千鳥ノブが芸人になる前に勤めていた会社がすごい

千鳥・ノブが芸能界に入る前に勤めていたのは…? 『企業名』に驚きの声

2020年10月23日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に、お笑いコンビ『千鳥』のノブが出演。

そこで展開されたトークが、ネット上で反響を呼んでいます。

『千鳥』ノブの前職に驚きの声

番組にゲスト出演したタレントの鈴木紗理奈が、共演者に対して「もしも芸能界にいなかったら、どんな仕事に就きたいか?」と質問した際のこと。

ノブは「自分は会社に就職した経験があるので」と告白します。

どうやらノブは一般企業に勤めてから、芸能界に入ったようなのです。

会社員だった頃について、ノブはこう語りました。

僕はでも普通に会社に就職してたんで。僕は、電機メーカー『SHARP』です。

シャープじゃない

スタジオで驚きの声が上がる中、MCを務める松本人志が「ノブって頭いいの?」と尋ねると、ノブはこう返答しました。

勉強はできなかったんですけどね、高校の時に生徒副会長をしていて…。

ノブの発言に、松ちゃんは「そのいい回しが全然シャープじゃないな!」とツッコみ、周囲の笑いを誘います。

ノブは「芸能界に入っていなかったら、きっとそのままサラリーマンをしていたと思う」とコメントを述べました。

視聴者からは驚きの声が

番組の視聴者からは、驚きの声が相次いでいます。

・えー!まさかの『SHARP』!
・すごい。その前職は予想外すぎる…。
・芸能人になっていなかったら、今でも会社にいたかもしれないんですね。

多くの人が知っている企業名が出てきたことで、親近感を抱いた人が多かったようです。

ノブは、今後も会社員時代の経験を活かして、お笑いの世界でシャープに活躍することでしょう!

おすすめの記事