「チコちゃんが叱られる!」番組で偽情報を紹介したってよ

「チコちゃんに叱られる!」が偽情報を紹介 以前にも「肉じゃが」の発祥で誤りが

NHKの人気教養番組「チコちゃんに叱られる!」。

チコちゃんは、素朴な疑問に答えられない大人を「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱ってきました。

しかしそろそろ、チコちゃんが叱られる頃合いかもしれません。

ギョーザの漢字は

9月11日の放送。

チコちゃんはゲストの豊川悦司に、「ギョーザ」を漢字で書く問題を出しました。

「食」へんに「交」と書いたトヨエツにチコちゃんはダメ出し。

「餃」が正解で、食へんの下は「二」のように横線にしなければいけないというのです。

58歳の大物俳優は、5歳の女の子からおきまりのセリフで叱られたのです。

ところがこの放送後、毎日新聞校閲部のブログが、どちらの表記も正解とチコちゃんに反論。

単に手書きと印刷用の字の違いというのです。

ネットでは読売新聞でもトヨエツと同じ字形が使われていると指摘され、9月末の紙面が紹介されています。

肉じゃが発祥でも

チコちゃんで不正確な情報が放送されるのは、なにもこの回に限ったことではありません。

たとえば8月21日放送の肉じゃが発祥に関するテーマ。

番組では、「東郷平八郎が英国留学中に食べたビーフシチューの味が忘れられず、それを日本にある材料で再現させたところ生まれた」と専門家が解説しました。

しかしこれは、京都府舞鶴市の町おこしのため作られたストーリーで偽情報なのです。

実際、「肉じゃが発祥の地」の仕掛け人も、1999年、毎日新聞のインタビューにこう答えています。

〈海上自衛隊幹部から“肉じゃがのルーツは旧海軍”と聞いたのがきっかけ。これは使えるなと、東郷平八郎が登場するストーリーを創作したわけです〉

公共放送として

そろそろ叱られそうなチコちゃん

たしかに番組は〈諸説あります〉と注意書きを出してはいます。

しかし、明確に創作と示されている説を取り上げるのはいかがなものか。

ちなみに肉じゃがの回では、68歳の笑福亭鶴瓶が叱られました。

番組の説にSNSでたびたびツッコミを入れている「近代食文化研究会」の話。

「肉じゃがの件では、高森直史さんという海軍料理研究家が解説していました。元海上自衛官の高森さんは、舞鶴の仕掛け人から“東郷さんを使う”と事前に相談され、東郷平八郎のくだりが創作だと知っていた」

その高森氏に聞くと、

「バラエティ番組だからあまり堅苦しくてもいけないと思い、“こういうことがあってもおかしくないよね”というニュアンスでした。よく見ていただければ分かると思うのですが、私は言葉を選んで使い、“東郷説”を肯定も否定もしていません」

ふたたび近代食文化研究会の弁

「番組では、専門家が自ら嘘を話したか、NHKが嘘の話をさせたということになるわけです。雑学ネタに間違いはつきものでしょうが、NHKがこれではいけないと思います。同種の“偽情報”は、シューマイやカレーライス、コロッケに関する解説でもありました。公共放送として視聴者から受信料をとっている以上、もっと時間をかけて調べ、準備すべきだと思います」

確かに人気番組だし、影響力は大きいものがあります。

これだけの指摘を受ければ、チコちゃんもNHK上層部あたりから叱られるのでは!?

NHK広報局は、

「さまざまな疑問について、専門家の監修のもと、取材過程も交えながら、数ある説のうちの一つとしてお答えしています」

ネットの声

「>よく見ていただければ分かると思うのですが、私は言葉を選んで使い、“東郷説”を肯定も否定もしていません

解説者側の方は「バラエティ番組であること」と「有識者としての自らの良心」を両立させようとして、そのようなものの言い方をしようとされるのだろうと思いますしそのお気持ちはわかりますが……正直、見ている側はそんなニュアンスを丁寧に感じ取って「あ、よく聞けばこの人否定も肯定もしてないな。ああなるほど、つまり『そういうこと』なのね」なんてならないのではと。」

「チコちゃんが叱られる。
諸説ありとは言うものの創作を題材としたら駄目だよね。各題材を取材して出展する旨D陣も頼り投げ、たまには丸投げだもの。まあTVが延々と人気を得て続けていける訳もなく後は真摯に番組作りして行くことですね。優良なコンテンツなのだから。」

「そういえば、今朝のめざましテレビで三宅アナが「端緒」を「たんちょ」と読んでいて、えっ、と思った。後で調べたところ、元は「たんしょ」が正しく、「たんちょ」は誤りであったが、近年はどちらも使われており、「どちらでもよい」となったもよう。
これは正解、これは誤り、と覚えていたことでも、時間が経つと変わっていたりもする。日々、情報のアップデートが必要ってことね」

情報は常にアップデートされます。正しいと思っていたことが実は間違っていたり…。

しかし、歴史の事実は変えようもなく、解釈がかわるわけでもない今回の事例はNHKの勇み足でしょう。

おすすめの記事