志村けんに健康不安説が出ています。「バカ殿はもうできない…」ということらしいのですが、どういったことでしょうか。さらに、長寿番組「天才!志村どうぶつ園」を降板するという話も…昭和から駆け抜けてきた爆笑王に何が起きてる!?

●テレビ朝日が仕掛けてきた

現在の視聴率3冠王者は日本テレビです。これは他局の追随を許していないといっていいでしょう。それでも、他局が手をこまねいているわけではなく、日本テレビの6年連続の年間視聴率3冠(ゴールデン、プライム、全日)達成を阻止すべく、僅差に迫るテレビ朝日が先手を打ったのです。

この10月改編で金曜ゴールデン帯(G帯)を大幅にリニューアルするというのです。まずは、夜7時台の人気アニメ「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」を土曜日の夕方枠に移動させます。

これによって、金曜G帯の視聴率を底上げするとともに、土曜の視聴者層の若返りを図る狙いがあるということです。このテレ朝の動きに3冠王者の日テレが素早く反応しました。

●日本テレビも大幅な番組改編

日テレはすでに夕方枠でアニメ「MIX・ミックス」「名探偵コナン」を放送していますが、こちらもさらに若者向けにシフトさせるというのです。そこで、2004年に放送をスタートした長寿番組「天才!志村どうぶつ園」のリニューアルに着手するとみられています。

番組レギュラーは志村けん、ハリセンボン、相葉雅紀、Hey!Say!JUMP伊野尾慧、DAIGOと今もベストの布陣なのですが、長寿番組にありがちな頭打ち感は否めません。

「15年前は20%直前まで視聴率が伸びましたが、最近は10%前後です。局上層部としては、キャストの若返りによって数字が見込めるようなら、番組をリニューアルしてもいいと考えているそうです」(局関係者)

そこで、注目されているのが、番組の顔であり、来年2月に古希を迎える志村けん(69)の動向です。志村けんについては、「女性自身」(18年10月30日号)が、「『バカ殿、もうできない…』健康不安でも孤独酒の日々」という見出しで体調不安説を伝えています。


●あくまで本人の判断に

実際、「天才!…」の番組関係者に志村について聞くと、「(ロケに出ても)1時間も歩けない…」とこぼしたり、ディレクターに「疲れた」「もう帰ろう」と漏らすこともあるというのです。

また、別の芸能関係者によると、

「志村さんは今も『天才!…』という番組自体には愛着を持ってくれています。ただ、職人肌の方ですから、冠番組でありながら、スタジオで笑っているだけの番組作りになるとしたら、少なからず抵抗を感じるでしょう。あくまで志村さんの判断になりますが、番組卒業も視野に入ってきます」

と語っています。

にわかに改編対象になりつつある「天才!志村どうぶつ園」は、リニューアルされるとしたらどんな番組に変わるのでしょうか。

「日テレは相葉雅紀さんと伊野尾慧さんを残しつつ、キンプリやSixTONESといったこれから旬を迎えるジャニーズのタレントも絡めたい考えです。ただ、そうなると志村さんが『天才!…』で培ってきたテイストを、どこまで残せるかが課題になってくるでしょうね」(前出の番組関係者)

かつて志村けんは筆者のインタビューに対し、「芸人は動けなくなったらおしまい」と言い切ったことがあります。古希を迎える志村が、どんな決断を下すのかに注目したいところですね。


ネットの声

「志村けんが降板して、ジャニーズ増やしたら、もう別の番組だろ」

「志村けんさんがいなくなるなら、番組自体なくすのが普通だと思う。ジャニーズだらけになったら、ほとんど観なくなると思うよ。それに、体調が悪いなら毎週放送しなくても、月1くらいでもいいと思う。」

「なんでジャニーズ?天才は志村さんあっての番組。志村さんの「のほほーん」とした感じが番組にマッチしている。似たような番組があるけど人気ない理由を考えたらわかると思う。」

座って頷いてもらっているだけでも圧倒的な存在感を活かすほうが良いと思いますけどね。

おすすめの記事