まだまだテレワークは続きそうなのに自宅ではいまいち身が入らない…。

そこで、意外な施設がテレワークの場を提供しています。

寺ワーク

静まり返った室内にパソコンのキーをたたく音が響きます。

新型コロナウイルスの感染予防対策として広がるテレワーク。

Young girl typing keyboard in Japanese tatami room

一見、自宅でやっているように見えますが…。

実はここ、お寺なんです。東京・港区の宿坊「正伝寺」。

今月から宿泊者限定で宿坊をテレワークスペースとして利用できる「寺ワーク」を始めました。

チェックイン前後も無料で利用できるそうです。

地元の人に癒やしの場として開放している宿坊。

静まり返ったお寺の中での寺ワークは集中して仕事ができると好評です。仕事に疲れたら、瞑想(めいそう)して心身を整えるのもいいでしょう。

車の中

テレワークはこんな所でも。

ハンドルに取り付けができる折リ畳みテーブル。

パソコンでの作業もでき、車内がオフィスに早変わりです。

今回のテレワークをきっかけに売り上げが増えたそうです。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、ざっくり言うと各企業が提供している作業が可能なスペースです。

規模や形態も様々なので、自分に合ったコワーキングスペースを見つけるのも楽しいでしょう。

会話がOKになっている所も多く、利用者同士で新たな出会いや創造を見つけることも可能です。

メリット

  • 比較的安価で長時間の利用が可能
  • 多種多様な設備があるため自分の目的に合わせて場所を選べる

デメリット

  • 荷物の管理に注意が必要
  • 会話や雑音で集中できない場合がある

カフェ

カフェでテレワークすることもできます。

人の目がありBGMもあるカフェでは、緊張感があるのでだらけず集中できます。

ただ混雑時は長居が難しいこと、また注文が必須なので費用が掛かる点には注意です。

メリット

  • 人の目があるのでだらけない
  • 食事ができる

デメリット

  • 注文による金額がかさむ
  • 混雑時は時間制限がある

自宅

一番身近で慣れ親しんだ自宅。

在宅勤務ならば、外出準備や施設利用といった費用もかかりません。

また、昼休憩に家事を片づけたり、家族との時間を持ったりと、スキマ時間の有効活用も可能になります。

しかし、中には仕事とプライベートのメリハリがあいまいになる、第三者の目が無いためサボってしまうといった声も…。

在宅勤務をするならば、PC周りや椅子、マウスといった作業環境を整えて、集中しやすい状況を作ることが重要です。

メリット

  • 外出準備や通勤時間が不要
  • 費用が掛からない
  • 休憩時間を家事等に有効に活用できる

デメリット

  • 仕事とプライベートのメリハリが付きにくい
  • 人の目が無く、だらける可能性がある
  • 作業環境を整える必要がある

ネットの反応

「お寺は煩悩を追い払って没頭できそうですが…」

「車の中は狭すぎて落ち着かないかも」

「コワーキングやカフェのような周りの雑音があるほうが却って落ち着くかも。会社もけっこう騒がしいし電話の音はうるさいしね。」

これからのテレワークはどこでやるのかが問題になるのかも…でも結局『会社が一番いいね』ってことになりそうですが…。

おすすめの記事