室での会議でも、ほとんど発言していませんでした。

席に座っているだけで、仕事をしているように見えていたにすぎないのです。

もしかしたら、PC上は「退席中」でも、彼は自宅でPCの前にきちんと座っているのかもしれません。

何にせよ、テレワークによって、会議で何も生み出していない実態が露呈してしまったのです。

「働かない」か否かは別として、テレワークが鬼門というおじさん社員は少なくないようです。

テレワークのテレビ会議に出社して参加する“おじさん”の哀愁

JTは2月末、コロナ対策として国内の全従業員を原則在宅勤務にしました。

自宅から社内のテレビ会議に参加した中堅社員は、PCの画面に映るベテラン社員を見て違和感を抱いたのです。

「あれ?先輩、ひょっとして会社ですか?」

「そうだよ!」と答える姿は普段着と思われるセーター。

でも、背景はおなじみのオフィス…。

テレワークのテレビ会議に、出社して参加する。

これは、おじさん社員の“あるある”。

テレワークを利用したリストラが加速する

「体にね、通勤が染み付いちゃって」と、ある50代のサラリーマン。

「それにね、今まで家庭をないがしろにしてきたもんだから、家で仕事をしたくても煙たがられるんだよ。ぼくの居場所は会社にしかないんだよ」

と苦笑いを浮かべる…。

アフターファイブも居場所に困るのです。

「接待も駄目。いつもみたいに部下を誘って飲みに行くのも駄目って会社に口酸っぱく言われちゃった。居酒屋でお仲間を探そうと思う」

と語り、なんとも哀愁が漂います。

頼まれてもいないのに、わざわざ出社してくるおじさん社員は、至る所に出没しています。

ちなみにJTは、上司の許可がなければ出社できないよう運用を改め始めたということです。

終身雇用制の下で会社に対して忠誠心を持って人生をささげた世代は、テレワークになじめなかったり、デジタル音痴だったりします。

彼らを「働かないおじさん社員」「使えないおじさん社員」とひとくくりにはできません。

とはいえ、今回テレワークを体験した多くのビジネスパーソンは気付いていることでしょう。

オフィスに来なくてもできる仕事はたくさんあり、オフィスに来るだけで仕事をしていない人がたくさんいる、ということに…。

ある経団連幹部は「コロナ危機をきっかけにテレワークを利用したリストラが加速する」と断言します。

経団連かいわいや、経営者・幹部の間で、これがよく話題に上るようになっているのです。

テレワークはITツールを使って仕事が進みます。

勤怠管理だけでなく、働きぶりもより精緻にデジタルデータで明らかにできるのです。

アナログな「追い出し部屋」などから進化した、「新型リストラ」が始まります。

ネットの反応

「コロナウイルスによりテレワーク導入企業か増えたけど、日本みたいに地震や自然災害が多い国では改めてBCP(事業継続計画)を見直す良い機会になったのでは?課題はたくさんあるが、今だからこそ、仕事の仕組みや課題を見直す良い機会にもなったのでは…印鑑一つのために危険を顧みず出社させている会社もあるようですが、その方が感染して仕事が止まる方がより会社にとってもリスクです。社員、家族の安心、安全を守る事も企業の務めではないでしょうか。」

「日本はこれまで人に対して仕事があった。コロナは厄介だが、歴史的に見ても転換期。非合理的な社会から変革するタイミングでもある。明治以来変わらないこの体質を変えない限りはコロナではなくそのあと日本自体が崩壊する」

「しょうがない事なんだろうね。私の職場でも終息時期を見越して首切りが始まってる。いくらでもお客様が来るから足を引っ張ってても居るだけマシと今までは我慢の対象者はこの機会に辞めてもらうというところが増える。そういう人に限っていくらでも仕事があるわーと、、社会情勢が見えて無い。失業しない為に今できる事を提案して行きたい」

昔は働かないおじさんがわんさかいました。昇進すれば功労賞みたいなもんだと思っていたのですが、今はそんなことないですからね。

仕事ができない人は老若問わず消えていくのが仕方のない時代となってきました。


(クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

おすすめの記事