えん罪だ…「この人痴漢です」に有効な対処法

「この人痴漢です!」そう叫ばれたときに絶対にしてはいけない"あること"

痴漢だと疑われたとき、どうすれば冤罪を避けられるのでしょうか。

「痴漢冤罪では、『弁護士の手配が遅れれば遅れるほど無実を証明するのは難しくなる』と認識したほうがいい。弁護士と家族にいちはやく状況を報告してほしい」というのですが…。

痴漢だと勘違いされたら絶対に謝ってはいけない

----------
この法律で身を守れ! 【刑事訴訟法第203条】
警察が、犯罪を犯したと思われる者(被疑者)を逮捕した場合、48時間以内に証拠を固めて検察庁へ送致できない場合は、身柄を釈放しなければならない
----------

通勤電車のつり革につかまって、スマホでゲームしてたら、目の前に立ってた女性が振り返って叫んだ。

「この人痴漢ですっ!」

オレ、つり革につかまってるじゃん。

なんてことも言えず、次の駅で引きずり降ろされた。

あっと言う間に警察がやってきて、両脇をつかまれて連行。

オレ、このまま前科者になっちゃうの……?

男性諸君はみな、これを読んで震え上がったことでしょう。

まずはこうした事態に巻き込まれたときに、身の潔白を証明する方法から解説していきます。

痴漢だと言われたら、対象女性に対し絶対に謝罪してはいけません。

日本人の常識的な考えでつい謝ってしまいがちですが、仮に刑事裁判にかけられた場合、この常識が仇となるのです。

裁判所は「身に覚えがないのなら、なぜ謝ったんですか?」と一蹴、あなたを有罪にしてしまうからです。

こうした場合は、身に覚えがないことを根気強く訴えつつ、以降の説明を参考に日弁連の当番弁護士を呼ぶことを要求しましょう。

また、押し問答になったとき、相手の女性の衣服には絶対に触れないこと。

警察は物的証拠を検察庁に送るために、女性の衣服の繊維があなたの手のひらに残っていないかを検査するのです。

女性の衣服に触れてしまうと、あなたが痴漢を行ったという証拠をわざわざ作ってしまうことになります。

  • あやまらない
  • 女性の衣服に触らない

まずはこのふたつを頭に叩き込んでおきましょう。

つぎに守ってほしいのは、逃亡しようとしないこと。

駅には防犯カメラがあちこちにありますし、自動改札の履歴情報を調べれば簡単にあなたにたどりつけるのです。

こうなると最悪の状況です。

警察は証拠を隠滅しようとして逃げたと判断、刑事裁判に発展した場合、とことん不利な立場になってしまいます。

駅事務所には行かずにその場で弁護士を呼ぶべき

「この人、痴漢よ! 」と言われて怖くなり、線路に降りて逃げた人が過去にいるのですが、許可なく線路に降りた場合、鉄道営業法違反で処罰されます。

それが原因で電車のダイヤが乱れれば、億単位の賠償金を請求されかねません。

さらに、走って逃げる途中で通勤客にケガをさせたりしてしまったら、今度は傷害罪に問われてしまいます。

傷害罪は痴漢よりはるかに罪が重いの、逃げてるのは絶対にやめましょう。

周囲の乗客から駅に降ろされた場合、駅係員が事務所に連れていこうとしますが、これは断固として拒否。

「弁護士を呼びます。警察の方を呼ぶなら、この場に呼んでください」と伝えましょう。

「弁護士に縁はないけど、弁護士を呼べるの?」そう思う人もいるでしょう。

実は日本には、当番弁護士制度というものがあります。

これは日本弁護士連合会(日弁連)が提供するもので、警察に逮捕されたときなどには、1度だけ無料で弁護士が対応してくれるというものです。

可能ならばスマホで最寄りの弁護士会をチェックし、「当番弁護士の対応を依頼します」と伝えましょう。

また、この場で家族に電話しておくのがきわめて重要。

その際には「痴漢冤罪に巻き込まれていること」「どこの駅で警察を呼ばれた」このふたつを必ず家族に伝えましょう。

特に弁護士への依頼を家族に託す場合は、後者は絶対に欠かせません。

逮捕後は、家族へも電話連絡ができなくなるからです。

家族が弁護士につないでくれたとしても、弁護士はあなたが逮捕されている可能性がある警察署をしらみつぶしに当たらなければならなくなるのです。

痴漢冤罪では、「弁護士の手配が遅れれば遅れるほど無実を証明するのは難しくなる」とおぼえておきましょう。

個人情報の提供には素直に応じたほうがいい

逮捕前に弁護士に連絡することに成功したら、駅で弁護士の到着を待ちましょう。

その際に、警察官から住所氏名などの個人情報の供述を求められたら隠さずきちんと伝えたほうがよいです。

個人情報を隠すと、「逃亡する恐れあり」と見なされ、逮捕される可能性が高くなるからです。

実際のところ、弁護士立ち会いのもと、運転免許証などの公的な身分証明証を提示すると、逮捕されずに帰されるケースもあります。

ただし、後日呼び出しを受けて逮捕・検察庁へ送検ということはあり得るので、解放されても油断せずに、弁護士と今後のことについて対策を練ることが肝心です。

一方、弁護士の到着が間に合わない場合は、任意同行という形で警察署に連行されることがほとんど。

この場合は「当番弁護士を呼んでほしい」としつこく繰り返し警察官に伝えること。

当番弁護士が到着する間も警察官は取り調べを進めようとするでしょう。

痴漢は冤罪が多いため、ここ数年は警察も自供だけではなく、物的証拠を残すことを強く意識するようになりました。

そこで重要な物的証拠となるのが、手のひらについた繊維片です。

供述調書には絶対に署名捺印してはいけない

あなたが本当に痴漢行為を行っていたのなら、被疑者の手のひらには、女性の衣服の繊維片が大量に付着しています。

警察官から自供を促されたときには、警察官にこのことをつついてみるとよいでしょう。

手のひらを調べても物的証拠は見つからず、さらには容疑を否認しているとなると、警察は検察庁への送致をあきらめる可能性が高いからです。

このように、たとえ不本意ではあっても取り調べには応じたほうがいいでしょう。

ただし、警察官から渡される供述調書には、署名捺印してはいけません。

供述調書とは、あなたが問われている罪についてあなたが罪を行ったと認める書面のことだからです。

これに署名捺印してしまうと、ほぼ100パーセント冤罪は覆せなくなります。

だから警察官から恐ろしい言葉で恫喝されたとしても、絶対に署名捺印はしてはならないのです。

痴漢冤罪に陥らないための「4大原則」

もう一度、冤罪をはね返すための方法を整理しておきましょう。

・逃げない

逃げると証拠を隠滅しようとしたと捉えられ、冤罪が覆せなくなります。

また、それが原因でけが人が出たりすると傷害罪に問われるうえに、電車のダイヤが乱れると、億単位の賠償金が取られることもあります。

・可能な限り早く弁護士に連絡する

弁護士の知り合いがいない場合でも、日本弁護士連合会が当番弁護士という制度のもと、逮捕時に1回だけサポートしてくれます。

無視されてもしつこく当番弁護士を要求すべし。

余力があれば、自分で当番弁護士に連絡して助けを求めるのもよいでしょう。

また、家族にも連絡して、どの駅で警察に取り囲まれているかを伝えます。

当番弁護士を呼べない場合に備えて、家族からも弁護士を呼んでもらうようにしましょう。

・警察官には個人情報を隠さない

警察官から、住所氏名などの個人情報の提示を求められた場合、隠さないほうがよいです。

個人情報を隠そうとすると、逃亡の恐れがあるとみなされて、逮捕されることになりかねません。

逆に免許証などの公的な身分証明証を提示すると、解放される場合もあります。

・供述調書には絶対に署名捺印してはいけない

警察署に連行されたら、弁護士が到着するまでの間にも取り調べが行われることになるのですが、その間も当番弁護士を呼んでほしいと主張すること。

取り調べ後、警察官はあなたの供述調書に署名捺印をしろとしつこく促してくるのですが、絶対に応じてはいけません。

署名捺印は、あなたが罪を犯したと認めること。

まず100パーセント冤罪を覆すことができなくなります。

警察官が恫喝しても絶対に応じず、弁護士の指示を仰ぐようにしましょう。

冤罪に備えて事前に対策をしておくべき

いざ冤罪の容疑をかけられた際に、自分で対処するのはきわめて困難です。

痴漢冤罪の予防には、事前の対策が大切。

電車に乗る際は、女性に近づきすぎないようにしよう。

両手でつり革をつかむなどして、誤解が生じない工夫をすることも大切です。

あるいは日本弁護士連合会が提供している当番弁護士制度窓口の電話番号をスマホに登録しておくだけでも、いざというときにはおおいに助かります。

また、損害保険会社などが提供している弁護士保険に加入しておくのもひとつの方法です。

刑事事件の際の接見(警察署に弁護士がやってきて、アドバイスしてくれたり、弁護活動をしてくれる制度)費用だけでなく、弁護費用を捻出してくれる保険がほとんどのため、経済的にもとても助かることでしょう。

こういった損害保険に付随するサービスにも、注目すべきものがあります。

なかには専用のスマホアプリを提供し、インストールしておけば緊急時にはスムーズに弁護士に連絡が取れて、適切な対応をしてくれるというサービスなどもあります。

ネットで調べて、検討するのもよいでしょう。

女性は男性と見れば痴漢であると疑っているわけではありません。

しかし、万が一の場合を考えておけば心強いのは間違いないのです。

ここがPOINT!

・痴漢冤罪の疑いをかけられたら、いかに早く弁護士に相談するかがカギ
・日本弁護士連合会の当番弁護士制度を利用すると、警察に逮捕された場合は無料で1回だけ弁護士のサポートが受けられる
・供述調書には絶対に署名捺印してはいけない。冤罪をほぼ100パーセント覆せなくなる
・冤罪の疑いをかけられない工夫を常日頃行うこと

ネットの声

「電車内にカメラつけたらダメなん?最近は安くて品質が良いのがたくさんありますがね。女性にとっても、冤罪された側にとっても、警察もだし、良いんじゃないのかな。」

「これだから電車通勤は嫌なんだよ。痴漢冤罪に感染症にスリとリスク満載。電車で通勤しなくなってからすこぶる体調も良くなったし。仕事以前に相当ストレスかかってたんだなと思う」

「満員の乗り物には出来るだけ乗らない様にはなった。電車は出来る限り乗降ドア横で背を向ける。押し込まれたときは両手つり革。どこで犯罪者に仕立て上げられるか判らん世の中だから、、、。田舎暮らしだから、日頃は車移動だけど、たまに、、だから無いとは限らないし。手のひらに相手の繊維やら~は勉強になったよ。手も洗わないことだね(警察が洗わせないか?)」

おすすめの記事